Archives

MINI 一年点検

一年たっても不満らしい不満はありません。

昨年10月に我が家にMINIがやってきてからほぼ一年が経過しました。毎月1回以上は1人で長距離ドライブに出かけているせいで、この1年間での走行距離は18000kmを超えてしまい、このままではあっという間に10万キロに達してしまいそうなので、長く乗るためにはちょっとペースを落とさないといけないかもしれません。しかし、買い物程度のちょっとした距離でも運転がとても楽しくて、週末のドライブを励みに働いているような感じなのでペースダウンするのも簡単ではありません。

それはさておき、ディーラーからも法定12ヶ月点検の案内も届いたので、私のMINIも整備を受けることにしました。最近の車では珍しくないと思いますが、MINIもエンジンを始動したときに10秒ほどの間だけメーターパネルに整備までの距離の目安が表示されるようになっています。この表示が最初は14000kmほどだったように思うのですが、当初の距離を過ぎても0にはならず、最終的には17000kmを過ぎてようやく0になったというのは車に優しい乗り方だったということでしょうか。最終的に入庫した今日の時点では-1000kmという表示になっています。

しかし驚きなのは、その間エンジンオイルの交換や継ぎ足しは一切せずに何の問題もなかったということです。オンボードコンピューターでオイルの量や状態も知ることができるようになっているのですが、その表示はずっと正常値のままでした。昔乗っていたVW Golf IIではたまたまガソリンスタンドでオイルゲージを見てもらったら「ほとんど入ってないよ!」と言われて慌てて交換したことがありますが、そんな風にオイルが減ることも、危なくなってから気づくというようなこともなくて安心して乗れるのは非常にいいことです。

また、一般的に輸入車といえば故障が多いというイメージがあるかと思いますが、私のMINIに関しては故障といえるようなものは一切なく、いたって快調です。上記とは別のGolf III VR6は小さなエンジンルームに無理やり押し込んだ大きくて特殊なエンジンのせいもあってトラブルが絶えず、年に何ヶ月もディーラーにあるというような有様でした。それを経験してある程度覚悟できている私にとっては本当に拍子抜けするくらいですが、問題がないならもちろんその方がいいに決まっています。

不満というのも強いて言えば時計がGPSに同期していなくて数ヶ月に1分くらいずれるとか、1年間に数回iPodが接続できなくなったことがあるとか、カーナビの地図が古くて載っていない道が結構あるというようなことくらい…全てナビ関係のことですが、車としてのMINIの品質には非の打ち所がありません。まあ、欧州車は電気系統が弱いと言われてきましたが、それはヨーロッパ系の部品メーカーの品質に寄るところも大きく、最近は日本製の部品も数多く使われるようになって全体的な品質が上がっているということもあるのではないでしょうか。欧米人だって壊れないならその方が嬉しいのは当然ですからね。

ちなみに今回の整備費用は車両購入時に加入したメンテナンスパッケージに含まれているので、支払いはありませんでした。総額で考えて得なのかどうかは怪しいものですが、費用を気にして整備を遅らせたせいで問題が大きくなるなんてことになるよりはいいでしょうね。とはいえ、とりあえず今回はブレーキパッドやタイヤ、バッテリーも大丈夫でしたが、次回は何か交換が必要かもしれないので出費を覚悟して置かなければいけません。

MINI 5 door Cooper S

楽しい!

我が家の新しい車、MINI 5 door Cooper Sは無事に三連休初日の土曜日に納車されました。当日は妻と2人で受け取りに行き、細かい説明を一通り1時間ほど受けて、最後にキーと車検証を受け取ってガレージから出発しました。それまで私がこだわった黒いホイールがピンとこなかったらしい妻も、実物を見て納得してくれたようで良かったです。その後はそのままドライブ…といきたいところでしたが、残念ながら帰国直後ということもあって色々やることがあって、その日は夜になってから1人で1時間少々走ってきただけで終わりました。そして翌日は神戸方面に買い物に行って秋祭りの渋滞にはまり、そして連休の最終日にようやく、また1人でしたが鳥取県を横断する500kmあまりのドライブに行くことができました。

納車から3日でいわゆる慣らし運転が終わるところまではいかなかったものの750kmほど走り、市内、渋滞、山間部、高速道路と様々なパターンを試すことができましたが、全般的に大満足です。

2リッター直噴ターボのパワフルなエンジンは普通に走っている分には余計な飛び出し感などなく実に穏やかに運転できますが、一度アクセルを踏み込むとスムーズに加速してあっという間に出してはいけないスピードに達してしまいます。そのようなスピードでも非常に安定感があって、日本の高速道路を運転していて緊張感を強いられるようなことは、雪や路面の凍結がない限りまず無いでしょう。

ボディは非常に剛性感があって、価格相応のドッシリ感があるのではないかと思います。外観やそもそもMINIが作っているイメージから小さな車だと思っている人も多いでしょうが、実際には全長はほぼ4mという短さなものの全幅は3ナンバーサイズとなっており、決して小さくはありません。したがって、国産リッターカーのような軽快さはありません。しかし、せっかくの新車なので私も無理はしませんでしたが、サスペンションはしなやかに動き山間部でも路面に吸い付くようでした。

結局、この車はBMWが作るプレミアムコンパクトカーであるということなのでしょう。旧MINIをデザインモチーフとはしていますが、あくまでドイツ車の走りです。しかし、だから運転していてもつまらないのかというと全くそんなことはなく、耳障りな高音成分はカットされて制御されて車室内に伝わるエンジン音や適度なロードノイズの演出と、上記のトルクフルかつ安定した走りとで非常に楽しく運転することができました。

なお、この三連休の様々な状況を含んでの燃費は、およそ15km/lほどでした。田舎をのんびり走るような区間が多かったとはいえ、2リッターターボエンジンということを考えればまずまず期待通りではないでしょうか。

実は私も初代BMW MINIが登場した時には演出過多な感じがして正直なところあまり好きになれなかったのですが、実際に接してみると外観や内装以外の部分は至って真面目にしっかりと作りこまれていることがわかり、今では大変気に入っていて、この車とは長い付き合いになるのではないかと思っています。

帰国後の車選び

好みは分かれるようですが。

都会に住んでいる人は最近車を持たなくなってきているということですが、私が住んでいるような地方都市では生活の足として車がないと少々不便です。私の自宅はすぐそばに駅までのバスが停まりますし、歩いてすぐのところにスーパーマーケットなどもありますので生活できないというほどではないのですが、東京や大阪のように縦横無尽に公共交通機関が張り巡らされているわけではないのでちょっと出かけようと思った時にはやはり自家用車が必要です。

今回アメリカから帰国してできるだけすぐに乗ることができるよう、7月に一時帰国していた時にいくつかディーラーを巡っていたのですが、その時点での本命はVolkswagen Polo GTI、次点はBMW 118i、3番手にRenault Lutecia (Clio)という順でした。しかし、最初にVolkswagenのディーラーに行って話をしてみるとどうも営業マンが若い人で、経験があまりないのか頼りなく、受け身で全く押しのない人でした。

その次に行ってみたのはBMWに向かう前に思いつきで立ち寄ってみたMINIです。私は数年前から帰国後の車を考えていて、もともと「次に買うならMINIかなあ」と思っていて、昨年5ドアが発売された時に「これだ!」という感じだったのですが、妻は「家族4人で乗るには狭い」とけんもほろろでした。しかし、オートショーで実際に後部座席に座ってみると案外余裕があったので、実際に見せたら考えも変わるかもしれないということで立ち寄ったのでした。そこで対応してくれた営業マンはVolkswagenとは正反対のベテランで、非常にその気にさせてくれる方でした。結局そこで色々話をして時間を使ってしまい、BMWには立ち寄れずにその日は時間切れとなってしまったのでした。

しかしその夜、たまたま滞在先でカタログ請求時の送り先にしていた妻の実家に、私のいない間にBMWの担当営業マンが立ち寄られて、妻が状況を話すとぜひ来てくださいとのこと。この人は若いながらも熱意が感じられたということなので翌日BMWに行ってみたのですが、なんと残念ながらその担当者は休暇で不在だったため、上司の方と話をしたのですがやはり今ひとつでした。そしてその後、時間がなくて前日に試乗していなかったので乗せてもらおうとMINIに行ったのですが、うまく丸め込まれ…たわけではなく、トントン拍子に話が進んでそのまま注文書にサインしてしまったのでした。結局、BMWの人はタイミングが残念でしたが、営業マンって大事だなあ、という話です。

私が購入することにしたのはMINI 5ドア、グレードは悩んだ挙句装備が充実していて割安に見えたCooper Sです。しかし、先日発表された2015年モデルではなく、その前の2014年モデルです。これは、ちょうどモデルイヤーの切り替え直前で、現行型で良ければということで大幅に値引きをしてもらえたためです。燃費が向上するというのは聞いておらずやや誤算でしたが、それ以外の装備については実質的な値上げ、あるいは円安分の補正と思えたので現行型で良しとしました。

私がこだわったのはホイールを黒いものにするということで、ボディーカラーはそれを前提に妻に任せることにしました。シミュレーション画像を見ながらああでもないこうでもないと考えた結果、ペッパーホワイトのボディにルーフとドアミラーは黒ということで落ち着きました。私にはどの色もそれなりに良いように見えたのでどれでも良かったのですが、黒いホイールのせいでちょっと悪っぽく見えてしまう組み合わせもあるので、無難な白ということになったようです。

このMINIに乗るのがもっぱら帰国後の楽しみになり、これを励みにしてきたのでした。実は、大きな車の多いアメリカでもMINIは結構走っていて、見かけるたびに思い出したりもしていました。ただ、アメリカでMINIに乗るのは1人での移動用というのがほとんどで、家族で乗るための車は他にあるのが通常でしょうから、5ドアも売っているはずですが走っているのを見ることはありませんでした。

ということでいよいよ明日、納車です。