カテゴリー
food & drink

コカ・コーラ エナジー

飲まずに済むならそれに越したことはないでしょうが。
🥤

私はコーヒーの飲み過ぎで完全に慢性のカフェイン依存症になっているので、カフェインが不足すると離脱症状により頭痛に苦しむことになってしまいます。そのままカフェインを取らずにいれば数日で終わるのですが、コーヒーや紅茶などをまったく飲まないということもできないので、それはなかなか難しいことです。しかし逆にカフェインを摂取すれば1時間足らずで気づいたら治っていたという感じになるのですが、そういうときに重宝するのがエナジードリンクの類です。

以前、長時間のドライブの前に飲んでみたら全く眠くならなかったので怖いくらいに思っていたのですが、最近は仕事中に気分がすっきりしないときなどに飲むと集中できるので、事務所の自販機で売られているMonster Energyをたまに買って飲んでいます。しかし、ちょっと前まではオリジナルが売られていたのに、Cuba-Libreに変わってしまったのです。これはラム酒とコーラで作るカクテル「キューバ・リブレ」をイメージしたものということですが、もちろんラム酒なんて入っているわけもないので単なる「薄いコーラ」味になってしまっているのです。それなら普通のコーラを買った方が安いしいいのではないかと思ってコカ・コーラ ゼロを買ってみたりもしたのですが、それではやっぱり効かないのでした。

そんな感じでどうしようかと思っていたところ、先日コカ・コーラから初のエナジードリンクとしてコカ・コーラ エナジーなるものがタイミングよく発売され、その発売初日から職場の自販機にも入ったのでした。ただ、エンジニアには新しもの好きが多いのかあっという間に売り切れてしまったので、私が試してみたのはその翌日になりました。

ひと足先に飲んだ同僚が「ちょっと薄いコーラでイマイチ」だと言うので、それではCuba-Libreと変わらないではないかと思っていたのですが、実際に飲んでみると普通のコカ・コーラにはないガラナの味が効いていて、私はなかなか気に入りました。ただ、売られているのが190mlという小さなサイズのものなので、価格は安いもののボリューム的に不満があり、エナジードリンクとしての効果も今ひとつのように感じています。コンビニなどでは250mlの製品が売られているようなので、そちらであればある程度の満足感はあるかもしれません。

まあしかし、エナジードリンクもほどほどにしないと体に良くないでしょうね。アメリカではエナジードリンクもとんでもない大きさのものが売られていて、見るたびにぎょっとしていましたが、彼らの巨体にはそれくらいの量がないと効かないのかもしれません。カフェインだけでなく糖分も相当なものなので、悪循環なのでしょうけどね。

カテゴリー
travel

World of Coca-Cola

World of Coca-ColaPepsiには無いのかな?

ロボコップのおかげでデトロイトにはすっかり全米一の犯罪都市のイメージの付いてしまいましたが、実際Forbesのアメリカの危険な都市ランキングでも5年連続1位という汚名を頂いてしまっているのでなかなか否定のしようがありません。特に去年は市の財政が破綻したというニュースもあり、予算不足から警察官を増やすこともできず、一向に出口は見えない状況です。私達デトロイト近郊に住む日本人はもちろん、地元の白人たちでさえ、本当に必要なときでなければデトロイトに足を踏み入れることはありません。

しかしこのランキング、10位以内に入ってしまっているような都市は日本人の基準からすれば、少なくとも一部はかなり治安の悪い地域であることは間違いありません。今回の旅行の帰り道にはランキング9位のジョージア州アトランタに立ち寄る予定にしていて、ダウンタウンのレストランで昼食を摂ろうと思っていたのですが、路上のパーキングスペースに停めたところで物乞いに小銭をせびられ、なんとか追い払ったものの気分が悪いので食事は諦めて立ち去る、ということがありました。確かに年末で人通りが少なかったので、そんなところを選んでしまったのは失敗でした。その後食事をしたところは高所得層が集まっていそうなまったく違う雰囲気だったので、やはり地域により大きな差があるようです。
World of Coca-Cola
ところで、なぜアトランタに寄ることにしたのかというと、ここにはThe Coca-Cola Companyの本社があり、その近くにWorld of Coca-Colaという展示施設があってなかなか楽しい、ということを聞いていたためです。なお、今回はあまり時間がなかったこともあって行っていませんが、隣接するジョージア水族館も見応えのあるものだそうで、また同じくアトランタにあるCNN本社のスタジオツアーも面白いという話です。

さて、World of Coca-Colaに着いてみてびっくりしたのは入口前の大行列でした。入場券を買うにも窓口に列ができているものの、これは券売機を使えばすぐに買えるので問題はないのですが、その後入口までの間に数百人の人が列を作っていました。実際の待ち時間は30分弱といったところでしたが、これはまず「アンバサダー」からの説明を聞いて、その後プロモーション動画を見てから中に入る形になっているため、その座席数と上映時間によって制限がかかってしまっているのでした。その説明と動画はアンバサダーが熱心に語るほどには大したものではないのが少々残念な感じですが。
お中元にコカ・コーラをどうぞ
この後は最後にショップを通って出るという以外は各自の好きな順序で見て回ることができます。展示スペースは1階と2階にありますが、1階では各国のポスターなどを見ながらのコカ・コーラの歴史、コーラのビン詰め工程、そして秘密の調合の金庫、といったものがあります。ポスター等は日本の昭和のポスターもいろいろあって、当時はちょっとした贅沢品だったという証拠のようなものを見ることができます。ビン詰め工程の方は実際の工場よりもかなり低速で動かしているのですが、あのスピードがないと凄さが感じられず今ひとつです。

なんともバカバカしいのが金庫なのですが、非常にもったいぶった演出があって金がかかっているのではないかと思うのですが、実際に見ることができるのはもちろん金庫の外側のみです。今でも数人の幹部だけしか知らないというコカ・コーラ原液の配合が記されたものが格納されているということなのですが、コカ・コーラ社員以外にとっては結構どうでもいい話…などと言ってしまうのは白け過ぎでしょうか。なお、金庫の写真は自由に撮ることができますが、一緒に写ろうと思って近づきすぎると大仰な警告音とメッセージを聞くことになります。
秘密の調合がしまわれた金庫
2階には秘密の配合に絡んだ4-D映画の上映、ポップカルチャーとコカ・コーラ、過去のCMの上映、といった展示がありますが、ここではなんといっても世界各国のコカ・コーラ製品の試飲というのが重要でしょう。世界を5つほどの地域に分けて、それぞれ8種類ほどの製品が用意されており、プラスチックのカップを持って各自好きなだけ試飲することができるようになっています。私もお腹いっぱいになるまで色々試してみましたが、日本でも受けるのではないかと思うものもあれば、とても日本人の口には合いそうにないものもあり、なかなか楽しむことができました。

最後に各自1ビンづつお土産にコーラをもらって、コカ・コーラグッズが取り揃えられたショップから出口に向かうことになるのですが、このショップの充実度は相当なものです。ここにあるものだけで生活できてしまうのではないかとさえ思えるほど様々なものが作られていますが、それだけ世界中で高い認知度を持つブランドであり、マクドナルドと並んでアメリカの象徴となっているということでしょう。実際、年末という時期のためもあるかもしれませんが、入場者は外国人の割合がかなり高いように見え、それも幅広い国々から来ているようだったのが印象的でした。やはりさすが世界ブランドランキング3位ということでしょうが、こうなると1位のAppleや2位のGoogleも見に行ってみたくなりますね。まあこのような施設はないはずですが。

カテゴリー
misc

Coke + iTunes

Coke + iTunesクジ運の悪い私にもようやく春が

今年の7月から始まっているものなので既に多くの方がご存じであろうと思われますが、コカ・コーラにより「Coke + iTunes」というキャンペーンが今月9月末まで行われています

コカ・コーラシステムは、若年層を中心に全世界の幅広い世代から強く支持されている「iTunes(アイチューンズ)」とコラボレーションし、「Coke + iTunes(コーク プラス アイチューンズ)」を立ち上げることで「コカ・コーラ」と音楽の融合を図り、世界規模で音楽事業を推進するブランドとして、「コカ・コーラ」のメッセージを強力に伝達してまいります。

となかなか大げさなことをブチ上げていますが、要するにコカ・コーラノーカロリー コカ・コーラコカ・コーラ ゼロというコーラ製品3種類に添付されているキャンペーンシールの裏に記されている番号をPCや携帯からキャンペーンサイトで入力するとその場で抽選が行われ、当選するとiTunesで楽曲のダウンロードが可能になるキャンペーンコードがもらえる、というものです。

毎日25,000曲が当たるということなのですが、そう言われてもその当選確率は今一つピンと来ません。ただ、ブログ界隈ではそのあまりの高確率に驚きの声が上がっていたりもしたのですが、それによるとおよそ2割弱程度の割合で当たりが出るような感じでした。それほどの確率で当たるのであれば飲み物を買おうというときにCokeを選ぶ動機にもなるということで、私もしばしばコカ・コーラ ゼロを買ってみたものの、なかなか当たりが出ません。しかし、いいかげんにそろそろ嫌気がさしつつあった昨日、9回目にようやく当たりが出て、クーポンコードを獲得することができました。

当選通知メールで送られてくるハイパーリンクからこのコードをiTunes Storeで入力すると、晴れて1曲分のクレジットが追加されました。噂によるとこのクーポンではiTunes Plusでも利用することができるということで、曲目は限られているものの、DRMフリーで高音質な楽曲のダウンロードが可能なようです。私は何だかもったいつけてしまって何をダウンロードしようかと迷ってしまい、まだ使っていないのですが…

それにしてもこれだけ大規模なキャンペーンを展開できるというのはコカ・コーラだからこそと言えるのではないでしょうか。Appleからはそれなりの割引を引き出しているものとは思いますが、それを考えても総計1,925,000曲というのは相当な額に上ります。また、このキャンペーンに必要なのは商品だけではなく、これを運営するためのシステムの構築と維持にもかなりの投資が行われているのはその完成度を見ても明らかです。確かにこうしたキャンペーンでもないと日頃コーラを飲む機会も減っていますから、そういった人達を呼び戻すためのイメージ作りには相応の効果があったのかも知れません。

また、iTunes Storeのクーポンコードというものが賞品として成り立ってしまうということは、iTunesとiPodがいかに社会に浸透しているかも表しています。仮にこれが他の音楽配信サービスのクーポンであったとして、今回と同じような盛り上がりを見せるかというととてもそうは考えられません。かつてWalkmanが一世を風靡した頃には「アイワのウォークマン」や「パナソニックのウォークマン」といったものがありましたが、今は「iPodのような何か」はあっても「iPod」といえばAppleのもので、他社の製品とは明確な差別化ができているように感じられます。これはブランディング戦略によるものなのか、iTunesと連携したシステムによる囲い込みの成果なのか、おそらくその両方なのでしょうが、今のところ衰える兆しはありません。

ちなみに今回のキャンペーンはダブルチャンスとなっていて、キャンペーンコードを集めると3つで「10曲ダウンロード可能なiTunesカスタムカード」、12個で「オリジナルケース&ストラップ付iPod nano (2GB)」が当たる抽選に申し込むことができます。私もどうせ当たるわけはないと思いつつも12個目指して貯めているところなのですが、欲を言えば先日発売されたばかりの新しいiPod nanoにしてもらえると嬉しいですよね。まあ、そんなことは無理でしょうし、そもそも私が当選するとはとても考えられないのでどうでもいいことなのですが…でももちろん旧nanoでも当たれば大喜びで報告しますよ。