ハウス 夏のカレー <旨辛キーマカレー大辛>

少なくとも楽ちんです。
🍛

先日、カレー部長が「テレビでやっていた」と教えてくれたのがハウス食品夏のカレーというものでした。カレーを冷たいまま食べられるというのはどうなのだろう、と試してみずにはいられず、それからあちこちのスーパーなどを探してみたものの、いくら探してもこのあたりでは見つかりませんでした。そうなると意地になってしまうものですが、こちらにはAmazonという味方…もしかすると敵かもしれませんが、とにかく注文して購入してしまいました。しかしながら、家でレトルトカレーを食べる機会はそれほどないのでなかなか試すことができなかったのですが、夏の暑さもピークに差し掛かった昨日、ようやく食べてみることができました。中辛と大辛とがあり、両方買って部長と分け合ったのですが、今回食べたのは旨辛キーマカレー大辛の方です。

ハウス 夏のカレー 旨辛キーマカレー 大辛 180g×5個
ハウス食品
売り上げランキング: 28,044

夏のカレーと言うだけあって夏の間だけの数量・期間限定商品となっているそうですが、2011年から毎年恒例の商品となっているもののようです。当初は中辛のキーマカレーのみだったようですが、今回食べた「旨辛キーマカレー大辛」は2015年から追加されたものだそうです。暑いときには辛いものでスッキリしたい、ということを考えての大辛なのだと思いますが、5段階で付けられている辛味順位が6というわけのわからないことになっています。もともとジャワカレー辛口が辛味順位5となっていますので、それよりさらにちょっと辛いということなのでしょう。少なくとも現在のハウス食品のレトルトカレーの中では最も辛いもののようです。

実際に食べてみるとスパイス感はあまりなく、唐辛子の辛さが強い印象でした。私にとっては普段行くカレー屋さんのカレーの方がだいぶ辛いのでまったく許容範囲ですが、毎週何度もカレーを食べているわけではない普通の人にとっては結構な辛さかもしれません。それを除くと非常にトマトの味が強いので、カレーというよりは辛口ボロネーゼソースをご飯にかけているような感じになりました。それはそれで悪くはないのですが、カレーと呼ぶには他のスパイスが弱いのです。おそらく、茹でたてのパスタにかけるとイタリアンとして美味しくいただけるのではないでしょうか。まあ、カレースパゲティというものもあるので、合わないはずはないのですが。

なお、最近のレトルトパウチはそのまま電子レンジにかけられるようになっているので大した手間ではありませんが、温める必要がないというのは確実に一つの利点です。山へ持っていくとか、災害時のために備蓄しておくとかいうような使い方も考えられるのではないでしょうか。まあ寒いときには火の通ったもので体を温めたいということもあるので、そういう向きにそぐわないのはどうしようもありませんが。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください