「summer」タグアーカイブ

日傘

ローテクでも有効です。
☂️

COVID-19の影響で外出が減ったことで「コロナ太り」をしてしまったという人も少なくないようですが、平常時は会社まで徒歩で通勤していた私も在宅勤務中心になったことでその危険性は大いにありました。しかし、在宅勤務を始めたのとほぼ同時に終業後の散歩というかウォーキングを習慣化したので、出社時と同じ程度の歩数を歩くことができており、体重の増加もなんとか抑えることができています。

ただ、この夏の間の炎天下はただ歩くのも危険で、夕方とはいえまだ日が照っている時間帯はなるべく日陰が多くなるようなコースを選んで歩いていました。ここで最近になってようやく気づいたのですが、日差しがきついなら日傘を差せば楽になるのではないか、ということで早速買ってみることにしました。

私の妻も以前から外を歩くときには日傘を常用していてそれを見ていたのですが、これは日焼けをしたくないからだろうと思いこんでいたのでした。しかし、日陰に入れば楽になるのだから、日傘でも同じような効果は得られるはずで、それはまさしく事実でした。実際に強い日差しの日に日傘を差してみると、遥かに楽になります。

ただ、どうしてもなれないせいか人目を気にしてしまう自分がいます。しかし、もともと日本には男性が日傘を差す文化があったものの、江戸時代や太平洋戦争中に贅沢として禁じられてしまったという経緯があるようです。この辺はあまり確かな出典元がないのですが、男性が日傘を差すことがおかしいということは特にないはずで、仮に今までおかしいものとされていたとしてもこれだけ気候が変化しているのだから習慣の方を変えてもいいはずです。

また、私は晴雨兼用の日傘を購入したのですが、これは日傘として使用するときに雨傘とは違う物理的な問題が一つあるということに気づきました。それは風の強い日のことで、雨傘の場合は雨も風に乗って降り掛かってくるので傘を風上に向ければ良いのですが、日傘の場合はあくまで太陽の方に向けなければならず、傘の内側に風が当たるような方向になってしまうことがあり、傘の構造的に強くないため反対側に反ってしまうことがあるのです。晴天時専用の日傘であれば風を逃がすような構造にできるはずなので、兼用というのは良いことばかりではなかったようです。

とはいえ、それ以外には特段の問題はなく、非常に軽量コンパクトで私がこれまで持ち歩いていた折りたたみ傘より小さく軽いので、小さなかばんにも収まり荷物になりません。普段から持ち歩くことができないと使う機会もなくなってしまいますから、これは重要なポイントですね。またいざというときには雨傘として使えるというのも良いですが、さすがに雨傘としては小さいのでゲリラ豪雨には耐えられそうになく、あくまで一時しのぎですね。

姫路市、庁舎のエアコン設定温度を25度に

暑さにも個人差があることを理解してほしい。
🥵

私は現在、白鷺城で有名な兵庫県西部の中核市である姫路市に住んでいるのですが、もともと東京とその近郊で育った私が姫路に来てから今年でなんと25年になりました。いつの間にか人生の半分以上をこちらで過ごしているので、すでに東京に帰省したときも姫路に戻ってきたときの方が落ち着くようになって久しいです。

その姫路市が先日、市役所本庁舎の冷房時の室内温度を25度にすると発表したと報じられました。快適に仕事ができる環境にして作業効率を上げ、残業時間を短縮することで結果的に省エネ、経費節減になると説明しているようです。現在の姫路市長である清元氏は今年の統一地方選挙で当選して1期目ですが、医師でもあるため専門的な見解を持っているのかもしれません。

25度というのは寒いという人もいるのでは、という声もあるようですが、その程度の寒さなら上着を着るなりひざ掛けをするなりできるでしょう。それができないという人は気温が25度以下のときはどうしていたのでしょうか。人並み以上に暑さに弱い私は職場のエアコンは26度に設定するようにしていて、同僚には寒いという人もいるのですが耳を貸さないようにしています。上着やひざ掛けは許されているのに対し、作業着を脱いでシャツ1枚になることは禁じられているのですから、暑い側に合わせてもらわないとどうしようもないでしょう。もちろん机の上に扇風機は置いていて在席時は常に風に当たるようにしていますが、それでなんとかという状況です。事務所衛生基準規則では下記のように室温が28度を超えないことと定めていますが、これは設定温度ではなく実際の室温のことであることを理解すべきでしょう。

事業者は、空気調和設備を設けている場合は、室の気温が十七度以上二十八度以下及び相対湿度が四十パーセント以上七十パーセント以下になるように努めなければならない。

なお、瀬戸内海に面した姫路市は他の三方を山に囲まれているせいか気候的には盆地のような特徴も持っており、夏の最高気温は38度ほどになる一方、真冬は氷点下まで下がるという寒暖の差が大きいところです。しかしそれ以上に私がこちらへ来て驚いたのは、夏は朝から暑いということです。関東地方では天気の良い日の朝は放射冷却で涼しくなるものですが、姫路では最低気温が25度を下回らない熱帯夜が当たり前で、ここ数年覚えている限りでは熱帯夜でない日のほうが数えるほどです。まあ、全国的に熱帯夜は増える傾向にあるようなので、これはこの近辺に限ったことではないのかもしれません。

そんなところなので、夏場のエアコンはどう考えても必要、ということで市内の小中学校にも現在ようやく配備されるようになってきたのですが、まだ整備されていない学校があるため不平等、という訳のわからない理由でまだスイッチを入れることが許されていないそうです。児童生徒はともかく、現場の先生方の労働環境をないがしろにしたこの屁理屈はなんとかならないのでしょうか。また驚くことに、上記の通り冬場の寒さも厳しいところなのに、教室には暖房も一切備えられておらず、子どもたちも上着を着込んで震えながら授業を受けているのです。この話を地元の知人らにすると「自分たちのときもそうだったから」と言うのですが、そんなことではいつまで経っても改善されません。そんなことで良いとは思えないのですけどね。