映像研には手を出すな!

かなりマニアックでよい。
📺

ここでも何度も書いたことがあると思いますが、以前から私はテレビの放送をほとんど見ず、独身時代にテレビを購入してももっぱらケーブルテレビでMTVばかりを見て(聞いて)いたり、ビデオを借りてきて映画を観るだけだったのですが、最近はテレビの録画機能を使って見ている番組がいくつかあります。その一つは「ブラタモリ」で、旅行とうんちくが好きな私にはもってこいな番組なのですが、あの喋りのペースがどうしても眠気を誘うので見ているのが結構辛いためか、実はここ1年ほどほとんど見ておらずハードディスクを圧迫してしまっている状態なのでいい加減整理しなければなりません。

そしてもう一つというのが今年1月からNHKで放映中のアニメ「映像研には手を出すな!」で、一部方面で話題となっているものです。この作品は大童澄瞳氏のコミックを原作とするものですが、実は4月から実写ドラマ化、そして5月には実写映画化されて公開されることになっています。どうしてこんなに畳み込むように売り込んできているのか分かりませんが、少なくともアニメは非常に良いです。

アニメを作るのが夢だった主人公らが高校に入学し、3人で「映像研」を立ち上げてアニメを制作していく、という話なのですが、少女が主役のアニメにありがちな「萌え」要素は一切なく、設定に関する図解や映像制作に関するこだわりがたっぷり散りばめられた非常に濃い作品になっています。アニメの中でアニメを作る、という一種の入れ子構造になっているのですが、それによる複雑さのようなものは特にありません。ただ、いつの間にか主人公浅草氏の空想の世界に入り込んでいて、その境界が曖昧になっているというのは副作用的なもので良い効果かもしれません。

これが実写版では乃木坂46のメンバーが主演になるということでどうなるのか非常に不安ですが、はたしてどうなるでしょうか。カリスマ読モの水崎氏はあまり問題にならないでしょうが、金に執着する金森氏、そしてべらんめえ口調の浅草氏をイメージを崩さずに演じきれるのか、なかなかハードルが高いのではないかと思います。それ以外にはアニメに関するイメージの部分がどのように表現されるのか、あくまでアニメとして描かれるのか実写のイメージとして表されるのか、ある意味興味深いところでもあります。

しかし「ブラタモリ」といい「映像研〜」といい、私の大嫌いなNHKばかりを見ることになってしまったのはどういうことでしょうか。確かにスポンサーの意向に囚われずに番組作りができるというのは受信料で成り立っているNHKだからこそなので、こういう良質な番組を作ってくれるなら受信料も快く支払うのですけどね。ただ、衛星放送は家族の誰も一切見ないのに、マンションにアンテナが付いているからというだけで強制的に衛星契約させられ、しかも私が不在の間に妻を騙すように契約させて解約を認めないというのには未だに憤りが冷めず、相変わらずNHKは大嫌いなのです。

映像研には手を出すな!(1) (ビッグコミックス)
小学館 (2017-01-27)
売り上げランキング: 361
映像研には手を出すな!(2) (ビッグコミックス)
小学館 (2017-09-22)
売り上げランキング: 445
映像研には手を出すな!(3) (ビッグコミックス)
小学館 (2018-06-22)
売り上げランキング: 375
映像研には手を出すな!(4) (ビッグコミックス)
小学館 (2019-05-10)
売り上げランキング: 412
映像研には手を出すな!(5) (ビッグコミックス)
小学館 (2020-01-30)
売り上げランキング: 318

NHK時計 Yahoo! Widgets版

NHK時計ウィジェット職員の不祥事などが原因とされる受信料の不払いが大きな問題となっていたさなかの昨年10月、突然始まったNHKラボブログなるものがあります。ラボといってもNHK放送技術研究所とは直接関係がないようで、このブログではこれまでにNHKニュースのヘッドラインや放送中の番組を表示するYahoo! WidgetsGoogle Gadgetウィジェット類と、NHKの時報で使われていたものを模した時計のブログツールやウィジェット類が公開されてきました。この「NHK時計」のデスクトップ用ウィジェットはこれまでにWindows VistaのSidebar Gadget、Mac OS XのDashboard Widgetのものが公開されていたのですが、今回ようやくYahoo! Widget用のものが公開され、まだまだWindows XPで使用している私のPCでも動作させることができるようになりましたので、早速ダウンロードしてみることにしました。

しかしここでまず気になってしまうのが、ダウンロードするためには氏名とメールアドレスの入力が必要であるということです。

ご利用時に入力していただいた個人情報(お名前、メールアドレス)は、NHKウィジェットに関してご連絡する場合以外には使用しません。

とのことなのですが、こちらにとっては特に連絡など必要とは思えませんし、またこちらが嬉しいような連絡もおそらく来ないでしょう。これにはかなり抵抗を感じ「それならいいや」とやめようかとも思いましたが、今さら氏名やメールアドレスくらいプライバシーでもないだろうと思い直し、結局入力してしまいました。

ダウンロードできるのは「青版」と「木目調版」の2種類に分かれているのですが、そんなものはウィジェットのメニューで切り替えられるようにしておけばいいだけなので、ちょっと無駄なような気がします。また時針や分針の動きが分単位でカクカクと動くデジタルなものになっていて、実際に時報で使われていた時計のものとは異なるらしいというのも残念なところです。実はYahoo! Widgetsのウィジェットは簡単にソースに変換できるので、そんなものはちょっとソースを書き換えるだけで直せてしまうものなのですが、それは「ご提供条件」で

著作権法で許された範囲内で複製する場合でも、改変するなど手を加えてはいけません。

と禁じられているようです。まあ自分のPCで使うだけなら実際に問題にされることもないだろうとは思いますが、さすがにどこかで公開するようなことはできませんね。

ソースの方を覗いてみるとかなり単純な作りのものですが、機能的にはただの時計なのでそんな凝ったことができるものでもなく、これはまあ画像ファイルの方に価値があるということなのでしょう。上に書いたような内容の改良はやってもらいたいものですが、今後メンテしていくようなつもりはあるのでしょうか。そもそもこのウィジェットの開発が何のために行われているのかどうも理解できませんが、受信料を使って作っているものなのですから、作るのであれば番組同様真剣に作ってもらいたいものです。

ちなみにこの記事を投稿すると勝手にTrackback Pingが飛んでいってしまうのだと思いますが、

トラックバックは事前に確認した後に公開させていただきます。また、掲載が不適当と判断したものは掲載しません。

というのはあまり気持ちのいいものではありませんね。やはりこの記事などは掲載されないのでしょうか。まあ私はそれでも構いませんが…普段NHKの番組など一切見ない私が支払った受信料をせいぜい有効に使っていただきたいものだと思います。