「abba」タグアーカイブ

Mamma Mia! Here We Go Again

大した話ではないのに最後まで観てしまいました。
🎶

映画「マンマ・ミーア!」を観てからしばらくの間ABBAの音楽をよく聞いていた頃から、いつの間にか10年の歳月が流れてしまい驚くばかりですが、その10年ぶりの続編「マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー」が公開されたのは昨年夏のことでした。最初はこの作品も劇場に見に行くつもりだったのですが、他の作品との優先順位かタイミングを逃してしまいました。本ブログをさかのぼってみるとどうやら「カメラを止めるな!」が地元にやってきたり、「アントマン&ワスプ」が公開されたりといった時期だったようです。結局そのまま忘れてしまっていたのですが、このゴールデンウィークにAmazon Prime Videoを見てみると本作がプライム会員特典の対象になっていたため、連休後半に自宅でのんびりしているときに観てみることにしました。

マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー (字幕版)
(2018-10-24)
売り上げランキング: 5,815

本作では前作に引き続きAmanda Seyfried演じるSophieが主人公ですが、25歳の役に対してAmanda自身は撮影当時すでに30歳を過ぎており、若干年齢が隠せないようなところがありました。また、Sophieの1年前に亡くなった設定の母親であるDonnaはMeryl Streep、さらにその母親RubyはCherがそれぞれ演じていますが、この2人の女優の実年齢差はわずか3歳しかなく、さすがに無理があって私も一瞬混乱してしまいました。

また、現代の話と並行してDonnaが大学を卒業してから島にやってくるまでの20数年前の話も描かれます。ここで若き日のDonnaを演じているのはLily Jamesですが、快活な役柄もあって非常に魅力的な女性に見えます。ただし、短期間に3人の男性と立て続けに恋に落ち、結局誰が娘の父親かわからないというのはいただけませんね。まあそれは設定上の必然なのですが。

なお、今作でもSophieの3人の父親候補としてPierce BrosnanColin FirthStellan Skarsgårdが引き続き登場しますが、前作で私が苦言を呈してしまったPierceが歌うシーンは今回は目立たず、ちょっと声が弱かった程度で大きな問題は感じられませんでした。今回は彼らの若い頃を別の若い俳優陣が演じていることもあり、登場シーンとしてもあまり多くはないからかもしれません。

ところで、本作の副題「ヒア・ウィー・ゴー」とはどういう意味で言っているのかよく分からなかったのですが、原題では”Here We Go Again”となっており、ここでagainを省略してしまうとちょっと意味が変わってしまって伝わらないのでした。どうしてこう中途半端なことをするのかと、また邦題に文句をつけてしまいたくなりますが、これはこれでなにか考えがあってやっていることなのでしょうね。私もそう思わないと納得できません。

Mamma Mia!

Mamma Mia!改めてABBAの凄さを知る

北欧のスウェーデンという国は人口が900万人ほどでしかないにも関わらず存在感のある国で、産業面では今は米ビッグ3傘下には入ってしまったもののVolvoSAABという自動車ブランド、携帯電話で有名なEricsson、最近話題になったところではIKEAH&Mなどがよく知られています。

また音楽の輸出国としても傑出していて、RoxetteAce of BaseThe Cardigans、最近ではRobynChristian Falkといった私の好きなミュージシャンを何組も輩出しているところです。しかし、スウェーデン出身のミュージシャンといえば何と言ってもABBAを抜きには語れないでしょう。1970年代に世界を席巻した4人組を知らない人はそうそういないのではないでしょうか。今月の映画の日はそのABBAの楽曲を存分に楽しめる映画「マンマ・ミーア!」を観てきました。

Mamma Mia! [The Movie Soundtrack]
Alto Sax:Perra Moraeus
Decca (2008/07/08)
ISBN/ASIN:B0019FOC5E

この作品は既存のヒット曲を並べて構成されたジュークボックス・ミュージカルと呼ばれる形の舞台ミュージカルを映画化したもので、舞台版同様劇中の楽曲は全てABBAの代表的なヒット曲ばかりです。全部で24曲が歌われているそうですが、そのほぼ全てが特にファンだというわけでもない私の知っている曲だったというのもすごいことです。たださすがにそんなヒット曲を並べて作られたものなのでストーリーに若干無理があるのも仕方のないことで、それを批判するというの野暮なものではないでしょうか。実に単純な筋書きですが、それを気にしているようではこの映画を楽しむことはできないでしょう。

それにしても驚かされるのが主演のMeryl Streepの歌唱力の素晴らしさです。豊かな声量と確かな音階、広い音域は本職の歌手顔負けで、舞台の経験で培われたものが活きているのでしょう。また、Meryl演じるDonnaの娘、準主役Sophie役のAmanda Seyfriedもそれに劣らぬなかなかの歌声で、特にエンドロールの最後で流れるAmandaのソロ、Thank You for the Musicはかなり聴かせてくれるものです。

しかし問題なのが男性陣では一番目立っていた先代James BondことPierce Brosnanです。ミュージカルの場合は演技力もさることながら歌唱力というのがかなり必要とされるのではないかと思うものですが、Pierceの歌は聴いていて思わず苦笑してしまうレベルです。これは本人も「受けなければ良かった」などと思っているのではないかと感じてしまうほどです。他の人はそれなりに歌えているだけに、彼だけが際だってしまって可哀想なくらいでした。

まあそれはともかく、この映画は欧米では大ヒットを記録していて、特にイギリスでは「タイタニック」の記録を塗り替えて歴代1位の動員だということのようですが、日本ではちょっと難しいのではないでしょうか。私が観に行ったのはレイトショーながら公開直後の週末の映画の日ということでそれなりに観客が入っていましたが、あくまで洋楽ということになってしまうABBAの人気具合とミュージカルへの親しみ度合いというのが違います。またそれよりも大きな問題として、「映画は静かに黙って見るもの」という日本人の鑑賞スタイルがあります。この映画は歌に合わせて手拍子を打ち、キャストと一緒に歌うくらいの方がより楽しめるのではないかと思うのです。私も思わず足でリズムを取ってしまっていましたが、やはりシーンと観ている周囲に気兼ねして動いたり音を立てたりしないよう気を使ってしまいます。かといってそんなことを気にしないで済むからと自宅のテレビで観るよりも、大スクリーンと大音量でこそ楽しめるという面もあり、なかなか難しいものです。

またこの作品の舞台となっているのはギリシアのとあるリゾートアイランド、ということで真っ青な美しい海と強い日差しに映える白い建物がとても綺麗で魅力的です。私もそんなところで青春の一幕を過ごせたらどんなに素晴らしかったろうなどと思ってしまったりもしましたが、熟年の頃に訪れてもそれはそれで楽しそうなのでまだチャンスはあるかもしれません。

ということで私はそれなりに楽しむことができたこの作品も日本では賛否両論のようなのですが、この作品を楽しめるかどうかはABBAへの親しみ度合いにもかかっているのかもしれません。ABBAは私が小学生のうちに活動停止してしまっているので、自分から聴いていたということはないものの、両親が聴いていたものが自然と染み込んでいたようです。また90年代にはA☆TeensというABBAをカバーしたグループがヒットしましたし、ABBAのベスト盤「GOLD」もヒットしたりしていましたので、それは私も聴いていました。

アバ・ゴールド
アーティスト:アバ
UNIVERSAL INTERNATIONAL(P)(M) (2008/12/29)
ISBN/ASIN:B000CBNZOU

映画を観て以来すっかりABBAがヘビーローテションとなっていますが、サントラにはThank You for the Musicが収録されていないのが残念でなりません。あのAmandaの歌声はかなり耳に残るものがあったので…まあABBAのオリジナルも名曲だと思うのですが。(2009-02-06訂正: しっかり最後にI Have A Dreamとセットになって入っていました。しっとりしていていい感じです。)