Archives

The Beguiled (2017)

女性視点なのかな。

Sofia Coppolaといえば「地獄の黙示録」で有名な映画監督Francis Ford Coppolaの娘の映画監督ですが、私も初期の3作品「ヴァージン・スーサイズ」、「ロスト・イン・トランスレーション」、「マリー・アントワネット」を観て以来、ちょっとご無沙汰になっていました。その10年ちょっとの間に「SOMEWHERE」、「ブリングリング」という2本の映画を監督し、「SOMEWHERE」の方は第67回ヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞を獲得するなど高い評価を得たようですが、私はそんなことは全く知らず観たことがありませんでした。

しかし、私がInstagramでフォローしている大好きな女優のうち2人、Kirsten DunstとElle Fanningが互いの写真に登場するようになったので共演しているのかな、と思っていたらその監督がSofia Coppolaであることがわかり、これはぜひ観なければと思っていたのが今週観た「The Beguiled / ビガイルド 欲望のめざめ」でした。

この作品は1971年にClint Eastwood主演で「白い肌の異常な夜」というタイトルでも映画化されている、Thomas P. Cullinanの小説”The Beguiled”を再度映画化したものとなっています。”beguiled”とは「だまし」というような意味になりますが、それがこの映画のストーリーに対して最適なタイトルなのかどうかはよくわかりません。邦題の方は原題そのものに「欲望のめざめ」と副題が付いていますが、これは直接的ながらストーリーからのずれはありません。1971年作品の方の邦題はなんだかいかがわしい印象をあえて持たせているような感じもありますが、当時の評判はどうだったのでしょうか。

物語は南北戦争中に南軍に付いていたバージニア州で、北軍の伍長であるJohn McBurneyが負傷しているところを寄宿制女学園の生徒に助けられ、校長らの手当てを受けて回復し、校長以下女性のみの学園で過ごしているうちに色々なことが起こり…というものです。どうやら後半以降の流れは原作や1971年版と異なっているようで、また1971年版は助けられた兵士側の視点で描いていたのに対し、本作では女性監督らしく女性側の視点となっているところも異なるようです。

女学園の校長Martha役はNocole Kidmanが演じており、さすがアカデミー賞やゴールデングローブ賞の受賞歴を持つ大女優だけあって迫力と妖艶さ、そして厳しさを見せてくれます。そしてただ一人の教員Edwina役がKirsten Dunst、奔放な女生徒Alicia役がElle Fanningとなっており、本作ではこの二人が重要な役どころとなってきます。また、助けられる兵士役はColin Farrellですが、かつて「最も美しい男」や「最もセクシーな男」の一人に選ばれているとのことで、そういう魅力のある男の代表として出ているということになるのでしょうか。

本作は戦時下の物語ということで慎ましやかな生活の様子なども見所の一つなのかと思いますが、特徴的なのがBGMがほとんど使われていないということです。それによって遠くから絶え間なく聞こえる大砲の音で先頭を身近に感じながら生活する彼女らを理解することになり、また夜には虫の声を背景に聞くことでこの学園が野原にぽつんと存在しているということを知ることができます。

また一つ驚いたのは、エンドロールの短さです。大作映画に慣れすぎてしまったためか、このあと細かいスタッフの名前がずらずらと表示されるのかと思ったらそこで終わってしまい、ものの数分でした。最近の作品はCGを多用しているために非常に多くの人々が関わることになっていますが、本来の実写映画というのはこの作品と同じくらいの規模で作ることができるものだったのかと再認識させられました。製作費は1000万ドルということですから、決して低予算というわけではないのですが、それはセットや衣装に費やされたのでしょうか。

The Golden Compass

「ハリー・ポッター」のヒットのヒットがきっかけでファンタジーが受け入れられることがわかったからなのか、本でも映画でもファンタジーものが数多く出てくるようになり、その中からヒット作がいくつも生まれています。「指輪物語」や「ナルニア国物語」といった古典的作品はそれぞれ映画化されてヒットし、また「ドラゴンライダー」のような新しい作品も生まれ、小説のヒットのあと第一作の「エラゴン」が映画化されています。今回はこの「エラゴン」と同様、新しい小説の映画化作品である「ライラの冒険 黄金の羅針盤」を子供と一緒に観てみました。

ライラの冒険 黄金の羅針盤 コレクターズ・エディション(2枚組)
監督::クリス・ワイツギャガ・コミュニケーションズ (2008/07/18)ISBN/ASIN:B0019R6L9M
Amazon.co.jp で詳細を見る

この作品の舞台となっているのは私たちの世界とよく似たパラレル・ワールドの別の世界で、人々は皆1体ずつ動物の姿をした「ダイモン」と呼ばれる分身を持っています。ダイモンは本人とは別の人格を持っていて言葉により互いに意思の疎通ができますが、ダイモンが肉体的に苦しめられているときには本人も苦しみ、本人が死ねばダイモンも消えるというように密接な繋がりがあるようです。

主人公のLyra Belacquaは魔女に予言された特別な存在で、真実を知ることのできる黄金の羅針盤「アレシオメーター」を使うことができ、これを使って人々を救う宿命を帯びています。またこの物語の特徴的な登場人物は中盤から登場する鎧熊のIorek Byrnisonでしょう。鎧を着て戦うホッキョクグマの姿は相当な迫力があります。

この主人公のLyra役Dakota Blue Richardsはこの作品がデビュー作ということですが、それを感じさせないなかなか堂々とした演技なのではないでしょうか。またNicole KidmanがMrs. Coulterとして出演していますが、冷たく妖艶な雰囲気で存在感たっぷりです。

しかし、演技も映像も悪くないと思うのですが、脚本が何となく説明的で今一つのように感じてしまいました。一緒に観ていた子供もちょっと飽きてしまうようでしたし、せっかくのこの世界の特徴であるダイモンの存在を生かし切れていないような感じです。また、終盤も盛り上がりに欠けて、これから決着を付けに行くのかと思っていたら雰囲気がおかしくなり、そのまま「つづく」という感じで終わってしまったのでちょっとあっけなかったです。まあ原作が完全に3部構成になっているのでしょうからここで終わるのは仕方ないのだとは思いますが、どうも中途半端すぎるのではないでしょうか。

どうやらこの作品は原作で読んだ方がいいようなので、私もちょっと読んでみようかと思います。もともと児童向けに書かれた作品ですが、Wikipediaによると

当初は児童小説として出されたものの、ジョン・ミルトンの『失楽園』にも題材をとった、深い宗教的・哲学的内容が高く評価されており、大人の読者にも人気が高い。

ということなので、楽しむことができるのではないでしょうか…というより、いかにも私が好きそうな感じではないですか。