Archives

プリッツ パクチー

自然な美味しさ。

プリッツといえば江崎グリコが1963年から発売している、言わずと知れたプレッツェルベースのスティック菓子の一大ブランドです。私は子供の頃から一番プレーンな感じがする「ロースト」が好きでしたが、このたびプリッツの「パクチー」が8月1日からローソンで先行販売されているとのことなので、このためだけにわざわざ行って、このプリッツ パクチーだけを2個買ってきました。といっても、自宅最寄りのコンビニがローソンであり、徒歩3分もかからないくらいのところに帰宅時に立ち寄ってきただけなのですが。

封を切ってみるとパクチーの香りが芳しく立ち上りますが、強すぎてわざとらしい感じはなく、実に自然です。食べてみても印象は同じで、パクチーを無理して入れているような感じはなく、美味しくするためにパクチーを使っているだけ、と受け止められます。実際、パクチー以外にもスターアニス、フェンネル、シナモン、クローブ、山椒といったいろいろなスパイスが使われていて、バランスよく美味しく仕上がっています。

しかしパクチーというのはハマる人はハマるのに、ダメな人はいつまで経ってもダメなのでしょうか。よく一緒にカレーを食べに行っているO君は1年前は苦手だったのに今は全然平気になったと言っていますし、もう一人のF君もちょっとなら食べられると言っていますが、Nさんは以前私がおすそ分けした「パクチーキャンディ」ですら吐き出せないから泣きながら食べたなんて言っています。嫌がる人に無理やり食べろなんていうことは私も言いませんが、美味しいから食べてみればいいのに、というのも通じないものですね。一度慣れれば癖になるのではないかと思うのですが。

ということで、このプリッツ パクチーはとても美味しかったのでリピート確定、と言いたいところですが、定番化するにはちょっと受け皿が小さくて、残念ながら期間限定で終わってしまうのでしょうね。楽しめるうちに精一杯楽しんでおきたいものです。

パクチーキャンディ

美味しいのに…

最近はパクチーがブームから定着してきてパクチー好きな人が増えてきているようですが、私の地元にはパクチー専門店のようなものもないのであまりその実感はありません。ただ、カルディのパクチーポテトチップスなども出てきていてその片鱗だけは感じているといったところでしょうか。

私は最近、YouTubeの瀬戸弘司氏の動画をよく見ていて、この瀬戸氏もパクチー好きを自認・公言している人なのですが、先日「【これ絶対マズいやつや…】パクチーキャンディ、食べてみた!」という動画がサブチャンネルで公開されました。「これ絶対マズいやつや…」というタイトルになっていますが、実際には食べてみると思いの外美味しかったというもので、そのキャンディというのが宮川製菓のパクチーキャンディという製品です。これは良いかもしれない、ということで動画が終わらないうちにAmazonで注文してしまい、翌日には届いてしまいました。

宮川製菓 パクチーキャンディ 70g×6袋

posted with amazlet at 17.06.07

宮川製菓 (2017-04-10)売り上げランキング: 17,524

Amazon.co.jpで詳細を見る

食べてみると確かにキャンディとして普通に美味しくできていて、強引な感じはまったくありません。「爽やかなライム味に仕上げました。」とパッケージにもある通り、ライム味のキャンディに微かにパクチーの香りが感じられるというところでしょうか。ただ、クセはなくて食べやすいのですが、そのクセこそが私がパクチー好きの所以なので、正直言って物足りません。この程度で「パクチストに捧げるまさかのキャンディ!」なんて言ってしまって良いのでしょうか。それとも単に私が行き過ぎてしまっているだけなのでしょうか。

とりあえず職場に持っていって食べているのですが、私の職場でも苦手だという人が多いので、嫌がらせのように…ではなく、パクチーの美味しさを理解してもらえるかもしれないと思って配って回りました。結果、確かにパクチーの味はするものの、それなりに美味しく食べられるというのが多数の感想のようです。しかし、ただ一人Nさんだけは涙が出るほど厳しかったとのことで、そこまでダメな人には今後も無理に勧めない方がいいかもしれないと思いましたが、そんな状況ではアジアのエスニック料理なんてほとんど食べられないのではないかと思います。しかしNさんもカレー部の一員なんですよね…

KALDI パクチーポテトチップス

好き嫌いははっきり別れますね。

日本ではタイ料理などで多く使われていることからか「パクチー」と呼ばれることが多くなっているようですが、中華料理で使われるとシャンツァイ、その他ではコリアンダーと呼ばれる独特な強い香りを持つこの草は苦手という人も多いでしょう。しかし好きな人にはたまらないものだと思います。アメリカではメキシコから入ってきているためスペイン語のシラントロ Cilantroで呼ばれることが一般的で、様々な料理に多量に使われていましたが、日本のものよりも苦味が弱くクセがないような気がしました。まあ私は好きだからそう感じるだけなのかもしれませんが。

日本でも最近はパクチーが大好きという人が増えていて、パクチーハウス東京のようなパクチー料理専門店や、パクチー食べ放題というような店もできたりしているようです。これは東京の話で、私が住んでいるような地方都市にはそんな波はまだ届いてもいないのですが、ネットの情報でコーヒーと海外食材の店カルディがパクチー味のポテトチップス、その名も「パクチーポテトチップス」というものを発売しているということを知りました。

直販サイトでも販売しているということなので早速調べてみましたが、いつ見ても「在庫なし」になっていて、「入荷のお知らせメール」というのを登録してみてもかなり待ってからメールが来たと思ったら、その時にはすでにまた在庫がなくなっているという人気ぶりです。もちろん近くの店の店頭にも並んでおらずほぼ諦めていたのですが、忘れた頃に店に行って、ふと思い出して探してみるとディスプレイされていたのでした。

クローブ、カルダモン、シナモン、スターアニス、コリアンダー5種類のスパイスをベースにベトナム産のパクチーリーフでさらに香りをプラスした、アジアの香り漂うポテトチップスです。
見た目は通常のポテトチップスでありながら、ひと口食べると口の中にパクチーの香りが広がる、パクチー好きのために作ったパクチー感満点のポテトチップスとなっています。

とあるとおり、口にした途端にパクチーの香りが広がるのですが、他に色々なスパイスが効いていて味を引き締めています。本当に「パクチー感満点」なのでパクチーが苦手な人にはとても耐えられないでしょうが、パクチー好きな人ならきっと気に入るのではないかと思います。

60gで税込み192円ということで少々高めの値付けになっていますが、一般のスーパーで売られるようなものとは違うので仕方のないことでしょう。パクチーが食べたいと思った時にこれがあれば収まるのではないかというほどのパクチー感がありますが、これが罰ゲーム感覚で買われるような事のないように願いたいところです。ダメな人には本当に罰ゲームでしょうけれど。