Archives

Hidden Figures

決して終わったわけではありません。

つい先日観た映画「デトロイト」で描かれていたのとちょうど同じ時代ですが、1964年のLyndon Johnson大統領による公民権法制定の頃までのアメリカでは人種差別が堂々と行われており、特に南部の州ではジム・クロウ法による人種分離が法制化されて食堂やトイレ、学校、バスの座席その他あらゆるものが白人用と有色人種用途に別けられていました。しかし、そんな差別はすっかり過去のもの…と言いたいところですが、実際のアメリカでは今でも根強く残っています。現地の会社や学校のオリエンテーションでは各種差別の禁止について繰り返し説明がありましたが、それは結局そうしないと差別による問題が起こるということであり、声高に平等を叫ぶ人がいるというのはそれがアピールになるということです。私は何か白々しいものを感じていました。

また、日本ではまだまだながら先進諸国では今でこそ当然のように女性が社会で活躍していますが、当時はアメリカでも男性と対等といえるような状況ではありませんでした。今回観た映画「ドリーム」は人種と性別による二重の差別を乗り越えて活躍した3人の黒人女性の、実話を元にした物語です。

ドリーム 2枚組ブルーレイ&DVD [Blu-ray]

posted with amazlet at 18.02.17

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2018-02-02)売り上げランキング: 135

Amazon.co.jpで詳細を見る

日本では昨年9月に公開されて、すでに先月からBlu-rayなどで発売されている作品ですが、公開当時に地元では上映されず見逃していたものです。この作品が「近隣では上映館が少なかった、上映館がなかった良質な映画をセレクトして月に一度上映」という「プライムシネマ」という企画で取り上げられていることをその数日前に知ったので、木曜日ながら残業を1時間で切り上げて観に行ってきたのでした。

主人公のKatherine Goble Johnson、Dorothy Vaughan、Mary Jacksonの3人はNASAラングレー研究所のWest Area Computersという黒人女性だけで構成された部署でコンピューター、すなわち計算手として勤務していました。それぞれ優秀なエンジニアとしての能力を持ちながら人種や性別を理由に満足な地位を与えられずにいましたが、彼女ら自身の努力により道を切り開いて活躍する、というのが本作のかなり大雑把なストーリーです。当時はソビエト連邦がЮ́рий Гага́рин (ユーリ・ガガーリン)のВосток-1 (ボストーク1号)による有人宇宙飛行に成功し、アメリカに対して宇宙開発で先行していました。NASAはこれに追いつき追い越すために研究を重ね、Mercury Atlas 6 Friendship 7によりついに有人宇宙飛行に成功しますが、Katherineらの物語がこれに絡めて語られています。

Katherineは電子計算機が本格導入される以前のNASAで軌道計算を頭で行っていたそうで、今ではとても考えられない仕事ですが、アメリカの有人飛行の歴史は彼女なくては始まらなかったのかもしれません。DorothyはWest Area Computersで事実上の管理職となっていましたが、彼女らの仕事が電子計算機に取って代わられそうなことを見てFORTRANを独学で身につけ、当時導入されたばかりのIBMのメインフレームを使いこなして、その後計算機室長となります。Maryは当時有色人種には閉ざされていた技術者への門を開き、黒人女性初のエンジニアとなったそうです。このような彼女らの活躍は素晴らしいものですが、そこに「黒人初」「女性初」という言葉が付いてしまうこと自体が残念に感じます。本来であれば特筆すべき事ではないのに、せねばならない、そういう時代があったということが残念なことです。

事前の知識がほとんどなかったので知らなかったのですが、Katherineらの上司Vivian Mitchelの役でなぜか私が大好きなKirsten Dunstが出演していたのは嬉しい誤算でした。まああまり好感の持てる人物ではなかったかと思いますが、見られただけでも嬉しかったです。もう一人贔屓にしているElle Fanningとの共演の、もうじき公開されるビガイルドがさらに楽しみになりました。

なお、また邦題の話になってしまいますが、原題は”Hidden Figures“というのに対して「ドリーム」とは随分陳腐なものの、当初はこれに「私たちのアポロ計画」という副題が付いていたので、それが無くなっただけでもだいぶマシになりました。ただ、題材になっているのはマーキュリー計画なのになぜ「アポロ計画」なのかと批判された結果外されたようですが、彼女らの才能と努力がその後のアポロ計画にも繋がったのだと思えばあながち全くの見当外れでもないのかもしれないとは思いました。あえて好意的に解釈すれば、かもしれませんが。

The Guardian

“So others may live.”

日本でも最近、海上保安官の人命救助を中心に描いた同名のマンガを原作にした映画「海猿 -UMIZARU-」やその続編のテレビドラマなどが流行っていたので、最初はてっきりそのハリウッドリメイク版かと思ってしまった「守護神」ですが、時期的にそんなことはありえないので設定が似ているのは単なる偶然なのでしょう。こちらはアメリカの沿岸警備隊(U.S. Coast Guard)の海難救助隊員、レスキュー・スイマーを主人公とした映画ですが、今年2月に公開されたこの作品が早くもレンタルで準新作扱いとなったので、TSUTAYA半額セールの先週末に借りてきて観てみました。

守護神
監督:アンドリュー・デイヴィスブエナ ビスタ ホーム エンターテイメント (2007/06/20)ISBN/ASIN:B000OPPTLG
Amazon.co.jp で詳細を見る

アメリカは軍組織が非常に複雑ですが、沿岸警備隊も国土安全保障省の管轄下の軍事組織、いわゆるアメリカ5軍の一つだそうです。海に関わるものだけでも海軍、海兵隊などもあって日本人の私にはピンと来ませんが、日本で言えばこれらが海上自衛隊に相当するのに対し、沿岸警備隊は海上保安庁に相当する組織であるというのは間違いないでしょう。何しろ海保の英語名は”Japan Coast Guard”だそうですから。

さて、映画の方はKevin Costner演じるベテラン・レスキュー・スイマーBen Randallと、彼が訓練学校で教えることとなる成績優秀な生徒、Ashton Kutcherが演じるJake Fischerとが最初は反目し合いながらも次第に強固な信頼関係を築き上げていく、というような話を中心にしたものですが、基本的には迫力溢れる救援シーンや訓練の様子を描いたアクション映画なのではないでしょうか。Benが抱える事故のトラウマや仕事中心の生活で妻に逃げられるエピソード、JakeとEmilyの恋の話なども織り込まれてはいますが、ほとんど本題とは無関係です。

Jakeと恋に落ちるEmilyはMelissa Sagemillerが演じていて、文句のない美人なのですが、Melissaはこれまでに何度かKirsten Dunstと共演しているようなので私もすでに観たことがあるはずなのに全く見覚えはありません。これから観るつもりで既に借りている”Get Over It“(「恋人にしてはいけない男の愛し方」)では準主役級のようなので、さすがに気付かないということはなさそうですが…

さすがに救助シーンは相当な迫力です。実際にそんな場面に遭遇したことはもちろんないので、これが大げさな演出なのか、本当はこれどころではないというものなのかはわかりませんが、本当にこんなところで救助活動に従事している人がいるのだとすれば尊敬せずにはいられない、相当に過酷な環境です。荒れる海をこれだけの迫力で演出できるというのも技術の進歩あってこそのことで、これまでは作りたくても作れない映画だったのかもしれません。

訓練シーンもとても私には耐えられるとは思えないハードなものですが、日本の海上保安庁でもこのような訓練が行われているのでしょうか。これだけでも尊敬に値します。自分を犠牲にする、と言うのは簡単でも実際に行動するとなると難しいのが実際で、それには厳しい訓練の裏付けが必要なのだと思いますが、この映画を観て自分もこの道に進みたい、という人が多少でもいると撮影に協力した沿岸警備隊も願ったり叶ったりでしょうね。

Waterworld

USJに先日行った際、子供達は初めてアトラクションを観て思っていたよりもはるかに面白かったらしく、元になっている映画の方も観たいというので、映画「ウォーターワールド」を借りてきて一緒に観ました。私自身は何年も前にVHSで借りて観たという記憶はあるのですが、内容の方はさっぱり覚えていなかったので逆に改めて新鮮な思いで観ることができたのは良かったです。

ウォーターワールド
監督:ケビン・レイノルズユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン (2006/04/01)ISBN/ASIN:B000E6GB2G
Amazon.co.jp で詳細を見る

地球温暖化により極地の氷が全て溶けてしまい、海面が上昇して地球全体が海に覆われてしまったという近未来が舞台となっているSF作品ですが、全体的な雰囲気や演出なども含め海版マッドマックスというのがピッタリではないでしょうか。ただ、映像的な新鮮さはあまり感じられませんが、SFとしての設定としてはユニークで、アクションもふんだんに盛り込まれていて楽しめるのではないかと思います。

舞台のほとんどが海の上で、しかも陸地が見えてはいけないということで撮影はかなり大がかりなものだったのではないでしょうか。$175,000,000という制作費が高いのか安いのか桁が多すぎてよくわかりませんが、全世界での興行収入は$255,200,000だったということなので、諸々考えると成功だったとは言えないようです。今観てみるとなかなか面白いのですが、ちょっと地味すぎるのかもしれません。

主役の海の男Marinerはこの作品のプロデューサーの一人でもあるKevin Costnerが演じているのですが、ヒロインのHelenはJeanne Tripplehornというあまり知られていない女優さんが演じているという辺りも地味に落ち着いてしまっている一因かもしれません。悪役DeaconはDennis Hopperがいい味出していますし、ストーリー上の鍵となる少女Enolaを演じるTina Majorinoも可愛らしいだけでなく非常に上手いと思うのですが…

まああまり儲かったわけでもなさそうなのにテーマパークUniversal Studiosのアトラクションに採用されるというのはやはりそれなりのものがあるからだと思いますが、アトラクションの方がきっかけでこの映画を観たという人も多いのではないでしょうか。さらにそれをきっかけとして他の映画も観るようになり、テーマパークと映画の相乗効果でどちらも楽しむことができるようになればみんなハッピーですね。実際USJも元ネタとなる映画を観て知っているのと知らないのとでは面白さも全然違いますので、USJに行く予定があるという人はその前に映画を観て予習しておくことをおすすめします。逆にUSJがあまり楽しめなかったという人は映画を観ていないか、映画好きでないかなのではないでしょうか。