「gerald butler」タグアーカイブ

Angel Has Fallen

命の扱いが軽すぎます。
👼🏻

今日観てきた映画「エンド・オブ・ステイツ」は「エンド・オブ・ホワイトハウス」「エンド・オブ・キングダム」に続く「エンド・オブ・〜」シリーズ三部作となるものですが、原題では1作めからそれぞれ”Olympus Has Fallen”、”London Has Fallen”、”Angel Has Fallen”のFallenシリーズ、あるいはHas Fallenシリーズとなっています。原題の方は本編中の台詞としても登場するので意味があるのですが、邦題は「エンド・オブ」なんて英語っぽく言っておきながらそもそも作品の内容とは全く違うもので、本当にテキトーで嫌になります。

この作品は劇場で他の作品を観たときの予告で知って観てみようと思ったのですが、つい最近までこれがシリーズものであることを知りませんでした。しかし、今はAmazon Prime Videoという便利なものがあり、おそらく本作の公開に合わせて前2作を無料で観られるようになっていたので、昨日・今日と1作ずつ観て予習することができました。といっても、過去作に関する知識は知らなくてもストーリーに直接関係することはなくまったく問題ありません。ただ、人物の過去を知ることで若干楽しみは増すでしょうし、それぞれそれなりに楽しめるので観られるなら観ておいた方が良いかもしれません。

過去2作ではホワイトハウス、ロンドン市街が壊滅的な損害を被りましたが、今回襲撃を受けるのは大統領が休暇で釣りを楽しんでいるところで、自律的に攻撃するドローン(UAV)の大群が襲いかかります。そこでシークレットサービスのエージェントである主人公Mike Banningは大統領を助け生き残ることになるのですが、彼は大統領暗殺の容疑者となっており、病院のベッドで手錠をかけられた状態で目を覚ますことになるのですが…というところまでは予告で見られるとおりで、その後Mikeはどうにか拘束から逃れ真相を探り逆襲に出るというような話です。

3作を通じてMike Banningを演じるのはGerard Butlerですが、過去2作より本人のアクションはやや減っているかもしれません。一方、今回の大統領はMorgan Freemanが演じるAllan Trumbullで、1作めは下院議長だったTrumbullは2作目で副大統領になり、今回ついに大統領に上り詰めたというわけです。まあ、過去2作でも大統領代理に一時的に昇格して表に出ていましたし、Morgan Freemanが演じているということでも映画の中での存在感は以前から大きかったわけですが。

私自身は本作をそこそこ楽しんで観ることができましたが、ストーリーにはそれほどひねりがあるわけではなく、批評家による評価はあまり芳しいものではないようです。しかし、アメリカ特有というか、大統領周りの特有な事情が描かれているようなところがシークレットサービスを主人公に据えたこのシリーズの面白いところだと思うので、その辺りが楽しめる人には面白いのではないでしょうか。

エンド・オブ・ホワイトハウス(字幕版)
(2013-11-26)
売り上げランキング: 56,857
エンド・オブ・キングダム(字幕版)
(2016-08-24)
売り上げランキング: 128,689

Hunter Killer

「潜水艦映画にハズレなし」だそうです。
⚓

映画の予告編というのは本編が完成する前に本編のカットを利用して作られるようで、本編のストーリーとは全く違うものになっていたりするのであまりあてにならないものです。予告編を作ったあとで脚本が書き換えられるということもあるでしょうし、あえてネタバレにならないようにカットの順序を入れ替えて完全に別物のように作ってしまう場合もあるでしょう。そんなものなので、予告編を見ただけでその映画を観るべきかどうかを判断するのも難しいものです。

今回観た「ハンターキラー 潜航せよ」については予告ではとても面白そうに見えたのですが、その後日本に先行して公開されたアメリカでの興行成績や評価があまり芳しいものではなかったので、本作を劇場で観るのは見送って、Amazon Prime Videoかなにかで後で観ようと思っていました。しかし最近、高校時代の友人が観てきて面白かったとFacebook等に投稿しているのを見てやっぱり観たくなってしまい、公開から1ヶ月ほど立った昨晩、まだレイトショーのみで上映されていたので劇場へ足を運んでみたのでした。

その結果、心地よい緊張感が持続する、とても面白い映画でした。そんなにうまくいくものか、と思うような場面もありますが、そこはお話として単純に楽しんでおきましょう。あらすじとしてはクーデターで海軍基地内に監禁されたロシア大統領を、アメリカの潜水艦とNavy SEALsの特殊部隊が救出する、という荒唐無稽とも言えるものですが、娯楽映画というのはそういうものでしょう。

Rotten TomatoesTomatometerは36%ながらAudience Scoreは71%ということなので、専門家受けは良くないけれど一般には楽しめる、ということなのではないでしょうか。批評を見てみると「これまでの潜水艦映画ですでに描かれたものと同じで新しさがない」というのが低評価の理由のようなので、沢山の潜水艦映画を観てきたという人以外には当てはまらない評価と言えそうです。

映画そのものから外れてちょっと面白かったのは、ロシア人同士がロシア語で会話している設定の場面では、ロシア訛りっぽい英語で表現されていたことです。007シリーズなどでちょっとした会話だけのときは実際のロシア語の音声に英語字幕が付けられていることが多く、またほとんどの会話が外国語という設定の場合にはすべて英語に置き換えられているのではないかと思いますが、本作では比較的会話が多く物語にも直接関わっている一方、アメリカとロシアを区別する必要もあったためかもしれません。ただ、これを日本に当てはめたとき、日本人の訛りっぽい英語を他国の俳優が喋っていたとしたら、あまり良い感じはしませんね。

なお、本作ではロシアの潜水艦艦長をMikael Nyqvistが演じていますが、撮影後に公開までの間に亡くなってしまったらしく遺作となっており、本作はMikaelと、同じく亡くなったらしいプロデューサーの一人、John Thompsonに捧げられています。