「kenneth branagh」タグアーカイブ

Tenet

もう一度観たい。
⌚

COVID-19の影響で撮影の中断や上映の休止など大きな影響を受けた産業の一つが映画ですが、なんとなくほとぼりが冷めてきたということなのか徐々に新作の公開が再開されるようになってきました。それには座席を間引くという映画館としては非常に苦しいであろう対策もあってのことですが、なんとか劇場にもまた従来どおりの賑わいが戻るようになってほしいものです。

さて、私もまた久しぶりに劇場へ足を運ぶことになったのはChristopher Nolan監督作品の「TENET テネット」が公開されたためです。これまでは、たとえばSteven Spielbergであれば外れということはないだろう、という程度にしか映画監督を意識することもありませんでした。しかし、Nolan監督についてはフィルモグラフィーを見ると「バットマン ビギンズ」以来のダークナイトトリロジーを始めとするDCコミックシリーズの多くを監督・製作していたり、「インセプション」、「インターステラー」というハードSF作品、重厚な「ダンケルク」という、私が良いと思った作品ばかりが上がっており、今後もこの監督の作品を追っていけば間違いないだろうと思えます。

ということで公開初日に観に行ってきたわけですが、まったく期待に背くことのない素晴らしい作品でしたが、今回もハードなSF作品であり、終映後に後ろの方の席から「全然わからなかった」という声が聞こえてきたとおり、SFに馴染みのない人にとっては非常に難解なものであったろうと思います。私もあえて予備知識をまったく入れずに観てきたとおり、皆さんにもネタバレすることのないようにしたいので、ストーリーについては一切触れないことにしますが、一種のタイムトラベルものとも言えるでしょうか。

タイムトラベルものに付き物なのは伏線回収の醍醐味ですが、この作品でもそれはしっかり意識して作られているので、伏線回収ものが好きな人にも楽しめるのではないでしょうか。私自身も大好物なので、その点でもとても楽しく見ることができました。

映像としてはフィルムでの撮影にこだわっているというNolan監督が、あのクライマックスの複雑な戦闘シーンをどのように作ったのか、非常に興味が湧きます。見ている方もあまりの複雑さに混乱してしまい、私も1回観ただけではすべてを把握することはできなかったのですが、撮影する側の困難はそれを遥かに上回るもののはずです。コンピューターグラフィックスとコンピューターシミュレーションを活用すればまだなんとかなりそうな気もしますが、あくまで実写でとなるとその複雑さは私の想像力の限界を超えてしまいます。

その名もProtagonist (主人公)という主役を演じるのはJohn David WashingtonであのDenzel Washingtonの長男ですが、NFLLos Angeles Ramsの元選手だったという人なので、その肉体も生かされた役になっています。敵役のAndrei SatorはKenneth Branagh、Satorの妻でヒロインのKatはElizabeth Debickiが演じていますが、Elizabethの191cmという長身はすごく存在感があります。主人公の相棒となるNeilの役は「トワイライト」サーガでEdward Cullenを演じていたRobert Pattinsonですが、彼もとてもいい歳のとり方をしたようで、個性のある俳優になったのではないでしょうか。なお、Nolan監督作品ではお約束のMichael Caineもイギリス貴族のちょい役で出演しています。

ということで、いろいろな面で楽しむことができましたし、ストーリーも完全に理解したかどうか自信もなく、伏線も100%回収できたかどうかもわからないので、できればもう一度映画館で観てみたいと思っています。ちょっと時間をおいて2週間後くらいがいいでしょうか。今度はネタバレもなにもないので、それまでの間に見るべきところを調べておいてから臨むのも悪くないかもしれません。

Murder on the Orient Express

Murder on the Orient Express今はもう運行されていないのですね。

中学生の頃、私には個人的に欧米の古典推理小説ブームが来ていて、学校の図書館で借りて貪るように読んでいたものです。このジャンルではConan DoyleSherlock HolmesMaurice LeblancArsène LupinAgatha ChristieHercule Poirotが三巨頭と言っていいかと思いますが、実は天邪鬼な私が一番好きだったのはEllery Queenでした。といっても作品の内容はまったく覚えていないので、今から読み直しても新鮮に楽しめると思います。

この週末に公開された映画「オリエント急行殺人事件」は言わずと知れたAgatha Christieの代表作の一つ、「オリエント急行の殺人」を原作としているもので、この作品は私も間違いなく読んでいるのですが、内容は完全に忘れてしまっていました。ミステリーなのでその結末は知らないに越したことはないのでもちろん読み直すことなく観てきました。

イスタンブールからロンドンまで向かう長距離豪華寝台列車であるオリエント急行の中で乗客の一人が遺体となって発見されるという、列車を舞台にした一種の密室ミステリーとなっています。特徴的なのはそのキャストで、監督と主役を兼ねるKenneth Branagh以下、Penélope CruzWillem DafoeJudi DenchJohnny DeppJosh GadMichelle Pfeiffer、そして「スター・ウォーズ フォースの覚醒」の主演で一躍スターの仲間入りを果たしたDaisy Ridleyと、大変豪華な面々となっています。しかしこれもこの作品の特徴からして必要なことで、1974年の映画でも同じように豪華なキャストで話題となったようです。このような作品で、原作に比較的忠実に作られているので新しさはありませんが、当時の上流階級の人々が登場人物であるということもあって、華やかさが印象的でした。

こんな列車に私も乗ってみたいとも思いましたが、日本では寝台列車はどんどんなくなってしまって予約を取るのも大変ですし、瑞風なんてそれだけでなく私にはとんでもない値段です。アメリカにいる間にAmtrakで大陸横断の旅ができたのは良かったのですが、豪華というのとはちょっと違うものでした。あれとカリブ海クルーズをあわせたような感じがちょうどなのでしょうか。まあ変に格式高いのも疲れるだけなので、カジュアルながら贅沢な感じというのが良いのですが、そんな都合のいいものはありませんね。その点Royal Caribbeanは我が家にはとても良いバランスだったのですが。

オリエント急行の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
アガサ クリスティー
早川書房
売り上げランキング: 461