Archives

Once Upon a Time in Hollywood

古き佳き時代。

Sharon Tateという女優と、そのSharonがManson Familyというカルト集団に惨殺されてしまった事件というのは日本ではどの程度知られているのでしょうか。事件が起こったのが今からちょうど50年前の1969年という私が生まれる直前であることもあり、私は何一つ知らなかったのですが、現代のようにインターネットで世界中の情報がリアルタイムに得られるような環境ではありませんでしたし、わたしの両親の世代であれば知っていることなのでしょうか。Sharon Tateについても26歳という若さで、これからというところで亡くなってしまったため、この事件を知らなければ知られていないのではないかと思いますが、映画監督Roman Polanskiの当時のだったとのことです。

というようなことなのですが、この事件を背景とし、SharonやRoman Polanskiも登場するQuentin Tarantino監督の作品「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」が昨日封切られたため、初日のレイトショーで早速観てきました。この日は夏休み最後の週末であったためか、それとも地元の姫路城が舞台となっている「引っ越し大名!」の公開初日だったためか、普段はレイトショーならガラガラの映画館の駐車場に長蛇の列ができていて、並んでいては開演に間に合わないようだったので仕方なく近隣のコインパーキングに停めざるを得ないという状況でした。そうとわかっていれば徒歩かバスかで行ったのですが仕方ありません。

それはさておき、本作ではピークを過ぎてやや落ち目の、かつてのテレビスター俳優Rick Daltonと、スタントダブルと友人としてRickを公私ともに支えるCliff Boothという二人を主人公としてハリウッドを舞台に起こる出来事を描いた話となっています。主人公らはそれぞれLeonardo DiCaprioとBrad Pittという現代の映画スターが存在感たっぷりに演じており、特にLeoの劇中劇の演技にまで魅せられてしまうほどです。そしてSharon Tateを演じるのは「スーサイド・スクワッド」でのHarley Quinnがとても良かったMargot Robbieです。本作中のSharonはちょっと頭が足りない感じに描かれているように感じましたが、超ミニスカートで闊歩する姿はとてもキュートでした。

本作の論評を見ると「ストーリーがない」というようなことを言う人が多いようなのですが、確かにカット間の関係が非常に希薄で、一見不要なシーンが多々あり、一体どういう話なのか、どこへ向かっているのかということはわかりにくいかもしれません。しかし私が驚嘆したのは、それぞれのなんでもないカットが非常にかっこよく撮られているということで、おそらく様々な定石を踏まえて、巧妙に計算し尽くされているということなのでしょう。本当にただの移動シーンでも「うわっ」と思うようなカッコ良さで、映画オタクのTarantino監督ならではではないでしょうか。

なおTarantinoといえば過剰なバイオレンス描写も特徴ですが、それも最後にしっかりあります。なにしろ「シャロン・テート殺害事件」がテーマですから…

Titanic

やっぱり名作なのですね。

昨年末に公開されてから私も劇場で4回も観てしまった「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」は前評判や当初の勢いから世界歴代興行収入1位に輝くのではないかと期待されていましたが、結局のところ3位どまりとなってしまっているようです。あれだけのものでも届かないというのはどういうことなのか不思議でなりませんが、その上にある2作品、1位の「アバター」も2位の「タイタニック」も、いずれもJames Cameron監督の作品であるというのも凄いことです。

「アバター」に関しては本格的に3D撮影が行われた最初の作品で、多くの人がこの作品で初めて3D映画を体験したということで大きな話題となり、その話題がさらに人を呼んだということもあるでしょう。また、3D上映の場合は料金が上乗せされることが普通だと思いますので、興行収入としてはその分上乗せされているというのも事実ではないでしょうか。しかし仮にそれを割り引いたとして例えば25%を差し引いたとしても、まだ「フォースの覚醒」は「アバター」には届かないのですから、偉大な作品であるということは認めざるをえないでしょう。

そして2位につけている「タイタニック」、あの船の舳先で主人公の男女が両手を左右水平に伸ばして戯れるあのシーンは知らない人がいないほどではないかと思いますが、実は私はこれまで観たことがありませんでした。もちろんいつかは観たいと思っていたのですが、いつでも観られるだろうということと、3時間を超える上映時間に怯んでしまっていたのです。しかし昨日の夕方、自宅で何か映画でも観ようかと思った時に目に留まり、時間もあったので観てみるかということになったのでした。

タイタニック (2枚組) [Blu-ray]

¥ 927

(2016-10-11現在)

「ターミネーター」シリーズや「アバター」などSFアクション作品のイメージが強いJames Cameron監督が挑んだラブロマンス大作ということですが、中盤以降の緊迫感はディザスタームービーさながらでロマンチックなムードはどこへやら、Cameronの本領発揮というところでしょうか。

この作品を撮るに当たっては実物大のタイタニックを建造したということですから恐ろしいことで、製作費は3億ドル近くもかかっているそうです。それに対して興行収入は7倍以上となったので大成功といえるのでしょうが、絶対に成功させなければいけないものだったわけです。もちろん、映画製作者はいつだって成功させなければならないと思って作っているでしょうが。ちなみに「アバター」の製作費はこれより2割ほど少ないようなので、ますます大成功だったわけですね。

主演のLeonardo DiCaprioとKate Winsletはかたや根無し草の青年、かたや上流階級の令嬢という悲運の恋の物語をとてもいきいきと演じています。ともにこの作品が大出世作となってその後の大活躍に繋がったのか、Kateは2008年の「愛を読むひと」で、Leonardoは昨年の「レヴェナント: 蘇えりし者」でついにアカデミー賞主演男優/女優賞をそれぞれ受賞する、現代を代表する大俳優となっているのは誰もが知っていることでしょう。なお、この作品が公開された年のアカデミー賞では、この本作で作品賞、監督賞など11部門もの受賞があったとのことです。

私達が乗ったクルーズ船はカジュアルな一般大衆向けの船なので豪華絢爛というようなものではありませんでしたが、それでもそれなりに贅沢さを感じさせるものでした。カリブ海という比較的穏やかな海で天候も良かったということもありますが、航行中も船はほとんど揺れることがなく、揺れたとしてもは船体が大きいのでゆったりとした揺れで非常にどっしりしており、外の景色を観なければ乗り物に乗っているということもまったく意識することがありませんでした。100年前にタイタニックに乗っていた乗客らも同じような感じだったろうと思いますが、そのような巨大な船がわずか数時間のうちに海に消えてしまうとは誰が想像したでしょうか。そんな状況でのパニックを非常にリアルに描いていて、194分という上映時間もまったく長すぎると感じなかったのは、ラブストーリーとディザスタームービーの2本立てのようなものだったからかもしれません。

Inception

これは果たして現実なのか、それとも夢なのか…

私が子供の頃から持ち続けている疑問に「私が今見ている世界は本当に存在するものなのか」というものがあります。実際に手で触れることができるものは間違いなく存在するようにも思えますが、しかしその触れる、あるいは見る、聞く、その他五感というのは私の感覚でしかなく、私の神経を通して私の意識が感じているものでしかありません。それらのものが実際には存在せず、神経に何らかの装置を接続して脳に直接入力されている感覚であったとしたとき、区別できると断言することができるのでしょうか。

そういった状況を設定として使用していたのが映画「マトリックス」三部作であったわけですが、これらの作品ではコンピュータが創り出した仮想世界に主人公らが入り込み、擬人化されたソフトウェアを相手に戦いを繰り広げていました。と、こう書くと本年末に続編の公開が予定されている「トロン」と共通している部分があるような気もしますね。

しかしもっと身近な仮想世界といえば、ほぼ間違いなく誰もが体験したことのある「夢」です。眠りの浅いレム睡眠の状態で見ることが多いということですが、その夢の中を舞台として繰り広げられるアクションを映画にした作品「インセプション」が高い評価を得ているようだったので私も観てみることにしました。

誰かの夢を共有してその夢のなかに入っていく、という肝心のその部分はあまり詳細には描かれておらず、どのような方法で共有することができるかについては明らかにされていないのですが、そこはファンタジーということにしておいてもいいのでしょう。夢の中へは「調合師」による薬で導入され、そしてその中は「設計士」と呼ばれる者が創り出した世界になっていて、夢の中ならではのパラドックスなども存在できます。また夢の中で死ぬと夢から覚めることになります。

Leonardo DiCaprio演じる主人公のCobbは相手の夢のなかで潜在意識から情報を盗み出す一種の産業スパイですが、ある時渡辺謙演じる斉藤なる日本人からターゲットに意識を植え付ける「インセプション」の依頼を受けます。これは難しい技術であり相棒のArthurは断ろうとしますが、Cobbには魅力的な提案から断わりきれず引き受けることになり…というようなことです。

ということでこの作品では渡辺謙が結構重要な役どころで出演しているのですが、この他のハリウッド作品でもよく見る顔になってきました。こうして日本人俳優が全世界を対象にした映画で活躍しているのを見ると嬉しい反面、ハリウッドで日本人俳優といえば渡辺謙しかいないという状況は寂しいような気もします。やはり言葉の壁が大きいのだろうと思いますが、他の欧米諸国からは数多の俳優が出てきていることを思うと、決して日本人俳優のレベルが低いということではないはずなので、日本人役をアジア系の他国俳優に取られてしまわないよう頑張ってもらいたいものです。

それはともかく、この作品では夢の世界を何階層も積み重ね、夢の中で夢を見せ、またその中で…とやっているのでかなり複雑なことになっています。それぞれの階層で起こっている出来事が並行して描かれ、またその階層が深くなるごとに時間の進み方が遅くなっているので、SF的思考に慣れていない人には難解に感じられることでしょう。おかげで私は思っていた以上に楽しむことができましたが、隣で見ていた年配の男性は一緒に夢の中へ入っていたようで終盤辺りで軽いイビキが聞こえてきましたから…

それにしてもこの作品のエンディングは秀逸です。ありがちとも言えるかもしれませんが、実に考えさせる終わり方になっていて、考えても謎は深まるばかり…見せるべきものをあえて見せないことで観終わった後の印象が大きく違っているのではないでしょうか。