Archives

Fantastic Beasts: The Crimes of Grindelwald

純粋な娯楽作品だと思えば…
Grindelwald

「ハリー・ポッター」シリーズの世界観を拡張して成功を収めた「ファンタスティック・ビースト」シリーズの第2作「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」が、前作「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」からちょうど2年ぶりに公開されました。スタジオも満を持した大作ということでテレビなどでの露出も力が入っていますが、前作が期待以上に楽しめたので今回も大いに期待して観に行きました。

主役は引き続きEddie Redmayne演じるNewt Scamanderです。Eddieはとても素晴らしい俳優だと思うのですが、もう3年近くも前に観た「HICK ルリ13歳の旅」で見せた狂気が本当に恐ろしくて、未だにその影がちらついてしまいます。役のイメージが付いてしまうことを嫌ってヒット作の続編に出演したがらない俳優もいるということですが、それはこういうこともあってなのかもしれません。また本作では若き頃のAlbus Dumbledoreが登場しますが、これをJude Lawがダンディーに演じており、敵役は黒い魔法使いと呼ばれるGellert Grindelwaldで、これを演じるのはJohnny Deppです。

BuzzFeedでは酷評(日本語訳)していますが、そういうメディアなのだとしてもそこまでボロクソに言わなくてもいいのではないかと思うものの、Rotten TomatoesTomatometerも40%と評論家の評価は芳しくないようです。BuzzFeedでその大きな原因としているのがGrindelwaldのキャスティングですが、私はそこまで問題があるとは思いませんでした。確かに大げさでわざとらしい感じはありますが、それはJohnnyならではのものでもあると思うので、Johnnyを配置した時点で決まっていたことではないでしょうか。

しかし、私自身もこの作品を観て、面白かったかと聞かれるとなかなか微妙です。つまらなかったというわけではないのですが、ファンを喜ばせようというサービス精神が見えすぎて、それはBuzzFeedと同意見ということになります。その結果、抑揚がなくダラダラとした感じになってしまっているのではないでしょうか。全編に渡って盛り上がり続けるジェットコースタームービーというものもありますが、そこまで盛り上がるわけでもないのです。とはいえ、ハリー・ポッターシリーズのファンであればそこかしこに小ネタが仕込んであったりするので、それなりには楽しめるのではないでしょうか。

なおGrindelwaldといえばスイスのBerner Oberlandにある有名な観光地で私も子供の頃に行ったことがありますが、大変美しいところです。この地名と魔法使いの名前を重ねてしまう人はあまりいないと思いますが、風評被害のようなことがないといいのですが…まあ関係ありませんね。

Leave a Reply

 

 

 

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。