Archives

みろくの里 いつか来た道

物好きかもしれませんが。

今年のお盆休みの両親との旅行2日目は広島へと移動してお好み村と宮島へ行き、翌日に原爆ドームと平和祈念資料館を見学したあとで広島空港へ送ったのですが、広島ではほぼ行ったことのあるところばかりなのでここでは割愛します。その後は福山のホテルに一人で泊まり、翌朝はまだ薄暗いうちにチェックアウトして涼しいうちに鞆の浦を散策し、磐台寺の阿伏兎観音で写真を撮り、そして向かったのが今回ご紹介する広島県唯一の遊園地、みろくの里内の「いつか来た道」というアトラクションです。

一人で食事することにはほとんど何の抵抗もない私でも、さすがに一人で遊園地へ行くというのは気が引けるものです。いざ駐車場まで行ってみてから周りが家族連ればかりであることに気づいて、やっぱり引き返そうかと怖気づいてしまいましたが、せっかく来たのだからと早足で歩き始めてしまうことにしました。なお、みろくの里は駐車場が無料となっているので、仮にここで帰ったとしても得に損することはありませんでした。

やはり暑い日だったのでほとんどすべての来場者がプールへと向かい、その入口に行列ができている脇にそれていったところに「いつか来た道」の入口があります。このアトラクションは昭和30年代の町並みを再現していて、昭和レトロを体感できるというものです。昭和30年代にはさすがに私もまだ生まれていないのですが、私の幼少時代にもまだその片鱗が残っているものがありましたので、そういうところにはやはり懐かしさを感じます。

1998年にできたということなので今年でちょうど20年経っているということになりますが、メンテナンスが行き届いているのか、あるいはちょうどいい具合に古びた感じになっているだけなのか、施設として老朽化しているようにはまったく感じられませんでした。もともとしっかりと金をかけて作られたものということなのかもしれません。

入場料だけで楽しめるアトラクションなので逆にあまり注目されていないのかもしれませんし、20年も前からあるので一度見たという人が多くてもう一度見ようということにはならないのかもしれませんが、私が行ったときには他に一人も客がいませんでした。そのためゆっくりと見ることができ、他の人の気配に煩わされることもなくて良かったのですが、さすがに一日中そんな状態では撤去されるのも時間の問題なので、夕方くらいになると人が増えるのかもしれません。私が行ったのはまだ午前中だったので、みろくの里についてまず最初にいつか来た道、という物好きな人はいないのでしょう。

ということで、私は入園料おとな900円を払ってこのアトラクションだけをひと通り見て、まだ続々入園してくる中を逆行してすぐに退園してしまいましたが、その900円分の見応えは十分にあったのではないかと思います。ちなみにこのみろくの里のフリーパスは1日3200円ですが、年間フリーパスは8000円とのことでずいぶん安いですよね。TDRやUSJと比べても仕方ありませんが、それらの1回分の入園料よりも安いのですから…