ぷらっとこだま

ぷらっとこだま転んでもただでは起きない?

実は先週、私の叔父が急逝したとのことで葬儀に参列するため、週末は東京に行っていました。もちろん遊びに行ったわけではありませんし、楽しいことでもなかったのですが、折角の機会ということでできるだけ楽しんでしまおうというのは少々不謹慎でしょうか。

私の住んでいる姫路から東京に行く場合、普通は新幹線のぞみを利用するでしょう。姫路駅にも東京行きののぞみが1時間に1本は停車するようになり、一度乗ってしまえば3時間で到着してしまうので大変便利なのですが、片道15000ほどかかってしまうのと、「面白くない」というのが問題で私は個人で行くときにはほとんど利用しません。

その他の選択肢としては神戸空港から羽田行きの飛行機、特にスカイマーク便を利用するという手があります。チケットは12000円前後で購入でき、飛行時間も1時間ほどなのですが、神戸空港までの電車賃と待ち時間を考慮するとのぞみとほとんど変わりません。でも、新幹線より飛行機の方が旅行している感があって私は好きなのでたまに利用しています。他には高速バスという手段がありますが、日程が厳しいときには夜行バスは良いですが疲れてしまいますし、昼行バスはとても安くて良いのですが8時間もかかってしまいます。

今回は何か別のルートはないかと探していると、同僚S君が「ぷらっとこだま」というのを教えてくれました。これはJR東海の関連会社JR東海ツアーズが提供しているツアー商品になりますが、こだまの指定席に飲み物1本がついて新大阪・東京間が10500円、さらに1500円出すとグリーン車に乗れるというものです。「これは面白い。ネタになる。」ということでいそいそと申し込もうとしたのですが、チケット配送が必要なためかインターネット予約は5日前までということでできず、仕方ないので代理店であるJTBの窓口へ行って購入してきました。もちろん往復ともグリーン車です。
三宝めし
これはツアー商品であり切符ではないので他の列車への振替などはできず、乗り遅れたりした場合には無効になってしまうということで少々緊張しますが、JR東海の企画ということで新大阪出発なので新大阪までは在来線の新快速を利用しました。新幹線に比べると30分ほど余計に時間がかかりますが、新幹線特急料金はばかにならないので、特に急いでいるわけでもない私には新快速で十分です。新大阪では駅弁にぎわいというところで全国100種類以上の駅弁が購入できるというので、ここで稚内駅の三宝めしという弁当を購入したのですが、写真で見て予想していた以上に小さくてびっくりしたものの満足度はなかなかでした。

この弁当を手に恐らく人生初のグリーン車に乗り込んでみたのですが、行きの列車はN700A系車両だったのでとても快適で、100V電源もあって助かりました。あまりの静かさについウトウトしてしまうほどでしたが、帰りは違いました。700系の初期の車両だったらしく電源はなく、中年男女8人ほどのグループが私の後ろの席で昼間からビールを開けて騒々しく、せっかくのグリーン車が台無しにされてしまいました。こういう本当の「マナー」を理解できない年配が増えているのは本当に困ったものです。

ということで、新幹線自体はこれまでに何度となく利用してきているので特に珍しいものでもなかったのですが、割安に利用でき、こだまがのぞみより1時間ほどよけいにかかるといってもバスよりは遥かに速く、たびたび停車するだけで走っている間は高速なので特に苛立ちを感じることもありませんでした。まあ、もともと急いでいる人が利用するようなものではないので、まったくこれで問題ないと思います。

ちなみにJR西日本の区間でも日本旅行バリ得こだま・ひかり号という似たようなものを提供していますが、こちらはその名前の通りひかりでも利用できるようです。これだと姫路から博多までわずか6700円で行けてしまうとのことで、大変お得ですね。座席指定はできないとのことですが、グリーン車には500円で乗れるなど、ぷらっとこだまとはいろいろ違いがあるのも面白いですが、またぜひ利用してみたいと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。