コカ・コーラ エナジー

飲まずに済むならそれに越したことはないでしょうが。
🥤

私はコーヒーの飲み過ぎで完全に慢性のカフェイン依存症になっているので、カフェインが不足すると離脱症状により頭痛に苦しむことになってしまいます。そのままカフェインを取らずにいれば数日で終わるのですが、コーヒーや紅茶などをまったく飲まないということもできないので、それはなかなか難しいことです。しかし逆にカフェインを摂取すれば1時間足らずで気づいたら治っていたという感じになるのですが、そういうときに重宝するのがエナジードリンクの類です。

以前、長時間のドライブの前に飲んでみたら全く眠くならなかったので怖いくらいに思っていたのですが、最近は仕事中に気分がすっきりしないときなどに飲むと集中できるので、事務所の自販機で売られているMonster Energyをたまに買って飲んでいます。しかし、ちょっと前まではオリジナルが売られていたのに、Cuba-Libreに変わってしまったのです。これはラム酒とコーラで作るカクテル「キューバ・リブレ」をイメージしたものということですが、もちろんラム酒なんて入っているわけもないので単なる「薄いコーラ」味になってしまっているのです。それなら普通のコーラを買った方が安いしいいのではないかと思ってコカ・コーラ ゼロを買ってみたりもしたのですが、それではやっぱり効かないのでした。

そんな感じでどうしようかと思っていたところ、先日コカ・コーラから初のエナジードリンクとしてコカ・コーラ エナジーなるものがタイミングよく発売され、その発売初日から職場の自販機にも入ったのでした。ただ、エンジニアには新しもの好きが多いのかあっという間に売り切れてしまったので、私が試してみたのはその翌日になりました。

ひと足先に飲んだ同僚が「ちょっと薄いコーラでイマイチ」だと言うので、それではCuba-Libreと変わらないではないかと思っていたのですが、実際に飲んでみると普通のコカ・コーラにはないガラナの味が効いていて、私はなかなか気に入りました。ただ、売られているのが190mlという小さなサイズのものなので、価格は安いもののボリューム的に不満があり、エナジードリンクとしての効果も今ひとつのように感じています。コンビニなどでは250mlの製品が売られているようなので、そちらであればある程度の満足感はあるかもしれません。

まあしかし、エナジードリンクもほどほどにしないと体に良くないでしょうね。アメリカではエナジードリンクもとんでもない大きさのものが売られていて、見るたびにぎょっとしていましたが、彼らの巨体にはそれくらいの量がないと効かないのかもしれません。カフェインだけでなく糖分も相当なものなので、悪循環なのでしょうけどね。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください