A Good Day to Die Hard

A Good Day to Die Hard正確なストーリーはよく分からなくても。

先週公開された「ダイ・ハード」シリーズ最新作「ダイ・ハード ラスト・デイ」ですが、映画レビューサイトRotten TomatoesTomatometerは16%と非常に低評価です。前作「ダイ・ハード4.0」は81%と非常に高く評価されていたので、その反動で高い期待に応えることができなかったということがあるのかもしれません。しかし腐っても鯛、高額予算がかかった大人気シリーズの最新作ですから、どんな駄作であったとしてもそれなりに楽しめるものにはなっているだろうと期待して、またRotten Tomatoesの評価は極端なところがあるのでそのせいだろうと思うことにして、最初から観るつもりでいました。

しかしふと「アクション映画ならちょっと英語が聴けるようになってきた長男にも楽しめるのではないか」と気付き、一緒に行ったらどうかと思い、さらに「子供は父親と二人で行くよりも仲のいい友達と一緒に観た方が楽しいのではないか」と思い、結局現地校で仲良しの日本人の同級生3人も連れて、5人で映画館に向かうことにしました。私もそんな人数で映画を観るなんて久しく無いことだったので、ちょっと楽しみでした。

この作品はIMAXと通常版を並行して上映していたのですが、私は「IMAXを選べる限りIMAXで観る」と決めているので今回ももちろんIMAX版で観ることにしました。しかし、午前のマチネーだと$5程度と非常に安いこちらの映画も、夜は$10とそれなりの価格になり、IMAXだとさらに上がって$14となってしまい、日本で観るのと大きく違わなくなってしまいました。特に中学生は大人料金になってしまうので、日本の学生料金で通常版を観るよりも高いということになってしまいますが、まあIMAX体験を差額で買うのだと思ってもらえばそんなに高いものでもないでしょう。

いつも観に行く劇場では通常版は自由席なのですが、IMAX版は指定席です。しかし今回は座席指定に失敗して、ガラガラの劇場なのにわざわざスクリーンに向かって左端の席を選んでしまいました。そんなに混んでいるはずもないのに、空席と表示された部分がすでに埋まっている席なのだとなぜか勘違いして選択の余地がないのだと思ってしまったのですが、どうして最初にそんな端の変な席を薦めてくるのかまったく訳がわかりません。まあアメリカでも二流のサービスだとこんな物ということでしょうか。しかし、空いている席はいくらでもあるので後から移動してもまったく問題無さそうでしたが、予告が始まってみると斜めから見ることになっても特に違和感がなかったので、面倒だったので移動するのはやめてしまいました。

さて、作品の方はBruce Willis演じるJohn McClaneが災難を招き寄せ巻き込まれて派手な戦闘を繰り広げるというおなじみのものですが、今回は初めて舞台をアメリカ国外、ロシアに移しています。しかし、アメリカ国内でもあれだけ派手に暴れまわれば大きな問題になりそうなものですが、一介の警察官が外国で自動車や建物を破壊して回ったら外交問題になるのは間違いないでしょう。前半の自動車での追跡劇では相当な数の車両が犠牲になっており、Johnが破壊したうちの多くはそれほど必然的なものでもないと思えるだけに余計なことを考えてしまいます。

また、今回は息子のJohn “Jack” McClane Jr.が初登場します。舞台がロシアになっているのもJackがロシアで逮捕されたためですし、その後全編にわたって父Johnと共に二人で戦い続けていくことになるので、非常に重要な役柄になっていますが、このJackの役はJai Courtneyが演じています。Bruceほどのワイルドさはありませんが、ひょっとしたら新しい世代のダイ・ハードは彼を中心にしていくことになったりするのかと思ったりもしましたが、まあBruce Willisが出ないダイ・ハードというのはさすがにないでしょうか。

Tomatometerの低さからどれだけつまらないのかと思ってしまいましたが、終盤ややあっけなさを感じたものの、どんでん返しはあったりして頑張っている感じはしました。でも、たしかにやや陳腐だったかもしれません。アクションシーンに関しては前半の盛り上がりが大きすぎて尻すぼみな感じがしないでもありませんが、過去のシリーズを振り返ってみても敵をどんどん倒していってしまっているので、最後は相手が数人しかいないというのも納得するしかないようです。でもカーアクションの派手さは相当なもので、前作のヘリコプター撃墜を凌ぐかもしれません。

ちなみに劇場でチケットを買うときに初めて気づいたのですが、この作品のアメリカでのレイティングはRとなっています。といっても、日本の「R指定」では例えばR15+なら15歳未満の鑑賞は禁止ですが、それとは違って18歳未満でも保護者が同伴していれば観ることは可能です。またそのレイティングの基準も各国で様々で、日本では残虐性や性描写が主要な判断基準になるのに対し、アメリカでは卑語や拳銃発砲も判定要素となっているため、この作品では避けようのないものですし、その他でも大人向けの作品の多くがRとなっているようです。ところ違えば、ということですね。

ということで、中学生4人を連れて賑やかな道中でしたが、皆それなりに楽しんでくれたようなので、また数カ月おきくらいに連れて行ってもいいかな、と思っています。これで映画の楽しさをちょっとでも知ってもらえれば嬉しいですし。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。