Archives

The Nutcracker and the Four Realms

Mackenzieが可愛いだけで私の目的は果たされていますが…
The Nutcracker and the Four Realms

この11月に入ってからのワタシ的期待作ラッシュの4作目となる映画はディズニー作品「くるみ割り人形と秘密の王国」です。いい年してディズニーのお姫様映画というのも何ですが、それにはちょっとした訳があります。と言っても全く大したことはないのですが、主人公のClaraを演じるMackenzie Foyです。

18歳になったばかりのMackenzieですが、ハリウッドデビューとなったのは私も好きで観ていたトワイライト・サーガの最終章で主人公BellaEdwardの間に生まれるRenesmeeで、これを演じていたのは6年前の12歳のときということになります。原作でも非常に美しいということになっていたので、一体どんな子役が演じるのかと思っていたらMackenzieだったというわけで、実はそれ以来ちょっと気にしていたのですが、本作ではいよいよMackenzieが主演ということだったので見逃すわけには行かなかったということです。

しかし、Rotten TomatoesTomatometerは34%、Audience Scoreも37%という有様なのでやめておけば良かったのかもしれませんが、腐ってもディズニーだからと思っていたのに本作にはちょっと失望しました。せっかくの主演作なので応援したいのですが、残念ながら完全な失敗作となってしまっているようで、興行収入だけでは製作費の回収も危うい状況のようです。何が一体ダメなのかと言うと、いろいろ中途半端で退屈な作品になってしまっているのです。脚本の問題なのでしょうか。

タイトルで分かる通りこの作品はチャイコフスキーの有名なバレエ作品「くるみ割り人形」をベースにしてはいますが、設定のごく一部を流用しているだけでストーリーは大きく異なるようです。ただ、劇中にバレエのシーンを取り込んだり、チャイコフスキーの音楽を取り入れたりしてかなり意識して関連を持たせようとしているような感じがありました。ただ、それもなんだか中途半端で徹底されていないのが残念なのです。

天下のディズニーの王道的作品でもこういう事があるのだなと意外でしたが、黒歴史として闇に葬られるようなことがないことを祈ります。

Leave a Reply

 

 

 

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。