Archives

ぷらっとこだま

転んでもただでは起きない?

実は先週、私の叔父が急逝したとのことで葬儀に参列するため、週末は東京に行っていました。もちろん遊びに行ったわけではありませんし、楽しいことでもなかったのですが、折角の機会ということでできるだけ楽しんでしまおうというのは少々不謹慎でしょうか。

私の住んでいる姫路から東京に行く場合、普通は新幹線のぞみを利用するでしょう。姫路駅にも東京行きののぞみが1時間に1本は停車するようになり、一度乗ってしまえば3時間で到着してしまうので大変便利なのですが、片道15000ほどかかってしまうのと、「面白くない」というのが問題で私は個人で行くときにはほとんど利用しません。

その他の選択肢としては神戸空港から羽田行きの飛行機、特にスカイマーク便を利用するという手があります。チケットは12000円前後で購入でき、飛行時間も1時間ほどなのですが、神戸空港までの電車賃と待ち時間を考慮するとのぞみとほとんど変わりません。でも、新幹線より飛行機の方が旅行している感があって私は好きなのでたまに利用しています。他には高速バスという手段がありますが、日程が厳しいときには夜行バスは良いですが疲れてしまいますし、昼行バスはとても安くて良いのですが8時間もかかってしまいます。

今回は何か別のルートはないかと探していると、同僚S君が「ぷらっとこだま」というのを教えてくれました。これはJR東海の関連会社JR東海ツアーズが提供しているツアー商品になりますが、こだまの指定席に飲み物1本がついて新大阪・東京間が10500円、さらに1500円出すとグリーン車に乗れるというものです。「これは面白い。ネタになる。」ということでいそいそと申し込もうとしたのですが、チケット配送が必要なためかインターネット予約は5日前までということでできず、仕方ないので代理店であるJTBの窓口へ行って購入してきました。もちろん往復ともグリーン車です。

これはツアー商品であり切符ではないので他の列車への振替などはできず、乗り遅れたりした場合には無効になってしまうということで少々緊張しますが、JR東海の企画ということで新大阪出発なので新大阪までは在来線の新快速を利用しました。新幹線に比べると30分ほど余計に時間がかかりますが、新幹線特急料金はばかにならないので、特に急いでいるわけでもない私には新快速で十分です。新大阪では駅弁にぎわいというところで全国100種類以上の駅弁が購入できるというので、ここで稚内駅の三宝めしという弁当を購入したのですが、写真で見て予想していた以上に小さくてびっくりしたものの満足度はなかなかでした。

この弁当を手に恐らく人生初のグリーン車に乗り込んでみたのですが、行きの列車はN700A系車両だったのでとても快適で、100V電源もあって助かりました。あまりの静かさについウトウトしてしまうほどでしたが、帰りは違いました。700系の初期の車両だったらしく電源はなく、中年男女8人ほどのグループが私の後ろの席で昼間からビールを開けて騒々しく、せっかくのグリーン車が台無しにされてしまいました。こういう本当の「マナー」を理解できない年配が増えているのは本当に困ったものです。

ということで、新幹線自体はこれまでに何度となく利用してきているので特に珍しいものでもなかったのですが、割安に利用でき、こだまがのぞみより1時間ほどよけいにかかるといってもバスよりは遥かに速く、たびたび停車するだけで走っている間は高速なので特に苛立ちを感じることもありませんでした。まあ、もともと急いでいる人が利用するようなものではないので、まったくこれで問題ないと思います。

ちなみにJR西日本の区間でも日本旅行がバリ得こだま・ひかり号という似たようなものを提供していますが、こちらはその名前の通りひかりでも利用できるようです。これだと姫路から博多までわずか6700円で行けてしまうとのことで、大変お得ですね。座席指定はできないとのことですが、グリーン車には500円で乗れるなど、ぷらっとこだまとはいろいろ違いがあるのも面白いですが、またぜひ利用してみたいと思います。

N700系

やっぱり鉄分多め。

企業に勤めるサラリーマンにも関わらず、通勤はTシャツと短パン、出社後はほとんど自分の職場から出ることもなく、出張は年に数回という日常を送っている私は、その滅多にない出張の度に学生時代に親に買ってもらったカビ臭いスーツを引っ張り出してくる有様なのですが、次にいつ必要になるのかも判らないので新調するチャンスが掴めずにいます。まあ1年に1度も着ないということはないような気がするので買ってしまえばいいのだと思いますが、夏物を買ったと思ったら寒くなってから出張が…ということになるとまた困ってしまいます。

それはさておき、今日はその珍しい出張ということで新幹線に乗って東京へ向かっています。「います」と現在進行形なのは今新幹線の車中にいてこの文章を書いているからなのですが、今乗っているのは昨年運用が開始された東海道山陽新幹線の最新型車両、N700系です。デビューからすでに1年が経過してはいるのですが、新しもの好きな私がたまにしかない新幹線に乗る機会なのですから、逃すわけにはいきません。

残念なことに、私の乗る最寄り駅に停車するのぞみでは朝と夜遅くにしかN700系が使われておらず、日中は東京-博多を最短で結ぶ列車のみで運用されているようです。最初に会社で予約してもらったときには乗り換えなしの列車の指定席を取ってもらったのですが、駅へ向かうまでの間に思い付き、駅のみどりの窓口で新大阪からN700系に乗れるよう指定券を変更してもらいました。

ということで、わざわざ新大阪で乗り換える手間と時間をかけ、念願のN700系に今乗車しているわけなのですが、うまい具合に窓側の席を取ることができたのでPCの電源を確保することができました。これがなければバッテリのヘタった私のiBook G4では30分くらいしか保たず、こんな文章を書いているうちにすぐ切れてしまうので大事なことです。

列車としての乗り心地としては、騒音についてはかすかに静かになったかもしれないという程度の違いで、相変わらずといえば相変わらずなのであまり期待しない方がいいでしょう。しかし揺れに関しては従来の700系に比べると横揺れに対する揺り返しが殆んど感じられないくらいにうまくダンピングが効いていて、不快な感じがありません。また車両全体の剛性感が上がっているような、軽量化されているような感じもあります。

車両としては目玉の振り子機構が効いているのかどうかはわかりませんが、最高速度300km/hを実現できたということなら効果があるということなのでしょう。あまりにさり気なさすぎて注意していないと動作していることもわからないと思いますが、15年前にイタリアで乗った振り子列車はわざとらしいくらい大袈裟に傾いていたもので、このさり気なさは技術の進歩というものなのかもしれません。

車内で目につくところでは文字情報の表示板が従来のものの3倍ほどの面積のカラーLEDのパネルに変更されていて、かなり見易くなっています。一度乗ってしまうと数時間座っていなければならず、どうしても退屈しがちなので、実は結構これがあって助かっているという人もいるのではないでしょうか。本当は飛行機並みとは言わないまでももっと充実したものになるといいのではないかと思いますが、あまり贅沢を言って料金を上げられては意味がありませんね。

ということで、たかが新幹線でいろいろ語ってしまう私ですが、関心のない人にとってはいつも通りの新幹線であって、ただ新しくて綺麗なだけでしょうね。そういえばシートの幅が微妙に拡がっているという話だったかと思いますが、それはあまりわかりません。新大阪まで乗っていたこだまは2+2列のグリーン車のシートが使われていたので、それと比べると…やっぱりどうも貧乏臭いので2+3列に積めこむのはやめて欲しいものですが、輸送力の限界と戦っている路線ですから諦めるしかないのでしょうね。

東海道新幹線でインターネット接続

出張の道中の暇つぶしもこれでバッチリ?

最近は朝出勤してから退社するまで一度も事務所を出ない日も少なくないというほど出掛けなくなってしまったのですが、現在の職場に移動になる前には毎週新幹線に3時間乗って客先に出張していたような時期もありました。新幹線というのは飛行機と違って一旦乗ってしまえばあとは座っているだけでいいので好きなことができるのですが、逆に言えば暇を潰せるものを何か持っていないと退屈で仕方なく、あとは寝るくらいしかありません。私は余程疲れていない限り電車などでは寝ることができないので、本を持参したり、駅の売店で雑誌を買ったりしていたものです。

本当はそういうときにウェブを見ることができれば暇なんていくらでも潰せそうなものだったのですが、走行中の新幹線でインターネットに接続する手段というのは携帯電話くらいしかなく、PCを接続して通信するとなると通信費は相当なものになりそうですし、かといって携帯電話の画面では小さくて疲れたり、バッテリーの持ちも気になってしまいますのでどうしようもありませんでした。

今回JR東海から発表されたのは、東海道新幹線の最新型N700系車両において、線路沿いに敷設された漏洩(LCX)ケーブルを経由して車内の無線LANからインターネットに接続するサービスを2009年3月から提供する、というものです。「回線速度は2Mbps」とされていますが、これは列車と地上局との間の速度と思われますので、利用人数にもよるものの高速と言えるものではありません。まあ270km/hで走行する車両からインターネットに接続できるということ自体、素晴らしいことと言えるでしょうか。

とはいえ、光ファイバーの100MbpsやADSLの24Mbpsなどが当たり前の現代の感覚では2Mbpsというと亀のような遅さに感じてしまいますが、56kbpsのモデムで高速だと思っていた15年ほど前のことを考えればメールの送受信などには全く問題のない速度でしょう。ウェブのブラウズも動画やFLASHが入っているとさすがに辛いでしょうが、PHSでもちょっと我慢すればいいくらいのスピードではアクセスできましたので問題ないでしょう。

しかし気になるのは

高速の回線速度を必要とする動画の閲覧を快適にご利用いただける程の速度ではありませんが、メールやインターネット等のビジネスユースには十分対応できる速度となっています。

という説明で、ここでいう「インターネット等」というのはどこまで含まれるのか、メールはインターネットではないのか、動画もインターネットとは違うところのものなのか、ということです。いえ、もちろんこの「インターネット」というのがウェブブラウジングのことを言いたいのだというのはわかっているのですが、「東海道新幹線のインターネット接続サービスについて」というタイトルのニュースリリースでそれはちょっとおかしいのではないかと思うわけです。

それはともかく、JR東海としては私のような暇つぶしでの利用ではなく、あくまで「ビジネスユース」のためのサービス提供ということのようですが、残念ながら私の勤務先では機密保持の観点から業務用PCからインターネットへの接続が厳しく制限されていて、無線LANなどもってのほか、というような状態なのです。社内のメールも社外からVPN経由でアクセスできるようですが、あくまで無線LANは禁止です。まあたとえ仕事に使えたとしても、私はそんなところでまで仕事をしたいとは思いませんけどね…デキる人は違うのかもしれませんが。