Archives

Silicon Valley

初日はオタクっぽく。

今年の夏、長男は高校編入のために一足先に帰国してしまったので、次男と3人だけになってしまいましたが、夏の旅行はこれまで行ったことのない西海岸、カリフォルニアに行くことにしました。厳密にはつい先日次男と二人でシアトルに行ってきたところではありますが、賞味わずか1日の滞在ですし、西海岸らしさはほとんど味わう間もなく帰ってきてしまったので、数には入れません。

まずは5年弱ぶりにサンフランシスコ国際空港 (SFO)に入りましたが、飛行時間は5時間あるもののデトロイトとは3時間の時差があるので、見かけの所要時間は2時間で済みます。逆に帰りは見かけ上8時間ということになってしまうわけですが、初日は有効に使えるというのが良いところです。空港ではレンタカーを借りて、すぐにサンフランシスコの街は後にしてしまいました。

まずはGoogleの本社があることで有名なマウンテンビューの町で昼食を済ませ、おもむろにGoogleplexへと入ってみました。といってももちろん建物の中に入ることはできませんが、敷地は閉ざされていないので駐車場に車を停めてふらふらと歩いてみたのでした。本当はカンパニーストアに入れないかと思って行ってみたのですが、それ以前に工事中でがらんどうになっていてお話にならない状態だったので、早々に諦めました。敷地内にはグーグルカラーの社員用貸し自転車がたくさんあって、乗り回している社員もたくさんいたのですが、その他の歩いている社員も見ながら「この人達みんな天才だよ〜」なんて言いながら、私たちは車に乗って移動しました。

次に向かったのはGoogleplexにほぼ隣接しているComputer History Museumです。最近シアトルで古いコンピュータは見てきたところなのであまり新鮮さはありませんでしたが、あちらに比べるとかなり博物館らしくしっかりとした展示になっていました。しかし、真面目過ぎてやや退屈に感じてしまう面もあり、私にはいかにもオタクっぽかったLiving Computer Museumの方が面白かったと思います。ただ、こちらにはコンピュータの先祖であるバベッジの階差機関があり、これを動かして見せてくれます。完全に機械的な動きで計算ができてしまうというのは何だか不思議に感じてしまいますが、考えてみれば電子の動きで計算ができるというのだって十分不思議なことです。

その後はちょっと移動してメンローパークに向かいました。ここにはFacebookの本社があり、ここにもショップがあるということだったので行ってみたのですが、警備員に聴いてみるとここも残念ながら一般には公開されているものではなく、あなたができるのは看板の前で記念写真を取ることだけで、済んだらすぐに立ち去るようにと言われてしまいました。仕方がないので言われた通り写真を撮って退散しましたが、後で調べてみると確かに従業員とゲストのみとあって、ちゃんと調べておけという話ですね。

こうしてみると一体何しに行ったんだかという感じですが、実は単に通り道だったから立ち寄ってみただけのことで、本当の目的地はここから5時間ほど走ったヨセミテ国立公園なので全く問題ないのでした。あわよくばという感じで寄ってみたらやっぱりダメだったというわけです。アップルの本社には一般客も入れるカンパニーストアがあったのですが、改装のために6月で閉店してしまっていて行けなかったのは実に残念です。まあ仕方ありませんが。 (続く)

Facebook

今さらではありますが。

アメリカではついにGoogleをも超えるアクセス数を記録したというSNS、ソーシャル・ネットワーク・サービスのFacebookですが、題材となった映画「ソーシャル・ネットワーク」が日本でも半年ほど前に公開されたおかげで知名度も上がったのではないかと思いますが、私の身の回りでもここ最近急に活気を帯びてきました。特に、中学時代の同級生のAさんがグループを作ったことがきっかけで同級生同士が繋がるようになり、また積極的にFacebookへの登録を促したこともあって盛り上がってきています。つい先日東京ではFacebook上での再会をきっかけに数人が集まるということにもなりました。

これまでに星の数ほど生まれては消えていったSNSとFacebookはいったい何が違うのでしょうか。よく言われるのはFacebookが本名での登録を原則としているということですが、それは何を意味していて、どういう効果を生み出しているのでしょうか。

日本人の多くはインターネット上に本名を晒すということに抵抗を感じるらしく、これが日本での普及が諸外国ほど進まないということに繋がっているようですが、これは誰が創り上げたのか「ネット」=「バーチャル空間」というようなおかしな認識から来ているのではないでしょうか。実際には本名だろうが仮名・匿名だろうがネットワーク上での人間同士の関係は決して仮想的なものなどではなく人間関係そのものであるはずです。仮名や匿名だからといって自分の発言に責任を持たないでいいということにはならないはずで、実際に2ちゃんねるなどで名誉毀損で訴えられたり、mixiの日記に書いたことが大騒ぎになったりということはもう珍しいことではありません。たとえ本名でも人前で口にすべきでないようなことを書かなければ良いだけではないでしょうか。

本名で登録することによって、Facebookでのネットワークが実社会でのネットワークと連続なものとなり、実生活上の通信を補完するものになるのです。本名でないと実社会とは別個のネットワークが出来てしまうことになり、もともとFacebookが実現しようとしていた登録者同士のネットワークづくりを強化するようなものとはならなくなってしまうのです。

私にはFacebookよりもmixiのようなものの方が「好き」という人の気持ちが全く理解できなかったのですが、ある人に教えていただいたのはFacebookが本名での登録を強制し、本名でないアカウントを停止するような処置を下しているのが横暴だと感じるとのことでした。私にしてみれば、本名で登録するように言われているのにそれに従わなければそういう処置も仕方が無く、それが嫌なら登録しなければ良いのではないかと思うところですが、人によって感じ方が違うというのもまた仕方ないかもしれません。まあ本名そのものを個人情報だという人もいるくらいですから、様々ですね。

それはともかく、自分のプロフィールに登録した各項目を公開する範囲はある程度細かく設定でき、「友達」以外には知られたくない情報が漏れてしまうということもないでしょう。ただ一つ問題があるとすれば、「友達の友達はみんな友達」というどこかで聞いたフレーズのごとく、「友達」は全て一括りになってしまいその「友達」同士は筒抜けとなってしまうことなのですが、実はこれが…