Archives

Kindle Fire HD 8

なぜこんなに安くできるのか…

先日、Amazonで年に一度のプライムデーが開催されました。様々なセール対象製品をAmazonプライム会員限定の特別価格で、数量限定で購入できるというものですが、ものによって本当にお買い得なものと、単なる在庫処分にしか見えないものとがあるので、それを見極める目が必要です。したがって、私はあまりこれに食いつくことなく、もともと欲しいと思っていたものが安くなれば購入するというスタンスで接してきました。プライムデーに限らず、掘り出し物を見つけるというのは難しいものです。

しかし今回は、次のプライムデーで購入しようと待っていたものがあり、それがKindle Fire HD 8というAmazonブランドの8インチタブレットです。もともと通常価格もメモリ16GBのモデルで8980円と非常に安いのですが、これがプライムデーでは5480円というにわかに信じがたい価格になります。32GBのモデルもあり、その価格差はわずか2000円ですが、ベース価格が低いだけに割合としては30%以上もの差になり、またmicroSDカードを使用して補うことができるので、私は16GBモデルと一緒に64GBのmicroSDカードを購入することにしました。

Fire HD 8 タブレット (8インチHDディスプレイ) 16GB

posted with amazlet at 18.07.22

Amazon (2017-06-06)売り上げランキング: 2

Amazon.co.jpで詳細を見る

SanDisk microSDXC 100MB/s 64GB Ultra SD変換アダプター付属 サンディスク SDSQUAR-064G 海外パッケージ品 [並行輸入品]

posted with amazlet at 18.07.22

SanDisk 売り上げランキング: 136

Amazon.co.jpで詳細を見る

Kindle Fireシリーズタブレットはこの8インチモデルの他に7インチと10インチがあり計3種類のラインアップとなっていますが、価格、解像度、CPU性能、重量でそれぞれ得失があり、最もバランスが良くコストパフォーマンスが高いのが8インチと判断して選択しました。解像度は1280×800ピクセルで動画では720pまでの表示となり、10インチのFull HD対応には劣りますが、この大きさであればDVD同等の解像度が得られれば十分と判断しました。

届いた製品をいじってみると、とても5000円そこそこの製品とは思えません。ユーザーインターフェースにもたつきがあったりするのではないかと心配していましたが、さすがにうまく最適化されているようで特に気になることはありません。ただ、iOSと比較すると若干シンプルな表現となっているようで、CPUに負担をかけないようになっているのでしょう。しかしイライラさせられることもなく、機能的な面では全く支障はありません。

液晶についてはiPhoneやiPadと比較すると明らかに発色の鮮やかさに欠けます。写真や同じアプリを表示したときに受ける印象が明確に異なりますので、やはり価格の違いが現れていることになりますが、価格比ほどの違いがあるわけではなく、もちろん見づらいというほどのことはありません。私はこのFire HDを主に移動中の動画視聴用に使おうと思っていましたが、そういう使い方で不満を感じるほどのことはないでしょう。なお、フロントとリアにそれぞれカメラも付いていますが、これらは使う気もないのでまだ試してもいませんし、おそらくそのまま使ってみることもないでしょう。

このFireには標準ではAmazonのストアから以外はアプリを入れられませんが、中身は正真正銘のAndroidタブレットなので、ゴニョゴニョとGoogle Play Store関連アプリを入れてしまうと普通のAndroidタブレットと同様に使うことができるようになります。ウェブで検索すれば簡単にその方法はわかりますので、おそらくそうして使っている人も少なくないでしょうが、Amazonもそこには目をつぶってくれているのでしょう。このタブレット自体ではおそらく利益が出ておらず、販売するコンテンツで収益を上げる形になっているのでしょうが、数を捌いてその基盤を広げることを重視しているのでしょう。

ということで、このタブレットでiPadと同じ体験を得ることはできないと思いますが、コストパフォーマンスとしては比べようもないものになっています。多少雑に扱って仮に壊れたとしてもそれほど惜しくない価格設定で、キッズカバーというものもありますし、小さい子供に与えるのにも良いのでしょう。といっても私自身は早くから子供にこういったデバイスに日常的に触れさせることには反対ですが。

iPad

恐ろしいのはこの素晴らしさにもすぐに慣れてしまいそうなこと。

私は現在太平洋上空、成田へ向かう機内にいます。今回は家族を迎えに行くための一時帰国ということなのですが、マイルを使ってアップグレードできたためビジネスクラスを利用しています。しかし、このデルタ航空B747-400のビジネスクラスというのはもうかなり古くなってしまっていて、離陸前には隣の席のリクライニングが正しく動作しなかったり、エアコン吹き出し口のパネルが外れて落ちてきてしまったり、私があてにしていた110V AC電源も生きていなかったり、さらにはフライト中に機内エンターテイメントがろくに動かず何度もリセットさせているようです。搭乗員にはリセットくらいしか手が下せないのでしょうが、これを楽しみにしてきた人などはかなりがっかりしているでしょうね。もうすぐ更新されるようですが、一刻もはやく手を下さないとどんどん客は逃げてしまうのではないでしょうか。しかし、私はもともと機内エンターテイメントは当てにせず、自分で持ち込んだ機材で臨んでいますので全く影響ありません。いつも音楽はiPhoneの自分のライブラリを、映画も観たい時はMacに取り込んで持参していますが、今回はさらに昨日届いたばかりの新iPadがあります。

今回のiPadは名称がiPad 3になるとかiPad HDになるとか言われていたものがただのiPadに落ち着いたわけですが、名前なんて何でもいいとはいってもHDなんて無粋で嫌だなあと思っていたのでちょっとホッとしました。iPhone以外のAppleの他の製品は新しいものが出るたびにいちいち名前が変わったりしませんが、これは高い互換性・連続性を象徴しているようでいいと思うんですよね。今回のiPadの更新でもアプリケーションはそのまま動作するわけですから。

もう一つ、と言うより最も心配だったのは発売日です。かなり前から2月か3月に発表されると言われていたので楽しみに待っていたのですが、3月7日の発表会の招待状が2月末に発送され、多くの場合発表の翌週末が発売日となっており、実際にその通り16日に発売となりました。しかし、私の一時帰国の予定はすでに17日と決まっていて、その前に入手できるかどうかで大きく違ってくるのでやきもきしてしまったというわけです。どうしても先に手に入れておきたかったので、発表当日オンラインストアにアクセスが集中する中、職場から購入してしまいました。しかも受け取りにはサインが必要ということだったので配達先も職場という、公私混同と言われても仕方がない状況だったのですが許してください。

ということで無事に受け取ったiPad、私が購入したのは64GBのWiFi+4Gモデルという最も高いものにしてしまいました。色はちょっと迷った挙句に黒、4Gのキャリアはしばらく迷って職場携帯と同じVerizonです。デトロイト近郊ではAT&TよりもVerizonの方が電波の入りがいいようなのですが、日本で使うことを考えるとAT&Tモデルの方が都合が良いようだったので悩みました。しかし実際には出張などで日本にいる間にわざわざ契約してまで利用しないでしょうし、3年と言われている任期の後で帰国をした時には状況も変わっているかもしれません。そもそもバッテリーの寿命もありますし、3年以上使えるものなのかも怪しいですね。日本ではWiFiのみと割り切ります。

さて、今回の更新の目玉はなんといってもRetina Displayです。これまでのiPad、iPad 2に対して画素数が縦横2倍、2048×1536というとんでもないものになりました。解像度は264dpiということでiPhoneの326dpiよりは低いものの、目からの距離が1.5倍になるからこれでもRetina Displayなのだという説明はちょっと苦しいというか、蛇足ではないかという気もしましたが、実際にこの目で見てみるとピクセルなんて全く見えません。文字は輪郭がくっきりしていて非常に読みやすくなっていますし、1ピクセル幅の線なんて髪の毛よりも細いのではないかという感じです。写真を見ても非常に鮮やかで美しく表示されますし、目の疲れも少ないのではないでしょうか。メディアの論評では「解像度が上がるなどの小変更のみでアップルの革新にも陰りが」などと言われていましたが、とんでもない、これだけでも価値がありますし、これだけではありません。

もうひとつの目玉はLTEです。Long Term Evolutionの略で、どうしてこんな抽象的な名前なのかなと思っているのですが、以前は3.9Gと言われていた規格が4Gに格上げされたものです。データ通信速度が飛躍的に向上し、WiFiと遜色ないスピードが出るというものですが、実際に非常に高速で全くストレスを感じません。アプリのダウンロード時間で見てもWiFiと同等以上ではないかと感じます。このLTEは日本では利用できないので私はアメリカ在住の恩恵を受けられるわけですが、アメリカではAT&TもVerizonも通信量無制限のプランが無いので、一月でどの程度のデータ通信を行うのかがわからない今はそれが非常に心配です。私はとりあえず2GB/月まで$30というプランにしましたが、果たしてこれがちょうどいいのでしょうか。

他にも更新されたものはいくつもありますが、背面カメラがiPhone 4同等のものになったのが私にはちょっと嬉しいポイントです。今となってはiPhone 3GSのカメラでは見るに耐えない時が度々ありますからね。今のところInstagramにはiPad版がないのでiPhone版で我慢していますが、近いうちに登場することを切に願います。これまでiPadで写真を撮っている人は滅多に見ることがありませんでしたが、iPad 2のカメラは今ひとつだったようですからね。それも今回の性能アップで状況が変わるかもしれません。

ということで大満足な私ですが、なにしろAppleの製品はいつ更新されるか大体の予想しかできず、さらに更新のたびに魅力的なアップデートが盛り込まれるため、購入直後に更新されると自分のものが見劣りしてしまうというのが問題で、また更新が近いからといって値下がりすることも無いので、発売直後に購入するというのが一番幸せになれます。私は今使っているMacBook Proを購入した時にうすうす分かってはいても待てなかったために少々悔しい思いをしましたので、今度こそはと我慢し続けていた甲斐がありました。