ミンティア ドライハード

ミンティア ドライハード大きさ7倍で価格4倍はお得!?

アメリカに来てから小さいことで意外な驚きというのは色々あるものですが、そのうちの一つが当然あるだろうと思い込んでいたFriskがないということでした。その同等品というのもまったく売られておらず、どうもあの小さな粒をチマチマ口に含むというのが一般的なアメリカ人の気性には合わないのだろうと推測されますが、ミンティア中毒を患っている私には辛いものです。仕方がないので帰国したり誰かが来る度に30個ほどまとめ買いしていますが、今回も義妹が日本から来るときにお願いしようと思って通販サイトなどを見ていたところ、「ミンティア ドライハード」なるものが出ていることを知り、早速これも買ってきてもらうことにしました。

既に発売から9ヶ月ほど経ってしまっているので日本にいる人には今さらかもしれませんが、「ミンティア史上最強レベルの辛さ!“眠気スッキリ”」と謳われているためその覚醒作用に期待しつつ、実物を見るとまず改めてその大きさに驚きました。パッケージも非常に大きく、私の知っているミンティアのイメージとはだいぶ異なるものでした。開封してみてもそのタブレットの大きさに再び驚きますが、まるで子供の頃によく食べた懐かしの「ヨーグレット」のようです。「従来品の7倍サイズ」ということで、存在感のある大きさになっています。

口に入れてみると強い刺激と爽快感が広がりますが、表面積が大きいのが「即効性」として現れているようで、その分解けてしまうのも速いので口の中に残っている時間は従来品の3倍程度の感覚でしょうか。さすがに一粒一粒の満足度が高いので、従来のミンティアのように次々食べてしまうということはありません。難を言えば従来品が物足りなく感じてしまうことくらいでしょうか。

価格は従来品というか通常のミンティア4ケース分に当たる400円までで、安いところでは300円程度で購入できるようですが、通常品ほどの手軽さはないものの一粒で高い効果を望みたいとき、例えば眠気に耐えなければいけない場合やすっきりリフレッシュしたい場合には良いのではないでしょうか。今回はとりあえず4個買ってきてもらったのですが、今度一時帰国するときにはもっとまとめて買ってこようかと思っています。もうこのメガハードがあれば通常のドライハードは要らないかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください