カテゴリー
gadget

ユニクロ ヒートテックファーリーフリースネックウォーマー

もっと早く買えば良かった。
🧣

先日の記事にも書いたとおり、私は毎日早朝と夕方にほぼ12時間ごとに散歩というかウォーキングをしているのですが、徐々に距離と時間が延びてきて、最近は1回あたり平日で12000ほど、休日は15000歩を超えることもあります。私の良くないくせで、だんだんエスカレートしてあるところで無理が来てやめてしまう、ということがあるので、そうならないようにある程度のところで歯止めをかけたいと思っていますが、少なくとも平日は仕事や食事の時間で制約がかかるので問題ないでしょうか。

さてそのウォーキング、夏場の暑さもかなりきつくて汗だくでフラフラになっていたのですが、冬場の寒さも特に早朝は0℃前後という日も少なくなく、厳しくなってきました。特に辛いのが顔で、頭と耳まではPleece Hatで温かいのですが、それより下の部分が首元までむき出しになっていて、完全に冷え切ってしまいます。しかしこのPleece Hatは購入したのが2005年ですか…15年も前のものとは思えず、ずっと気に入っていて未だに現役です。今でも売られているようで、日本でもAmazon楽天などで買えるようですが、非常にオススメです。

Pleece HAT(プリース・ハット)ライトグレー DESIGN HOUSE stockholm デザインハウス・ストックホルム

Pleece Hatはともかく、寒さをどうにかしたいということで購入してみたのがユニクロヒートテックファーリーフリースネックウォーマーというネックウォーマーです。まあフリースのネックウォーマーなら何でも同じなのですが、これのおかげで実に快適になりました。口元まで覆うことで自分の吐く息で温まりますし、鼻まで覆うようにすれば目の周り以外は外気に触れなくなるのでほぼ完璧です。むしろその状態でずっと歩いていると暑いくらいです。

ファーリーということで外側は毛皮のような仕上げになっていて、肌触りが良くなっています。一方、内側は通常のフリース地ですが、こちらも暖かさを感じる風合いなので悪くありません。これを購入する際の決め手となったのは、喉の側がちょっと長くなっていて胸元辺りまで覆うようになっているので、これを上着の内側にたくし込むことで風の侵入を防げるようになっている点です。私はこれを先日購入したばかりの「UNIQLO +J ライトダウンボリュームパーカ」と一緒に着用していますが、このパーカーは逆に首のあたりまでファスナーで閉じることができるので、とても相性が良いように思います。これのおかげで余計に快適に感じることができているのかもしれません。

ただ、マスクが当たり前のものになっている今こそなんの問題もありませんが、ちょっと前であれば目元以外が見えない目出し帽と同じような状態では不審者と見分けがつかず、コンビニなどに入ると警戒されてしまっていたかもしれません。その当たり、今はどうしているのでしょうね。コンビニ強盗というのはあまり効かなくなりましたが、無くなったわけではありませんよね。

カテゴリー
gadget

UNIQLO +J ライトダウンボリュームパーカ

いい買い物ができたのでしょうか。
🪶

今や世界的にもある程度知られるブランドとなったUNIQLOがこのご時世に大混雑になったというのがつい先日ニュースになっていましたが、その原因となった+Jというラインの発売に今回は私も乗っかってみました。「流行は乗るのではなく作ってこそカッコいい」と子供の頃から信じている私なので、話題だからといって飛びつくのは本意ではありません。しかし、だいぶ傷んでしまったということで昨年まで着ていたダウンジャケットを処分してしまっており、いずれにしても購入する必要があったところで+Jが発売されると聞いたため、タイミングが良かったというわけです。

「+J」というのはデザイナーブランドJil Sanderとのコラボレーションで実現したコレクションですが、2009年から2011年までで終了していたものがこの秋復活したということで話題になっており、ファッションにはまったく疎い私の耳にも入ってきたのでした。

発売当日は一部店舗での大混雑もあったようですが、オンラインストアも繋がりにくい状態が暫く続いていました。こういうときはウェブブラウザよりも公式アプリがいいだろうと思って、目当ての商品を「お気に入り」に登録し、ユーザー情報やクレジットカード情報もあらかじめ登録して数タップで購入できるよう待ち構えていたのですが、それでも通信の混雑から挙動が不安定になっていました。私は売り切れてしまったらそれまでの縁だと割り切っていたので時々試してみるくらいだったのですが、結局午後2時くらいになってようやく落ち着いてきたようで、すんなりとは行かないまでも処理が進むようになり、まだ在庫も残っていたので目当ての商品を注文することができました。

ということで購入したのはライトダウンボリュームパーカ(ブラック)です。フード周りと袖口のデザインに特徴があるほかはそれほど特別な感じはしませんが、機能的に良いのがわかっていてもシームレスダウンが好きになれないので、普通に縫い目のあるところも良いと思っています。また、色をブラックにしたのは裏地がワインレッドになっているところが気に入ったためですが、他の色も裏地との組み合わせはそれぞれ悪くないと思います。ロングコートもありましたが、ハーフのほうが着る機会がありそうなのと、そもそも私が注文するときには既に売り切れてしまっているようでした。

他のガジェット系の予約販売に慣れてしまっていたので意外に感じてしまいましたが、注文してから数日で手元に届きました。早速羽織ってみるととても軽く、ゆったりしていて着心地はなかなか良かったです。実店舗で試着するということもできなかったのでサイズ感など若干の不安はありましたが、袖丈などもまったく問題ありません。ちょっと暖かい日が続いているので防寒性能などはまだわかりませんが、家の中で着ているとすぐにポカポカしてきたのでちょっと期待しています。

「なんだかんだいっても結局ユニクロだから」なんていう声も聞こえてきましたが、ユニクロの品質と価格にJil Sanderのデザインであればいいとこ取りで素晴らしいことではないでしょうか。それがもし逆だったりしたら酷いことですが、そんな事はあるはずもないでしょう。1万円少々のダウンジャケットとしては非常に高品質に見えますし、デザインとして派手さはありませんが機能と見栄えは両立されているのではないかと思います。

商品ページのレビューを見ると買えなかった人が星1つの評価で色々書いていたり、ボリューム感がないと言ったあとで無理にコロナに絡めている人などもいたりで、まったく商品の参考にはなりませんが、話題性だけで買おうとするとそんなものなのでしょうか。そもそも既に完売した商品のレビューは表示する必要もないでしょうし、URLを知っていたりググったりせず普通に閲覧しているだけではたどり着かないのですが。

カテゴリー
gadget

Steven Rhodes

Steven Rhodesまだ何枚も欲しい。

私がいつもチェックしているThe Awesomerというウェブサイトがあるのですが、ここはネット上のいろいろなイカした商品を紹介してくれる、非常に危険なところです。ここで見つけてついつい購入してしまったものが実はいくつかありますが、先日私の目に留まってしまったのはPyrokinesis for Beginners Shirtsという記事で紹介されたシャツです。なんというかレトロなタッチのイラストでパイロキネシス(念力着火)というオカルトなテーマが私の琴線に触れてしまいました。私はこういうのが非常に好きです、というか今まであまり意識していませんでしたが好きなようです。

Steven Rhodesというデザイナーの作品とのことで、記事にあるリンクから販売サイトを見てみると、様々なデザインをTシャツやスウェットシャツからポスターやマグまで様々なものにプリントしてくれるようです。Tシャツなどの場合は地の色や生地も選ぶことができるので、とりあえず私は色を変えて3枚ほど購入してみることにしました。今は送料無料のセールをやっているようですが、私が購入した時には$15ほど送料が必要だったので、ついついまとめ買いして見かけの送料を安くしようとしてしまいます。まあ送料無料は$80以上購入時ということなので、結局はまとめ買いせざるをえないようですが。
アメリカからこんなTシャツを買ってみた。最高。
私が購入したのはPyrokinesis For BeginnersLet’s Summon DemonsWelcome to Twin Peaksの3枚です。いずれもTriblendというソフトな生地のものにしたので色数はちょっと少なめですが、普通のTシャツにするとPyrokinesis…の場合は23色もの中から選ぶことができます。デザインによって選べる色が違うということは、イラストとの組み合わせで細かい調整が行われているということでしょうから、しっかりこだわったものと言えそうです。

商品の到着は最近あまりないくらい待ち遠しかったのですが、届いたものを見て大変満足しました。どのデザインも品質が高く、実際の生地の色も私のイメージ通りで、文句の付け所がありません。子供達にも見せたところ、次男もLet’s Summon Demonsは欲しいとのことなので、次に注文する時には買ってあげようと思っています。だって、Sell Your SoulとかLet’s Sacrifice Tobyとか、凄くないですか? Stevenにはファンレターでも書きたいくらいです。