リッチドーナツ ハニーディップ

リッチドーナツ ハニーディップ決してプアマンズなんとかではありません

今日は職場で健康診断がありました。最近は頭痛や咳などもなく調子が良いということもあり特に心配はしていなかったのですが、去年と比べると体重が何と3kgも増えてしまっていることにショックを覚えました。確かにこのところ腹回りがタプついてきたような気はしていたのですが、1年で3kgというのはちょっと問題です。ろくな運動もしないのにたっぷり食事を摂って、その上間食までしていれば増えて当然ではあるので、これを機会にスポーツジムにでも通い始めた方がいいのかも知れません。飽きっぽい私にはそれを継続するというのが難しいことなのですが…

そんなことはさておき、今朝の新聞にミスタードーナツの折り込みチラシが入っていたのですが、今回はいつものドーナツ100円均一セールに加えて、新商品の「リッチドーナツ」の発売のお知らせが掲載されていました。今日19日の発売ということなので「ふーん」と朝食を食べながら眺めていると横から次男が「これ食べたい!」と指さすので、甘い親だと自覚しながらもお土産に買って帰ることにしました。

さらにおいしいドーナツをつくりたくて、
すべてを一から見直しました。
ふわっと軽い触感、自然な口溶け。
生地にとことんこだわって生まれたリッチドーナツ。ついに、デビュー。

だそうですが、Krispy Kreme Doughnutsにばかり話題をさらわれているわけにはいかないということと、Krispy Kremeの成功を見て若干単価を上げてもおいしければ売れるということを考えたのでしょうか。といってもミスタードーナツでそんなに高いものにしても売れるとは思えませんから、Krispy Kremeの相手はandonandに任せておくということなのか、リッチドーナツの方はこれまでのものに比べて20~30円程度の値上げに抑えているようです。

ラインナップはハニーディップ、シュガーレイズド、ストロベリーミルクリング、チョコレートリング、キャラメルアーモンドリングの5種類となっていますが、これと同時に従来のハニーディップなどはなくなっていることから、新商品というよりは「おいしくなって若干値上げしてリニューアル」というのが実際のところのようです。今回私はやはり基本形から、ということでハニーディップを選び、子供たちには次男が指さしていたストロベリーミルクリングを買って帰りました。

ということで早速夕食の後にみんなでちょっとずつ食べてみましたが、確かにこれまでのハニーディップとは違います。これまでのものはちょっとしっとりした食感があったかと思いますが、リッチドーナツ版ではとにかく軽く、ふんわりとしているのは謳い文句通りです。断面を見てもかなり空気が多いのがわかる通り、聞こえは悪いかも知れませんがスカスカで全く腹にたまりません。見た目は結構大きいのですが、1個は軽く食べられるのではないでしょうか。それでいて満足感はあり、リッチドーナツの名に恥じないものになっているのではないかと思います。

ただ、ちょっと残念なのは今のところバリエーションが単に上に塗られているコーティングの違いだけになっていることです。今後の展開としては生地自体にも何らかのフレーバーを練り込むなどして、ドーナツの基本である生地をますます楽しめるものにしてもらえるといいのではないでしょうか。ハニーディップでもグレーズの甘さが生地に勝ってしまっているようなところがあったので、次はさらにシンプルなシュガーレイズドを食べてみようかと思いますが、できればこのシュガーすらないプレーンなものも食べてみたいところです。

ちなみに北海道限定でクリーム系のリッチドーナツも売られているのですね。カスタードとか北海道小豆なんておいしそうですが…私としては小豆とホイップやカスタードとホイップという組み合わせが欲しいですね。まあ、1年で3kgも太ったのを気にしてたクセに何言ってるんだこのオッサンは、という感じではありますが。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください