Rogue One: A Star Wars Story

Rogue One: A Star Wars Story - Jyn and K-2SORebellions are built on Hope!

The Walt Disney CompanyLucas Filmを買収するというあの電撃的なニュースから4年、毎年Star Warsシリーズの新作が公開されるというのはファンには夢のような状況ですが、少なくともこれが3年後の2019年まで続くというのはなんと素晴らしいことでしょうか。昨年はエピソード7に当たる「フォースの覚醒」が公開されて大いに盛り上がりましたが、今年は昨日、シリーズから派生した外伝的作品である「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」が公開されたということで、今日早速、朝一番の上映回で観に行ってきました。それほど楽しみにしていたのになぜ初日に観ないのかというと、昨年と同じく職場の忘年会が同じ日に設定されてしまったからです。来年こそは同じことにならないよう、日程調整の際に「この日はダメ」と予め言っておくことにします。
Rogue One: A Star Wars Story - Darth Vader
それはさておき、この作品は上に書いたように外伝、スピンオフである「アンソロジー・シリーズ」の第1弾となるもので、描かれたのはシリーズの原点であるエピソード4「新たなる希望」が始まる10分前、とされています。つまり、反乱同盟軍が帝国の究極兵器である初代デス・スターの設計図を奪うまでの決死の活躍を綴ったものになります。

主人公はつい先日観たばかりの「インフェルノ」でヒロイン役だったFelicity Jonesが演じるJyn Ersoですが、女性の主人公は「フォースの覚醒」のReyに続いてということになります。私は何の不満もありませんが、そういう時代ということなのでしょうか。JynはReyと違って何ら特殊な能力もパイロットの技能も持ちませんが、反乱軍に育てられたことで戦闘能力は高いようです。

そしてJynと行動を共にするのが幼い頃から反乱同盟軍で活動してきたCassian AndorDiego Lunaが演じます。そしてこのCassianの相棒がK-2SOというもともと帝国軍のメタコレの小さなフィギュアを購入済みですが、もっと大きなものも欲しくなってしまっています。

メタコレ スター・ウォーズ K-2SO
メタコレ スター・ウォーズ K-2SO

¥ 1580

5つ星のうち5.0

(2016-12-17現在)

ところで、本作は外伝ということなので本流とは扱いの違うところがあります。顕著なのはその始まり方でしょう。本流では”A long time ago in a galaxy far, far away….”とシアンで書かれた文が出たあと、黄色いタイトル文字とそれに続いて手前下から奥の方にフェードアウトしながらあらましが綴られていき、それらとともにあの有名なテーマ曲が高らかに流れるという名物的なシークエンスがあります。しかし、本作では”A long time ago…”は出るのですが、そのあといきなり始まってしまうのです。Disneyの傘下となった今、20th Century Foxのファンファーレがないのは仕方のないことですし、それは「フォースの覚醒」でも同じでしたが、お約束がないのはちょっと寂しくも感じてしまいますね。

また、今作では初めて音楽がJohn Williamsのものではなくなっています。これもシリーズ初のことですが、やはりまだ私が慣れないからか壮大さや流れるような感じが足りないというか、John Williamsの楽曲ほどの魅力が感じられないような気がします。しかし違和感があるというわけではなく、作品の雰囲気にはあった音楽ではあります。サウンドトラックも購入したので、今後聴き込んでいきたいと思っています。

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー  オリジナル・サウンドトラック

しかしなんだかんだ言いましたが、実は私はこの作品を観ながら何度も目頭が熱くなるのを感じてしまいました。監督のGareth Edwardsは「スター・ウォーズ」を観たことがきっかけで映画の道に進んだというほどのファンだというだけあって、どうしたらファンが喜ぶかということがわかっているのでしょう。シリーズをすべて何度も観てきた私にとって、本作は最高傑作に近いところにいると思っています。妻にはいろいろ言われていますが、この作品もあと何度かは観る予定で、とりあえず明日は職場の友人Zさんがスター・ウォーズも4DXも観たことがないと言うので、4DXエクストリーム上映の吹替版に行ってきます。

なお、これまでスター・ウォーズは観たことがないという人にとっては、他の作品との繋がりは比較的弱く、またシリーズ最初の作品の前日譚ということもあり、初めて観るにも悪くないのではないかと思います。ただ、事前にエピソード4だけでも観ておくと、より楽しめることは間違いないでしょう。

Star Trek Beyond

Star Trek BeyondLLAP50!

今でもアメリカでは熱烈なファンがたくさんいるStar Trekですが、いわゆるTOS、日本では「宇宙大作戦」として放送された最初のテレビドラマシリーズが始まったのが1966年ということで、今年でちょうど50年になるそうです。50周年なら盛大に祝っても良さそうな気もしますが、どこかでイベントなどは行われているのでしょうか。ウェブサイトでは記念の動画が公開されたりはしているようですが、私が知らないだけでしょうか。

そういう記念の年である今年、劇場版としては13作目となる「スター・トレック BEYOND」が日本でもいよいよ公開されましたが、この作品は珍しく前売り券をムビチケで買い、公開初日の昨日さっそく観に行ってきました。アメリカではすでに7月から公開されていたので待ち遠しかったですね。

この作品の全米公開直前の今年6月、Pavel Chekov役で出演しているAnton Yelchinが自宅前で亡くなっているのが見つかるという不幸がありました。27歳というのはあまりに若すぎる死ですが、このシリーズでもとてもいい味を出していて、私も好きなキャラクターの一人だったのに大変残念なことです。しかしこれを受けて、公開を間近に控えているにも関わらずAntonの出演シーンを増やしたり、追悼するようなシーンの追加撮影を行ったりしたという噂もあり、実際Antonの出番がやけに多いような印象がありました。しかしそれは不自然なほどではなく、本当だとしたら素晴らしいことです。

J. J. Abramsが監督した2009年の「スター・トレック」以降の現代的でダイナミックな映像は監督が「ワイルド・スピード」シリーズJustin Linに交代したこの作品でも健在で、最後まで息つく間もない非常に面白い映画になっていると思います。しかしまた相変わらずなのが異星人の造形表現です。ほとんどの異星人が地球人と同じように頭と胴体と四肢を持つ人間型、ヒューマノイドであるというのはもともと同じ種であるという設定なのでいいのですが、逆に頭に凹凸が付いていたり肌に模様があったりという違いがある方が必然性が理解できず違和感が拭えないのです。Star Warsに登場する宇宙人は地球人と見分けがつかないか、あるいはもっと大胆に違う事が多いのでそのような感じはないのですが、Star Trekでは昔から変わりませんね。まあこれがStar Trekということであえて変えないのかもしれません。

なお、初代SpockであるLeonard Nimoyが昨年亡くなってしまったというのもStar Trek界隈では大きなニュースでしたが、本作はLeonardにも捧げられており、作品の中にも大変印象的なシーンが挿入されています。またもちろん、エンドクレジットにはLeonardとAntonへの献辞があります。Antonの事故は思いもよらない事でしたが、さすがにシリーズも50年ともなるとこういうことも増えてきてしまうのでしょうね。

Star Wars: The Force Awakens

Star Wars: The Force Awakens - Rey実に濃密な138分。

スター・ウォーズ・シリーズが始まったのは1977年、私が小学校に入った頃で、まだその時はリアルタイムに映画館では観ていません。その後、小児科の待合室にあった「帝国の逆襲」のパンフレットに魅せられ、あまりに食い入る様に見ているため先生に「持って帰っていいよ」と言われて貰ったのを覚えています。しかしながらその後も映画館で観ることはなく、しばらく経ってからレンタルDVDで観ただけでした。結局初めて大スクリーンで観たのは「クローンの攻撃」からでした。したがって、筋金入りのファンとはいえないと思いますが、大好きであることは間違いありません。

というわけで、3年前にルーカスフィルムウォルト・ディズニー・カンパニーに買収され、続編が製作されると明らかにされた時からずっと楽しみに待っていた「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」がいよいよ公開されました。本当は初日12月18日に観に行くつもりでいたのですが、職場の忘年会を同じ日に設定されてしまったのであえなく断念することとなり、2日目の今日19日の初回に観に行ってきました。

ストーリーについては、姿を隠したLuke Skywalkerを探し求めるFirst Orderとレジスタンスの争い、とだけにしておきますが、Lukeの他Han SoloLeia OrganaChewbaccaC-3POR2-D2といった懐かしいキャラクターが続々登場し、それだけでも感無量といった感じです。特に、「ジェダイの帰還」以来、実に30年ぶりの再登場となる人達には懐かしさも憶えます。
Star Wars: The Force Awakens - Captain Phasma
また一方、新しいキャラクターもたくさん登場し、新世代のスター・ウォーズ世界を創り上げています。特に主役のDaisy Ridley演じるReyは非常に快活で、作品にみずみずしさを与えていていい感じです。新しいデザインのStorm Trooperはスッキリした現代的なデザインでいいのですが、ちょっと楽しみにしていたCaptain Phasmaは「アレ?」という感じでした。ただPhasmaはこの後の作品で活躍するような気もするので、まだ期待しておきたいと思います。

今作の監督はJ. J. Abramsになるということでそれも注目のポイントだったのですが、非常に良かったスター・トレックの時に「むしろスター・ウォーズのファン」と言っていたくらいですから、そのファンとしての思いのこもった、愛の感じられる作品になっていると思います。所々で映像的に「スター・トレック」と似た演出を感じる場面もありましたが、それはJ. J.の手法ということなのでしょう。ジャンル的に近いところもあるので仕方ありませんね。

とにかく、おそらく制作陣の誰もがスター・ウォーズのファンを自認していて、それぞれの愛を込めて作られた作品でしょうが、その強力なエネルギーでバラバラになってしまうことなく上手くまとめた素晴らしい作品になっています。早速興行成績は記録的なペースだそうですが、きっとまだまだ伸び続けることでしょう。私は明日も次男を連れて、今度は3D版で観る予定ですが、おそらくさらにあと3回くらい観ることになるのではないでしょうか。それくらい全く期待を裏切らず、押さえるべきところを押さえ、あっと言わせるところは言わせる、シリーズ最高傑作と言っても過言ではない作品だと思います。また早くも続編が楽しみで、2年後が待ち遠しいところです。