「morgan freeman」タグアーカイブ

Angel Has Fallen

命の扱いが軽すぎます。
👼🏻

今日観てきた映画「エンド・オブ・ステイツ」は「エンド・オブ・ホワイトハウス」「エンド・オブ・キングダム」に続く「エンド・オブ・〜」シリーズ三部作となるものですが、原題では1作めからそれぞれ”Olympus Has Fallen”、”London Has Fallen”、”Angel Has Fallen”のFallenシリーズ、あるいはHas Fallenシリーズとなっています。原題の方は本編中の台詞としても登場するので意味があるのですが、邦題は「エンド・オブ」なんて英語っぽく言っておきながらそもそも作品の内容とは全く違うもので、本当にテキトーで嫌になります。

この作品は劇場で他の作品を観たときの予告で知って観てみようと思ったのですが、つい最近までこれがシリーズものであることを知りませんでした。しかし、今はAmazon Prime Videoという便利なものがあり、おそらく本作の公開に合わせて前2作を無料で観られるようになっていたので、昨日・今日と1作ずつ観て予習することができました。といっても、過去作に関する知識は知らなくてもストーリーに直接関係することはなくまったく問題ありません。ただ、人物の過去を知ることで若干楽しみは増すでしょうし、それぞれそれなりに楽しめるので観られるなら観ておいた方が良いかもしれません。

過去2作ではホワイトハウス、ロンドン市街が壊滅的な損害を被りましたが、今回襲撃を受けるのは大統領が休暇で釣りを楽しんでいるところで、自律的に攻撃するドローン(UAV)の大群が襲いかかります。そこでシークレットサービスのエージェントである主人公Mike Banningは大統領を助け生き残ることになるのですが、彼は大統領暗殺の容疑者となっており、病院のベッドで手錠をかけられた状態で目を覚ますことになるのですが…というところまでは予告で見られるとおりで、その後Mikeはどうにか拘束から逃れ真相を探り逆襲に出るというような話です。

3作を通じてMike Banningを演じるのはGerard Butlerですが、過去2作より本人のアクションはやや減っているかもしれません。一方、今回の大統領はMorgan Freemanが演じるAllan Trumbullで、1作めは下院議長だったTrumbullは2作目で副大統領になり、今回ついに大統領に上り詰めたというわけです。まあ、過去2作でも大統領代理に一時的に昇格して表に出ていましたし、Morgan Freemanが演じているということでも映画の中での存在感は以前から大きかったわけですが。

私自身は本作をそこそこ楽しんで観ることができましたが、ストーリーにはそれほどひねりがあるわけではなく、批評家による評価はあまり芳しいものではないようです。しかし、アメリカ特有というか、大統領周りの特有な事情が描かれているようなところがシークレットサービスを主人公に据えたこのシリーズの面白いところだと思うので、その辺りが楽しめる人には面白いのではないでしょうか。

エンド・オブ・ホワイトハウス(字幕版)
(2013-11-26)
売り上げランキング: 56,857
エンド・オブ・キングダム(字幕版)
(2016-08-24)
売り上げランキング: 128,689

Now You See Me 2

Now You See Me 2: Jesse Eisenberg as J. Daniel Atlas2作でようやく納得。

先週は仕事が急に忙しくなって帰宅の遅い日が続いたので少々疲れ気味だったので、週末は近場でゆっくり過ごすことにしました。日曜日には歩いて図書館まで行き、その後駅前で映画を観て帰ることにしたのですが、とても天気のいい日で日差しがきつく、かなり汗をかいて疲れてしまいました。せっかく体を休めようと思っていたのに逆に疲労してしまっては仕方がないのですが、精神的には気ままに過ごせてよかったと思います。

ここで観た映画はこの週末に公開されたばかりの「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」で、この作品は「グランド・イリュージョン」の続編となっています。私は前作では散々な評価をしてしまっているのですが、予告を見ているとやはり面白そうなのと、これだけ大物俳優が2作目も出るというのだからそんな駄作なはずはない、私が理解できなかっただけだろう、ということで観てみることにしたのでした。
Now You See Me 2: Morgan Freeman as Thaddeus Bradley
そう、改めて見ると一流スターが勢揃いなのです。主役のThe Four HorsemenにはJesse EisenbergWoody HarrelsonDave FrancoLizzy Caplanの4人、そしてその他Mark RuffaloDaniel Radcliffe、さらにMichael CaineMorgan Freemanというそうそうたる顔ぶれです。この中で今回初登場なのはLizzyとDanielの二人ですが、クセのあるメンバーの中でもいい具合にクセを発揮してまったく違和感ありません。

しかしクセがあるといえばやっぱりJesseです。「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」でもLex Luthorの怪演で魅せてくれましたが、実は結構私はこの役者が好きなのかもしれません。存在感がありすぎて脇役としては使いどころが難しい人かもしれませんが、本作でもJesse演じるDanielがいてこそのThe Four Horsemenという感じになっています。
Now You See Me 2: Daniel Radcliffe as Walter Mabry, Michael Caine as Arthur Tressler
今作でも華麗なトリックが見どころですが、この点に関しては実に鮮やかかつ華やかで、それだけ観るつもりでも楽しめてしまうかもしれません。もともと手品なんていうものはそれが現実に可能なのかどうなのかということはどうでもいいのかもしれないとさえ思ってしまいました。さすがにカードさばきの一部などはCGで作られたものでしょうし、失敗して撮り直しているもの、一旦止めて撮っているものなどもあるでしょうが、そんなことは映画を観る上では関係なく、楽しめればそれでいいのでしょう。

この映画を観たあと、前作がよくわからなかったのでもう一度観てみようと思い、実は前作をレンタルしてみてみました。すると、前作でははっきりとは説明されておらず表情などから読み取らなければならなかったところが2作目で説明されていたので、今回ようやく全貌が理解できたような気がします。前作で煙に巻かれてしまった人は、私と同じように今作を観たあとでもう一度観なおしてみるといいかもしれません。とはいえ、やっぱりそれはズルいと1作目の方は思いましたけどね。