Archives

The Nutcracker and the Four Realms

Mackenzieが可愛いだけで私の目的は果たされていますが…

この11月に入ってからのワタシ的期待作ラッシュの4作目となる映画はディズニー作品「くるみ割り人形と秘密の王国」です。いい年してディズニーのお姫様映画というのも何ですが、それにはちょっとした訳があります。と言っても全く大したことはないのですが、主人公のClaraを演じるMackenzie Foyです。

18歳になったばかりのMackenzieですが、ハリウッドデビューとなったのは私も好きで観ていたトワイライト・サーガの最終章で主人公BellaとEdwardの間に生まれるRenesmeeで、これを演じていたのは6年前の12歳のときということになります。原作でも非常に美しいということになっていたので、一体どんな子役が演じるのかと思っていたらMackenzieだったというわけで、実はそれ以来ちょっと気にしていたのですが、本作ではいよいよMackenzieが主演ということだったので見逃すわけには行かなかったということです。

しかし、Rotten TomatoesのTomatometerは34%、Audience Scoreも37%という有様なのでやめておけば良かったのかもしれませんが、腐ってもディズニーだからと思っていたのに本作にはちょっと失望しました。せっかくの主演作なので応援したいのですが、残念ながら完全な失敗作となってしまっているようで、興行収入だけでは製作費の回収も危うい状況のようです。何が一体ダメなのかと言うと、いろいろ中途半端で退屈な作品になってしまっているのです。脚本の問題なのでしょうか。

タイトルで分かる通りこの作品はチャイコフスキーの有名なバレエ作品「くるみ割り人形」をベースにしてはいますが、設定のごく一部を流用しているだけでストーリーは大きく異なるようです。ただ、劇中にバレエのシーンを取り込んだり、チャイコフスキーの音楽を取り入れたりしてかなり意識して関連を持たせようとしているような感じがありました。ただ、それもなんだか中途半端で徹底されていないのが残念なのです。

天下のディズニーの王道的作品でもこういう事があるのだなと意外でしたが、黒歴史として闇に葬られるようなことがないことを祈ります。

Begin Again

自分にも楽器の一つでもできたら。

今年の盆休みは前半にちょっとした旅行に行っていたということもあり、その後は自宅からあまり出かけずにおとなしく過ごしているのですが、Amazon Prime Videoで立て続けに何本もの映画を観ています。連休前に「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」を観たので、これまでのシリーズ1作目から5作目までを続けて観たり、これまでに観たことのある映画を振り返ってみたりもしているのですが、1作目の「ミッション:インポッシブル」がさすがに20年以上前の作品なのでTom Cruiseもかなり若くて驚いたり、内容もほとんど覚えていないので結構楽しめます。

また、Amazon Prime Videoは基本的に無料なので、ちょっとでも関心を持った作品をつまみ食い的に観てみて、好みでなかったら途中でやめてしまうということも気兼ねなくできてしまうので、映画の楽しみ方もだいぶ変わるような気がします。新作のプロモーションのために関連作品が加わったり、プライム会員特典で無料で観られる作品は結構入れ替わるので、映画そのものが嫌いにならない限り見飽きてしまうというようなこともないでしょう。

ということで、今回観たのは「はじまりのうた」という2013年の作品(日本公開は2015年)で、ニューヨークの街で落ち目の音楽プロデューサーと失恋の痛手で故郷へ帰ろうとするシンガーソングライターとが出会い、自分たちのアルバムを作り上げるまでを描いた物語です。

はじまりのうた BEGIN AGAIN(字幕版)

posted with amazlet at 18.08.19

(2016-02-10)売り上げランキング: 6,537

Amazon.co.jpで詳細を見る

本作では主人公のシンガーソングライターGretta JamesをKeira Knightley、プロデューサーDan MulliganをMark Ruffaloがとてもいい感じで演じていて、この二人のおかげで落ち着いた作品になっているのではないかと思います。また、話題性があるのはMaroon 5のボーカリスト・ギタリストであるAdam LevineがGrettaの元恋人Dave Kohl役で映画初出演しているということでしょう。演技は若干素人っぽいところがないでもありませんでしたが、歌う場面はさすがです。なお、この作品で象徴的な役目を担って歌われているLost StarsはMaroon 5のアルバム「V」のデラックス盤にボーナストラックとして収録されていました。

この作品の監督John CarneyももともとロックバンドThe Framesでベーシストをやっていたということらしく、音楽をテーマにした作品を多く手がけているようです。本作でも音楽に対する愛情はひしひしと伝わってくるものがありました。また、舞台となっているニューヨークの街角の風景をとても格好良く切り取って映像にしていましたが、監督自身はアイルランド出身ということなので、ダブリンを舞台にした「ONCE ダブリンの街角で」ではどのように描かれているのか興味が湧いてきました。この作品も現在Prime Videoの対象となっているので、今のうちに観ておきたいと思います。

ONCE ダブリンの街角で (字幕版)

posted with amazlet at 18.08.19

(2013-11-26)売り上げランキング: 39,302

Amazon.co.jpで詳細を見る