speaker | 狼系

Archives

Amazon Echo Spot

とてもかわいいです。

皆さんはスマートスピーカーをお持ちでしょうか。Amazon Echo DotやGoogle Home Miniが5000円ちょっとという手頃な価格で売られているため、そのどちらかを購入して遊んでみたという人も少なくないと思います。これらはどちらも大きさの割にいい音がするとスピーカーとしての性能もそこそこ評価されているようですが、もちろんそれ以上に音声によるUIで操作して様々なことができるということが話題になりました。対応する機器を購入すると照明その他の電気器具を操作することもできるようになるので、そのような拡張機器も便利に使っているという一歩進んだ人もいるかもしれません。

しかしながら、自他ともに認める新しもの好きな私ですが、これまでスマートスピーカーには手を出していませんでした。その機能に疑いがあったというわけではなく、単に自宅には十分なスピーカーがあって、音楽もそんなスピーカーやヘッドホンで聞いて満足しており、スマートスピーカーをスピーカーとして使うことはないだろうと思っていたためです。しかしそんな考えを覆す製品がAmazonにはありました。日本では売られていないのですが、7インチの画面を持つEcho Showという製品が以前からありました。これはその画面でAmazon Videoの動画を観ることもできるというスマートスピーカーとはちょっと違うジャンルの製品になってしまっていたのですが、これとはまたちょっと違い2.5インチの円形の画面を持つEcho Spotという製品が遅れて登場していたのでした。

このEcho Spotも日本ではまだ発売されていないので、アメリカ出張の機会を待っていて、先日ようやく購入できたというわけです。今のところ対応言語はアメリカ英語、イギリス英語、ドイツ語の3つのみとなっていますが、現時点でも日本の技適マークも付いているので、いずれは日本でも売られる可能性もそれほど低くはないでしょう。しかし、やはり今は英語とドイツ語しか使えず、それも表示だけではなくスマートスピーカーの特徴である音声アシスタントのAmazon Alexaも日本語を理解できないので、一般の日本人には敷居がちょっと高そうです。

家の中で機械に向かって大きな声で話しかけるというのは少なからず抵抗があるかと思います。私の妻などは私がAlexaに話しかけると気持ち悪がりさえしますが、しかしその壁を打ち破ってしまえば、キーボードやタッチスクリーンのあるところまで行って操作するという手間を、声を出すだけで省けるというのは便利なものです。それも必要十分な音声認識制度があれば、という条件が付き、仮にそれが不十分な場合はかえって苛立つだけですが、現在の技術ですでに支障のないレベルに到達しているようです。

といっても、私が主に使用するのは紅茶を入れる時に5分間は買ってもらうだけで、使いこなしているとは到底言えません。出張中のホテルではAmazon Musicの音楽をそこそこの音質で再生してくれるので使っていましたが、自宅で音楽を聞くために使うということは無さそうです。Bluetoothスピーカーとしても機能するので、Macの外部スピーカーとして使うというのも悪くありませんでしたが、これではスマートスピーカーとして使っていることにはなりません。

また、実はEcho Spotにはカメラも搭載されていて、DropInという機能でテレビ電話のように使うこともできます。ただその相手もEcho SpotかEcho Showを持っていなければならないので、私はそのような相手を知りませんので試してみることもできません。たとえ相手がいても顔を見て喋る必要はないので、この機能は完全に宝の持ち腐れとなっています。

しかしそれでも私が十分満足しているのは、特に何もしていない時は丸いディスプレイを活かして時計として使用できるのです。文字盤の種類は数十種類もあって、好きなものを選んで使用できます。また、手持ちの画像ファイルをダウンロードして表示することもできるのですが、これはなぜか位置がずれて表示されてしまってうまく行きませんでした。きっとソフトウェアのアップデートでいつの間にか直っていることでしょうから、しばらく経ってからまた試してみたいと思います。球体を切り落としたような可愛らしい形をしていることもあって、黙っていればただの置き時計にしか見えませんが、私のようにAlexaもスピーカーも使わなければ文鎮にしかならないEcho Dotなどよりも断然価値があるというものです。

Polk Audio PSW111

映画にも音楽にも。

最近は音楽を聞くためのオーディオ装置としてはiPodなどのポータブルな機器が一般的となってしまい、コンポというのは20世紀の遺物となってしまっているのでしょうか。かつては自分の好みと予算に合わせた機器を組み合わせて音楽を楽しんでいたものですが、家電量販店などのオーディオコーナーもiPodドックコネクタ付きスピーカーなどが幅を利かせているようです。

一方、進化したのはホームシアターのためのオーディオです。DVDやBlu-rayによっていわゆるサラウンドがある程度一般的なものとなって、3つ以上のスピーカーで立体的な音響を構成している家庭も珍しくなくなりました。私も映画を観るのが好きなので自宅でも迫力のある音で楽しみたいと思っていたのですが、なにしろマンション住まいだったので配置スペースと防音の上で問題があり断念していたのでした。

しかしアメリカに来てからは置く場所などいくらでもありますし、隣家とも10m以上離れていますのでよほど大きな音で鳴らさない限り迷惑になることもないでしょう。ということで、以前から欲しいと思っていたサブウーファーの購入に踏み切ってしまいました。といってもそう高価なものではありません。日本では単体のサブウーファーの選択肢が非常に限られていて、リーズナブルな価格のものがあまりなかったのですが、アメリカではAmazonでもいくつも見つかります。その中から選んだのはPolk Audioという会社のPSW111という$200台の製品ですが、日本のAmazonではだいぶ高くなりますがこの並行輸入品が購入できるようです。

Polk Audio PSW111 パワードサブウーファー ■並行輸入品■
メーカー:Polk AudioPolk Audio (-)ISBN/ASIN:B000P0528U
Amazon.co.jp で詳細を見る

この製品に決めたのはAmazonの売れ筋の順に見ていって「100V電源でも使えること」という消極的ながら帰国後を見据えた重要な基準によるものです。アメリカの120Vに合わせた機器も多くの場合はそのまま100Vで動作するものですが、妙なリスクを背負いたくはありませんし、かといっていちいち変圧器を使うのも非効率です。

あとは比較的大きな筐体になるので見た目のデザインも重要な要素です。シンプルであまり目立たないものが良かったので、社名ロゴのプレート以外は真っ黒で、クリーンな立方体というデザインはなかなか魅力的でした。大きさは一辺が30cm前後のほぼ立方体ですので、ちょうど昔の12インチのLPレコードくらいの大きさです、といっても今の人には全然わからないでしょうね。

早速アンプのサブウーファー出力につないで電源を入れ音を出してみましたが、そんなにびっくりするほどの重低音が出てくるわけではありません。しかし、試しにこのサブウーファーのスイッチを切ってみると、今まで十分幅広い音が出ていると思っていたスピーカーの低音がこんなに薄かったのか、とその時になって驚いてしまうのです。カットオフ周波数とボリュームはこんなものかな、と適当に調整しただけですが、うるさすぎず程よく効いているという状態に合わせることができました。また当然ですが、このスピーカー自体の電源は入力に合わせて自動的にオン・オフする設定にできるので、無駄な電力を使う心配もいちいち入り切りする面倒もありません。

ということで、音楽を聴いたりや映画を観るときにはもうこれなしではいられない、というくらいの満足度ですが、実はサラウンドアンプは持っていないのでサラウンドを楽しもうと思うと結構大きな出費になりそうで、きっとそれは我慢することになるでしょう。まあやっぱり帰国後のことを考えると置き場所はありませんし、仕方ないでしょう。ま、先のことはわかりませんが。