Archives

7pay

さっさと淘汰されてほしい。

中国ではAlipayや
Wechat Payなどのバーコード決済が普及していて現金を持ち歩く必要がない、というのは何年も前から言われていたことで、露店や個人間の授受にまで使えるというのは確かに便利なように見えます。日本の経済産業省はこれが羨ましく見えたのか、私には隣の芝生が青く見えただけなのではないかと思えますが、日本でも2020年の東京オリンピックまでにキャッシュレス決済を普及させようと、消費税増税と絡めて「キャッシュレス・消費者還元事業」なるものを始めました。

しかし、中国で普及したのには偽札が多く現金が信用できないという特殊な事情もあり、貨幣に対して絶対的な信頼を置くことができる日本にはこのようなモチベーションがありません。またすでにコンビニや交通機関、一部の自動販売機などではすでにFelicaによる電子マネーが普及しており、わざわざアプリを起動してバーコードを表示させなければならないようなものが広く使われるようになるとは思えません。また、オリンピックの観戦に来るような外国人に日本でしか使えないようなサービスに加入させるような必要はなく、単にクレジットカードを使えるようにすればいいだけではないでしょうか。

それはともかく、経産省からの補助金に釣られたのかどうかは知りませんが、あちこちからうようよと新しいサービスが乱立して消費者には余計に不便になっているのではないでしょうか。ソフトバンクのPayPayはお得意のバラマキ作戦で登録者を集め、メルペイやLINE Payがそれに追従するという形になっていますが、大手コンビニもそれぞれ独自のシステムを構築するなど、社会全体としては無駄なことこの上ありません。

そんな中で、セブン・イレブン・ジャパンの7payはサービス開始直後にセキュリティ上の大きな問題が発覚し、その後の対応の不味さもあって消費者の信頼を失い、結局わずか1ヶ月後にサービス廃止を発表、開始からたったの3ヶ月で消えてしまうことになりました。同日スタートとなったファミリーマートのファミペイに遅れを取らないように突貫工事となったツケなのでしょうが、サービス構築にかかった莫大な費用も含めて大きな損失となってしまいました。

しかし、このサービス廃止のニュースリリースによれば、被害者はのべ808人、総額3800万円以上に及ぶということです。会員登録を受け付けていたのはわずか3日、ログインを停止したのはその1週間後という短期間でこの被害です。小口の決済手段なので企業としてはそれほど大きな金額でなかったとしても、失ったものはそれだけではありません。今後は安全性を確保した新しいサービスにも意欲を見せているようですが、果たして消費者は受け入れてしまうものでしょうか。

なお、ホームセンターのコーナンまでコーナンPayなるものを始めていたようなのですが、不正ログインと見られる事案が発生したとのことでサービスが一時停止されており、現在はコーナンPayの公式ページが削除されているようです。しかし、こちらの方は「登録されていないメールアドレスを用いてログインを試みた際に自動送信されるメール」が不特定多数に届いている、というのがきっかけのようであり、実際に不正ログインされたというのもおそらく簡単なパスワードを設定していて破られてしまっただけなのかもしれません。二段階認証(2要素認証)が使われていなかったというような弱さはあったのかもしれませんが、7payのような問題があったというわけでは無さそうですし、金銭的被害も確認されていないようなので少々敏感に反応したということなのかもしれません。それくらいの方が安全だと思いますが、それ以前に通貨を取り扱うことに対してはもっと覚悟を持って臨む必要があるのではないでしょうか。

PayPal

地味だけど結構いい。

知っている人にとっては今さらですが、みなさんはPayPalってご存知でしょうか。現在は世界最大のオークションサイトeBayの傘下にある決済サービスの会社です。特にアメリカでは小規模なネット通販サイトなどで幅広く利用されているのですが、あまり日本では普及していないようで利用できるサイトはこれまでに見た記憶がありません。

先日、私はとある物をアメリカのネットショップで購入したのですが、この時の決済がPayPalでした。私も普段はクレジットカードで決済することが多いのですが、このサイトではPayPalのみの対応だったのです。PayPal自体は過去に何度か利用しているのですが、今回実際に利用してみて改めて便利さを感じたのでこうしてちょっと書いてみようという気になったわけです。

PayPalを使うと何が良いのかというと、まず一つは決済に関わる情報を小売店側に知られずに済むということです。クレジットカードの場合にはカード番号を知られてしまうことになるので、後は相手を信じるしかないということになり、やはり若干の不安がつきまといます。またこれは小売店側にとっても大きなメリットであって、情報管理に関わるコストを省くことができます。過去に何度か楽天の店舗が決済情報を漏らすというトラブルがあったかと思いますが、過失か故意かに関わらずそういったリスクを背負わずに済むわけで、小さなショップほどありがたいものではないでしょうか。

もう一つ良いのは決済アカウントと住所を紐付けられるということです。これはただ単に商品送付先の入力の手間を省けるというだけではなく、誤入力のリスクが減りますし、また通販サイトでの第三者による不正利用を難しくするというメリットもあるのではないかと思います。とはいえ、私は最初この住所の登録を間違えていて、待てど暮らせど商品が届かないという思いをしてしまったわけですが、それは単に私の確認不足だったので普通は無いことでしょう。

PayPal自体にも口座の働きがあって、ここにまとめて入金しておくとその範囲内の利用はそこから差し引かれていくことになります。また、不足の場合は登録されたクレジットカードでの決済ということになるので、あらかじめ入金しておかなければならないというものでもありませんし、実際日本ではまだこの入金という操作はできないようです。しかしこれも、クレジットカードを持てない学生や一部の職業の方などには助かるサービスなのではないでしょうか。

ということで、フィッシングメールのせいで怪しく見えてしまっているかもしれませんが、日本でももっと使えたら便利なのではないかな、と思っています。アメリカでは寄付などにも利用できることが多いですからね。

Federal Reserve Bank of San Francisco

日銀にも行ってみないと。

私は今、サンフランシスコにいます。勤務先から派遣されて語学学校に3週間の短期留学ということになっているのですが、今日で一週間通学したことになります。留学というと各国からの留学生や現地の人との交流があって華やかなものではないかと思うかもしれませんが、ほとんどの留学生が20代の若者であることもあってなかなか溶けこんでいくのが難しかったりします。それなりには交流がないでもないのですが、来週にはThanks Givingの連休があるためにそれを避ける人が多いのか、今週で帰ってしまう人、再来週からの人が多いようで、3週間通して一緒にいられる人がかなり少ないというのも問題です。さらに、平日は6時近くまで授業があり、夕食のために7時までには帰宅しないといけないので、のんびり観光などしている暇もありません。

それはともかく、先日この語学学校の課外授業のような形で、学校から10分ほど歩いたところにある連邦準備銀行に見学に行ってきました。金融関係の仕事をしている人や経済学を学んだ人たちは当然知っているのでしょうが、それ以外の人には「連邦準備銀行って何?」という感じではないでしょうか。私もなんとなく「日銀のようなものかな」という程度に漠然としか理解していませんでしたが、どうやら実際にそのようなもののようです。

しかし、その連邦準備銀行というものが全米12箇所にあって、その一つがサンフランシスコにあるなどということを知っている人はどの程度いるのでしょうか。また、サンフランシスコに観光などで来て連邦準備銀行の見学に行くという日本人は数少ないでしょう。やはり一般観光客が行くようなところではないので、「地球の歩き方」にも載っていないようです。一応任意ということだったのですが、なかなかできない貴重な体験ではないかと思い私も参加することにしました。

見学の申し込み自体はそれほど堅苦しいものではないようでしたが、受付では写真入りの身分証明の提示が必要で、カメラやカメラ付き携帯電話は持ち込み禁止、金属探知と荷物のX線検査を行うという厳しさはありました。また、警備員室には大きな銃が装備されていて、さすがアメリカの物々しさでした。

見学にはフランクなハンサムガイが同行して詳しく説明してくれるのですが、最初に口頭説明と質疑応答があって、その後地下の金庫室とその周囲で行われている紙幣の取り扱いの様子を見せてくれました。銃を構えた警備員に見守られながら2人組の作業員がひたすら銀行から集まった札束を数えているところ、その札束をばらして偽札や汚損された紙幣を弾いて新しい札束を作る機械、そして50cm以上もありそうな分厚い扉の金庫室ですが、そこで取り扱われている紙幣の量を具体的には教えてくれなかったものの、とんでもないものでしょう。最後に元の部屋へ戻ってアメリカ独立の頃からの紙幣の歴史をビデオで見て、常設展示場を回って終わりでした。

この連邦準備銀行の見学は定期的にも行われているようなのですが、その場合は地下へは連れて行ってもらえず、団体で申し込む必要があるようです。おそらくそれではあまり面白いものではないでしょうから、やはり行ってみた甲斐があったのではないかと思います。

ちなみに最近の円高ドル安の関係で「FRBのバーナンキ議長」という名前がニュースで見られますが、このFRBというのが連邦準備銀行の上部組織である連邦準備制度理事会のことです。しかしこの和訳では分かりにくいですよね。じゃあどう訳せというのか、と言われても難しいのですが…

[2010-11-20 追記]
書き忘れましたが、帰り際に廃棄するためにシュレッダーに掛けられた紙幣を小袋に入れたものがもらえます。頑張ってくっつければ幾らかの金額になるかもしれませんが、そんな気にはならないほど細かく刻まれています。とはいえ真券です、きっと。