Archives

ハウス 夏のカレー <旨辛キーマカレー大辛>

少なくとも楽ちんです。

先日、カレー部長が「テレビでやっていた」と教えてくれたのがハウス食品の夏のカレーというものでした。カレーを冷たいまま食べられるというのはどうなのだろう、と試してみずにはいられず、それからあちこちのスーパーなどを探してみたものの、いくら探してもこのあたりでは見つかりませんでした。そうなると意地になってしまうものですが、こちらにはAmazonという味方…もしかすると敵かもしれませんが、とにかく注文して購入してしまいました。しかしながら、家でレトルトカレーを食べる機会はそれほどないのでなかなか試すことができなかったのですが、夏の暑さもピークに差し掛かった昨日、ようやく食べてみることができました。中辛と大辛とがあり、両方買って部長と分け合ったのですが、今回食べたのは旨辛キーマカレー大辛の方です。

ハウス 夏のカレー 旨辛キーマカレー 大辛 180g×5個

posted with amazlet at 19.08.12

ハウス食品 売り上げランキング: 28,044

Amazon.co.jpで詳細を見る

夏のカレーと言うだけあって夏の間だけの数量・期間限定商品となっているそうですが、2011年から毎年恒例の商品となっているもののようです。当初は中辛のキーマカレーのみだったようですが、今回食べた「旨辛キーマカレー大辛」は2015年から追加されたものだそうです。暑いときには辛いものでスッキリしたい、ということを考えての大辛なのだと思いますが、5段階で付けられている辛味順位が6というわけのわからないことになっています。もともとジャワカレー辛口が辛味順位5となっていますので、それよりさらにちょっと辛いということなのでしょう。少なくとも現在のハウス食品のレトルトカレーの中では最も辛いもののようです。

実際に食べてみるとスパイス感はあまりなく、唐辛子の辛さが強い印象でした。私にとっては普段行くカレー屋さんのカレーの方がだいぶ辛いのでまったく許容範囲ですが、毎週何度もカレーを食べているわけではない普通の人にとっては結構な辛さかもしれません。それを除くと非常にトマトの味が強いので、カレーというよりは辛口ボロネーゼソースをご飯にかけているような感じになりました。それはそれで悪くはないのですが、カレーと呼ぶには他のスパイスが弱いのです。おそらく、茹でたてのパスタにかけるとイタリアンとして美味しくいただけるのではないでしょうか。まあ、カレースパゲティというものもあるので、合わないはずはないのですが。

なお、最近のレトルトパウチはそのまま電子レンジにかけられるようになっているので大した手間ではありませんが、温める必要がないというのは確実に一つの利点です。山へ持っていくとか、災害時のために備蓄しておくとかいうような使い方も考えられるのではないでしょうか。まあ寒いときには火の通ったもので体を温めたいということもあるので、そういう向きにそぐわないのはどうしようもありませんが。

イカリスパイスカレーとんかつソース

カレーが嫌いな日本人はいないでしょう。

地元兵庫県のメーカーなので関西圏以外の人はご存じないかもしれませんが、関西圏でソースと言えばオリバーソースかオタフクソース、そしてイカリソースです。関東にいる時にはソースといえばブルドックソースでしたが、イカリソースは今はそのブルドックソースの傘下になっているようなので、ひょっとすると全国的に知られるようになっているのでしょうか。

そのイカリソースがイカリスパイスカレーとんかつソースなるものを発売するというのをどこかで知って、ちょっと気になっていたのですが、先日スーパーマーケットに買い物に行った時に見つけてしまいました。私は変わったものは試さずにはいられない性分なのですが、さらにカレー味となれば、安いものですし買わない理由がなかったので、早速買ってみました。

しかし家ではあまりトンカツは食べないのでしばらくお預けだったのですが、先日の夕食がアジフライだったのでこれはと思い、かけてみることにしました。食べてみるとこれはあくまでカレー風味のソースという感じで、基本は酸味のきいたソースで、そこにクミンを中心としたスパイスの香りがするといったものでした。しかしそれならなおさらアジフライに合わないわけもなく、ただのソースよりもさらにスパイスが効いていて、食べているうちに他のソースでは物足りなく感じてきてしまったような気がします。

そうはいっても発売元もそんなにヒットすることは期待していないでしょうし、ゲテモノ扱いされてしまうのも仕方ないような気はしますが、食べてみるまでもなく美味しくないわけもないので、見つけた人はぜひ一度試してほしいと思います。多少は日持ちのするものなので、私もある程度買いだめしておいた方がいいのでしょうか。

S&B 噂の名店 大阪スパイスキーマカレー

スパイス好きにはたまらないはず。

つい先日、Instagramでハッシュタグをフォローすることができるようになり、これにより自分の関心のあるタグをフォローしておくことでプッシュ的に情報を得ることができるようになりました。これまでは自分がフォローしている人がフォローしている相手の中から関心のある写真をよく投稿している人をフォローする…という回りくどいやり方が必要でしたが、これからは自分のタイムラインに自動的に関心のある写真が入ってくるということになり、とても便利な機能ではないかと思います。そのためには適切なハッシュタグが付けられていることが重要になってきますが、私も早速美味しそうなカレーの店を見つけるために #curry というハッシュタグをフォローしてみたところ、カレーの写真に混じってNBAの現役最高のスタープレイヤーの一人、Stephen Curryの写真が入ってくるようになってしまいました。そんなことはありますが、これはなかなか素晴らしい機能追加です。

ところで、そんなカレー好きな私は地元では目ぼしい店はほとんど行き尽くしてしまっているのですが、神戸や大阪に行くとたくさんのカレー店があり、行ってみたい店がいくつもあります。そんな中でも特に優先順位が高いのが大阪は北浜というカレーの激戦区にあるColumbia8というところです。残念ながらまだここに行く機会はないのですが、写真を見ても独特でとても美味しそうなカレーはぜひ一度味わってみなければと思っています。

そんなところで驚いたのですが、ハウス食品と並ぶカレーの巨人、エスビー食品のレトルトカレーで、カレーの有名店の監修でその味を再現した「噂の名店カレー」シリーズの商品の一つとして、噂の名店 大阪スパイスキーマカレー お店の中辛という、まさしくColumbia8監修の商品が発売されたのです。製品パッケージに載せられた写真は紛れもなくInstagramで見たColumbia8のカレーそのもので、評判を聞いてもなかなか再現性は高いということだったのですぐにでも食べてみたいと思いました。しかし、残念ながら8月に発売されたというのに市内のスーパーにはなかなか入荷されず、スーパーを見つけてはカレー売り場をチェックするということを続けること3か月、諦めかけた頃にようやく見つけることができました。まあAmazonでは売っているので、今思えばさっさと買えばよかったのかもしれません。

S&B 噂の名店 大阪スパイスキーマカレー お店の中辛 212g×3個

posted with amazlet at 17.12.17

エスビー食品 売り上げランキング: 3,548

Amazon.co.jpで詳細を見る

ということで今日、ようやく食べることができたのですが、箱の中身は3つの袋に分かれていて、まずライスの上にスパイスの袋をあけ、その上から温めたレトルトのキーマカレーを回しがけ、さらにその上からカシューナッツをまぶすという構成です。このようなちょっと凝った形になっているおかげで、スパイスからは高い香りが立ち上り、ナッツのカリカリした歯ざわりも楽しいというものになっています。

これがどれくらいお店の味に近いのかはわからないのですが、少なくとも300円少々で購入できるレトルトカレーとしてはかなり満足感の高いものになっているのではないかと思います。Columbia8としても店の名前を出すからにはその名に恥じないものでなければ困りますし、エスビー食品としても下手なものを出すわけにいかず、難しい企画なのではないかと思いますが、見事に成し遂げたという感じでしょうか。私はこれで店に行かなくてもよいと思ったかというとそんなことはなく、むしろますます本物を食べたいという気持ちが強くなりました。しかし、同じ関西と言いながら大阪も近いようで100kmほど離れていますので、いつになったら行く機会があるかわかりませんが、近いうちに是が非でもと思っています。