「russia」タグアーカイブ

ガガーリン 世界を変えた108分

これも冷戦の産物。
🧑🏻‍🚀

ここで何度も書いているとおり、私は子供の頃に家族で見に行った1978年の「宇宙博」で強い影響を受けたことで、宇宙開発には人並み以上の関心を持っているのではないかと思います。しかしながらこの宇宙博が冷戦真っ只中に開催されたもので主にアメリカと日本の宇宙開発をテーマにしたものであったこともあり、またロケット開発自体が軍事機密でもあり東側陣営に関する情報はなかなか得ることができませんでした。最近では情報公開とインターネットの発展により調べることはできるようになりましたが、それでも私の知識は知れたものです。

最近も宇宙をテーマにしたハリウッド映画がいくつか公開されていますが、それらもやはりアメリカのものなのでアポロ計画を描いた「ファースト・マン」やそれより前の「マーキュリー計画」に関わる「ドリーム」などに限られており、どうしても西側からの視点になってしまいます。しかしそんな中、Amazon Prime Videoで「ガガーリン 世界を変えた108分」なるロシア製作の作品を見つけたので、早速観てみることにしました。

「ガガーリン」といえばボストーク1号で世界最初の有人宇宙飛行を果たしたソビエト連邦の宇宙飛行士ユーリイ・ガガーリンに他なりませんが、ボストークの打ち上げ前日から帰還までのガガーリンとそれに関わる人達を描きつつ、ここに至るまでの幼少期から直前までの出来事が回想として綴られたものになっています。

この作品ではボストークロケットの打ち上げの場面なども過度にドラマチックに演出されることもなく、108分とされる地球周回軌道上でも大きな問題が起こるわけでもなく、比較的淡々と描かれているように感じましたが、その分落ち着いて観ることができます。アマゾンのレビューでは「全体的に物悲しい雰囲気に描かれている」といっている人がいますが、当時のソビエトの空気自体がそうしたものだったでしょうし、これでもだいぶ柔らかく抑えて描かれているのではないでしょうか。

しかし、まだテレビも一般には普及していない60年前のソビエトの技術で、一連の宇宙飛行を自動制御で実現することができたということには改めて驚かざるを得ません。ガガーリンが搭乗していたとはいえ、本人には操縦することができず、ただ状況を無線通話で報告していただけのようです。また、ボストーク1号がどこまで事実に忠実に作られたものなのかわかりませんが、船内は私が想像していたよりもかなり空間的な余裕があったようだということがわかりました。座席を離れることはできなかったでしょうが、身動き一つできないというようなものではなかったようです。

なお、本作は字幕版がないようだったので日本語吹替版で観たのですが、作品中でガガーリンが歌うロシア語の歌の歌詞がむりやり日本語に翻訳されているところにかなり違和感がありました。歌詞の意味に重要な意味があるのであればそれも仕方ないかと思うのですが、そういうわけでもなかったようなので、歌の方は原語のまま、歌詞を字幕で表示するなどしてもらえるといいのではないでしょうか。

Hunter Killer

「潜水艦映画にハズレなし」だそうです。
⚓

映画の予告編というのは本編が完成する前に本編のカットを利用して作られるようで、本編のストーリーとは全く違うものになっていたりするのであまりあてにならないものです。予告編を作ったあとで脚本が書き換えられるということもあるでしょうし、あえてネタバレにならないようにカットの順序を入れ替えて完全に別物のように作ってしまう場合もあるでしょう。そんなものなので、予告編を見ただけでその映画を観るべきかどうかを判断するのも難しいものです。

今回観た「ハンターキラー 潜航せよ」については予告ではとても面白そうに見えたのですが、その後日本に先行して公開されたアメリカでの興行成績や評価があまり芳しいものではなかったので、本作を劇場で観るのは見送って、Amazon Prime Videoかなにかで後で観ようと思っていました。しかし最近、高校時代の友人が観てきて面白かったとFacebook等に投稿しているのを見てやっぱり観たくなってしまい、公開から1ヶ月ほど立った昨晩、まだレイトショーのみで上映されていたので劇場へ足を運んでみたのでした。

その結果、心地よい緊張感が持続する、とても面白い映画でした。そんなにうまくいくものか、と思うような場面もありますが、そこはお話として単純に楽しんでおきましょう。あらすじとしてはクーデターで海軍基地内に監禁されたロシア大統領を、アメリカの潜水艦とNavy SEALsの特殊部隊が救出する、という荒唐無稽とも言えるものですが、娯楽映画というのはそういうものでしょう。

Rotten TomatoesTomatometerは36%ながらAudience Scoreは71%ということなので、専門家受けは良くないけれど一般には楽しめる、ということなのではないでしょうか。批評を見てみると「これまでの潜水艦映画ですでに描かれたものと同じで新しさがない」というのが低評価の理由のようなので、沢山の潜水艦映画を観てきたという人以外には当てはまらない評価と言えそうです。

映画そのものから外れてちょっと面白かったのは、ロシア人同士がロシア語で会話している設定の場面では、ロシア訛りっぽい英語で表現されていたことです。007シリーズなどでちょっとした会話だけのときは実際のロシア語の音声に英語字幕が付けられていることが多く、またほとんどの会話が外国語という設定の場合にはすべて英語に置き換えられているのではないかと思いますが、本作では比較的会話が多く物語にも直接関わっている一方、アメリカとロシアを区別する必要もあったためかもしれません。ただ、これを日本に当てはめたとき、日本人の訛りっぽい英語を他国の俳優が喋っていたとしたら、あまり良い感じはしませんね。

なお、本作ではロシアの潜水艦艦長をMikael Nyqvistが演じていますが、撮影後に公開までの間に亡くなってしまったらしく遺作となっており、本作はMikaelと、同じく亡くなったらしいプロデューサーの一人、John Thompsonに捧げられています。

A Good Day to Die Hard

A Good Day to Die Hard正確なストーリーはよく分からなくても。

先週公開された「ダイ・ハード」シリーズ最新作「ダイ・ハード ラスト・デイ」ですが、映画レビューサイトRotten TomatoesTomatometerは16%と非常に低評価です。前作「ダイ・ハード4.0」は81%と非常に高く評価されていたので、その反動で高い期待に応えることができなかったということがあるのかもしれません。しかし腐っても鯛、高額予算がかかった大人気シリーズの最新作ですから、どんな駄作であったとしてもそれなりに楽しめるものにはなっているだろうと期待して、またRotten Tomatoesの評価は極端なところがあるのでそのせいだろうと思うことにして、最初から観るつもりでいました。

しかしふと「アクション映画ならちょっと英語が聴けるようになってきた長男にも楽しめるのではないか」と気付き、一緒に行ったらどうかと思い、さらに「子供は父親と二人で行くよりも仲のいい友達と一緒に観た方が楽しいのではないか」と思い、結局現地校で仲良しの日本人の同級生3人も連れて、5人で映画館に向かうことにしました。私もそんな人数で映画を観るなんて久しく無いことだったので、ちょっと楽しみでした。

この作品はIMAXと通常版を並行して上映していたのですが、私は「IMAXを選べる限りIMAXで観る」と決めているので今回ももちろんIMAX版で観ることにしました。しかし、午前のマチネーだと$5程度と非常に安いこちらの映画も、夜は$10とそれなりの価格になり、IMAXだとさらに上がって$14となってしまい、日本で観るのと大きく違わなくなってしまいました。特に中学生は大人料金になってしまうので、日本の学生料金で通常版を観るよりも高いということになってしまいますが、まあIMAX体験を差額で買うのだと思ってもらえばそんなに高いものでもないでしょう。

いつも観に行く劇場では通常版は自由席なのですが、IMAX版は指定席です。しかし今回は座席指定に失敗して、ガラガラの劇場なのにわざわざスクリーンに向かって左端の席を選んでしまいました。そんなに混んでいるはずもないのに、空席と表示された部分がすでに埋まっている席なのだとなぜか勘違いして選択の余地がないのだと思ってしまったのですが、どうして最初にそんな端の変な席を薦めてくるのかまったく訳がわかりません。まあアメリカでも二流のサービスだとこんな物ということでしょうか。しかし、空いている席はいくらでもあるので後から移動してもまったく問題無さそうでしたが、予告が始まってみると斜めから見ることになっても特に違和感がなかったので、面倒だったので移動するのはやめてしまいました。

さて、作品の方はBruce Willis演じるJohn McClaneが災難を招き寄せ巻き込まれて派手な戦闘を繰り広げるというおなじみのものですが、今回は初めて舞台をアメリカ国外、ロシアに移しています。しかし、アメリカ国内でもあれだけ派手に暴れまわれば大きな問題になりそうなものですが、一介の警察官が外国で自動車や建物を破壊して回ったら外交問題になるのは間違いないでしょう。前半の自動車での追跡劇では相当な数の車両が犠牲になっており、Johnが破壊したうちの多くはそれほど必然的なものでもないと思えるだけに余計なことを考えてしまいます。

また、今回は息子のJohn “Jack” McClane Jr.が初登場します。舞台がロシアになっているのもJackがロシアで逮捕されたためですし、その後全編にわたって父Johnと共に二人で戦い続けていくことになるので、非常に重要な役柄になっていますが、このJackの役はJai Courtneyが演じています。Bruceほどのワイルドさはありませんが、ひょっとしたら新しい世代のダイ・ハードは彼を中心にしていくことになったりするのかと思ったりもしましたが、まあBruce Willisが出ないダイ・ハードというのはさすがにないでしょうか。

Tomatometerの低さからどれだけつまらないのかと思ってしまいましたが、終盤ややあっけなさを感じたものの、どんでん返しはあったりして頑張っている感じはしました。でも、たしかにやや陳腐だったかもしれません。アクションシーンに関しては前半の盛り上がりが大きすぎて尻すぼみな感じがしないでもありませんが、過去のシリーズを振り返ってみても敵をどんどん倒していってしまっているので、最後は相手が数人しかいないというのも納得するしかないようです。でもカーアクションの派手さは相当なもので、前作のヘリコプター撃墜を凌ぐかもしれません。

ちなみに劇場でチケットを買うときに初めて気づいたのですが、この作品のアメリカでのレイティングはRとなっています。といっても、日本の「R指定」では例えばR15+なら15歳未満の鑑賞は禁止ですが、それとは違って18歳未満でも保護者が同伴していれば観ることは可能です。またそのレイティングの基準も各国で様々で、日本では残虐性や性描写が主要な判断基準になるのに対し、アメリカでは卑語や拳銃発砲も判定要素となっているため、この作品では避けようのないものですし、その他でも大人向けの作品の多くがRとなっているようです。ところ違えば、ということですね。

ということで、中学生4人を連れて賑やかな道中でしたが、皆それなりに楽しんでくれたようなので、また数カ月おきくらいに連れて行ってもいいかな、と思っています。これで映画の楽しさをちょっとでも知ってもらえれば嬉しいですし。