Archives

IIJサービス利用に関するお願い

IIJまさか自分が該当するとは。

昨日、私が利用しているインターネットプロバイダのIIJから、「貴殿あてに、本年7月18日付けで、下記のとおりの内容を書面にて通知しておりますのでご確認ください。」という一文で始まる「IIJサービス利用に関するお願い」というメールが届きました。まだ書面は届いていませんが、メールにも本文がそのまま記載されているようなので、一体何が起こっているのかということはわかります。

曰く、「貴殿の送出するトラヒック量が平均的なデータ転送量を著しく上回っていることにより、複数のお客様で共有されるネットワーク設備および通信帯域を専有してしまう状況が発生しております。」とのことで、要するに通信料が異常に多いからなんとかしろ、ということなのですが、それでは一体どれだけ使っているのかというのは「別紙」として以下のような表が記載されています。

| 07/11| 07/12| 07/13| 07/14| 07/15| 07/16| 07/17| Total(GB)
------------------------------------------------------------
|    0 |    0 |    1 |   25 |  128 |   43 |  182 |    382

なんと、5日前までは1日1GB程度までだったものが一気に25GBに増えたかと思うと17日には382GBもの通信量になってしまっていたというわけです。さすがに私もこれには驚きましたが、そんなに何に使っていたのかといっても動画を共有していたとか、何かいかがわしいことをしていたというわけでは決してありません。

ではなぜかというと、先日、Google Backup and Syncが公開されたというので早速インストールしてみたのですが、この設定が以前のバージョンから完全に引き継がれておらず、これまでに撮ったすべての写真がRAWファイルも含めてそのままのサイズでアップロードされてしまっていたのでした。実際にアップロードされたファイルのサイズは全体でも100GB程度のはずですが、通信としてはいろいろなオーバーヘッドがあってこのようなサイズになってしまうのでしょう。まあいずれにしてもIIJが目安としているらしい1日15GB以下というラインを超えてしまっているのは事実のようなので、慌ててバックアップを止め、もう厄介なのでアンインストールしてしまいました。

メールの文面では「お客様」ではなく「貴殿」となっているなど、言葉遣いは丁寧ながら厳しい調子で、「お願い」と言いながらも明らかな「警告」です。もちろん私にまったく悪気はありませんが、自分の過失であることは間違いないので、もうただ謝るしかありません。さすがにバックアップを止めていればせいぜい1日数GB程度までには収まるでしょうから、なんとか許していただきたいところです。この時代、ネット接続が止められてしまうとかなり厳しいものがあります。

Leave a Reply

 

 

 

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。