「dessert」タグアーカイブ

かぼちゃプリン

着手してみれば案外簡単でした、が残念な結果に。
🍮

せっかくのゴールデンウィークだというのにCOVID-19緊急事態宣言(PDF)により外出自粛要請されているという、ここまで楽しくない連休もなかなかないだろうというような状況となってしまいましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。私はどこにも行かずにおとなしくしているにしても、毎週通っていた図書館も休館となってしまい、散歩の途中で立ち寄るテラスのあるカフェも休みになってしまい、ただひたすら散歩するくらいしかなくなってしまいました。それでも免疫力を維持するためにも運動不足は良くないと思い、毎日10000歩は歩くよう心がけています。

とはいえ、家にいる間ずっとYouTubeAmazon Prime Videoを見てばかりで時間を浪費するのももったいないので、いつもやらないことをやってみようということで、たまにはカレー以外の料理を作ってみることにしました。その第一弾は単なる思いつきですが、昔から大好きなかぼちゃプリンです。

作り方はいろいろなウェブサイトやYouTubeにある動画を見てみましたが、レシピが色々あって結構ばらつきが大きかったので、なんとなく感覚でやってしまいました。これは料理下手だという人がやってしまう典型的なダメな例なのはわかっているのですが、人の好みもあるでしょうし、ある程度幅があるのだろうと勝手に判断しました。

私が使った材料とその分量は以下のような感じです。

  • カボチャ 600g
  • 牛乳 200ml
  • 生クリーム 200ml
  • 卵 4個
  • 砂糖 大さじ4
  • シナモンパウダー 適量(お好みで)

作り方はいたって簡単です。まず最初にカボチャを適当な大きさにカットして、少量の水と一緒に容器に入れて電子レンジで10分程度加熱し、柔らかくなったら皮を剥きます。その後、材料をすべてブレンダーに投入して滑らかになるまで混ぜ、それを耐熱容器に移します。カラメルが欲しい人はカラメルを先に容器に入れておけばいいようですが、私は面倒だったのとカラメル無しのさっぱりしたタイプが食べたかったので入れていません。

容器に移したプリン液を予熱した170℃のオーブンに入れて50分程度湯煎します。この温度や加熱時間もレシピによってばらつきがありましたが、これは容器の大きさや深さにもよるでしょうから、適当に時間を見計らうしかないでしょう。焼き加減も表面がプルプルしていて生なのかどうかわかりにくいのですが、中央付近が盛り上がってきて、竹串を刺して何も付いてこなければ焼き上がりと判断しました。その後は粗熱を取ってから冷蔵庫で冷やせば出来上がりです。

ということで一晩冷やして今日食べようと取り分けるときに失敗が明らかになりました。焼き加減を見るときに竹串を刺した場所が悪く端の方だったので、周辺部は焼けていたものの中央よりはまだトロトロの状態だったのでした。カボチャ以外に生で食べられないものは入っていないので仕方なくそのまま食べることにしましたが、味の方はなかなか良い加減で美味しかっただけに非常に残念です。この連休の間に再度挑戦して、次こそは中央付近に竹串を指すことを忘れないようにしたいと思います。まあこういう経験も必要ですよね。

[2020-05-07 追記]
2度めのチャレンジで同じ配合と手順のまま、焼き時間をのべ90分まで伸ばした結果、期待通りのしっとり柔らかいかぼちゃプリンに仕上げることができました。最初の50分というのは小さな容器に小分けした場合の時間で、一つの大きな容器で作る場合にはもっと長くする必要があるようですね。一つ勉強になりましたが、これでかぼちゃプリンはマスターできたのではないかと思います。焼き加減さえ見極められればあとは何も難しいことがないので、ぜひお試しください。

爽 ジンジャーエール味(辛口)

爽 ジンジャーエール味(辛口)これで辛口!?

私は基本的に味のきついもの、クセの強いものが好きなので、生姜もピリピリするくらい利いたものが好みです。アルコールが飲めないせいで代わりにジンジャーエールを飲むという機会も多いのですが、その時に辛口のものがあればまず間違いなくそれを選ぶくらい、辛口ジンジャーエールは好きです。日本で辛口ジンジャーエールというとだいたいウィルキンソン・ジンジャーエールになってしまうのではないかと思いますが、アメリカでは数多くの小規模な会社で様々な種類のSpicy Ginger Aleが作られていて、スーパーでも5つほどのブランドの製品が売られていて、いろいろ楽しむことができました。

先日、友人がInstagramに載せていたことで遅ればせながら知ったのですが、ロッテのアイスクリーム・氷菓のジンジャーエール味(辛口)というものがありました。過去形にしているのはもうロッテのウェブサイトから無くなってしまっているためで、在庫限りで販売終了ということになっているのではないかと思われます。私はその存在を知ってから探して回ったのですが、すでにコンビニなどでは見つからない状態で、辛うじてあるスーパーで売られているのを発見して慌てて買ったのでした。もしかすると私が見つけられなかったのはたまたまなのかもしれませんが、すでに次の製品「冷凍ぶどう味」というのが今週から発売されているので、それと入れ替わりになっているのではないかと思います。

このジンジャーエール味(辛口)を食べてみると、確かにジンジャーエールの味です。このジンジャーエールらしさは期待以上でした。しかし辛口かというと、恐らく期待が大きすぎたのでしょうが、カナダドライよりは辛いといえるような気もするものの、はっきり言えば物足りません。しかし、私が満足するようなものが万人受けするとはとても思えないのでそこまで求めるのが無理なことはわかっています。ただ、それなら逆に「辛口」などと付けない方が多くの人が食べてみる気になったのではないかとも思います。

私の家族もみな辛い方が好きなので物足りなかったようですが、妻などは「生姜を足した方が良いのではないか」などという始末です。さすがに私もそこまでするとバランスが崩れるような気がするのでやりませんでしたが、まあ我が家はちょっと極端ですね。

焙じ茶アイスクリーム

焙じ茶アイスクリーム合わないわけがないのですが。

私の自宅から最寄りのスーパーマーケットは歩いて5分ほどのところにあるのですが、以前からやや高級志向というか多少高くても良い物を選んで置いているようなところなので、毎日ここで買っていると少々食費がかさんでしまいます。したがって、ちょっとしたものならここで買うのですが、週末にまとめ買いをするときはちょっと離れたところにある大きめのスーパーに車で行くことが多いです。先日こうした話を職場の友人らとしていたとき、その近所のスーパーにあるほうじ茶のアイスクリームが美味しいということを聞いたので、いつか機会があれば買って食べてみようと思っていました。

今日は妻と買い物に出掛けた帰りにこのスーパーに寄ったのですが、その時に妻が思い出して教えてくれたのが、その名も「焙じ茶アイスクリーム」でした。久保田食品という高知県南国市の小さな会社のようですが、ちょっとこだわりのアイスをいろいろ作っているようです。

早速入浴後に家族で分けあってちょっとずつ食べてみたのですが、一口含んだあとで広がる香ばしい独特の香りがとても良く、なるほどおいしいアイスクリームでした。ほうじ茶が入っているというとなんだか意外な感じがしてしまいますが、紅茶や抹茶が入ったアイスクリームは美味しくてすっかり定着しているのですから、ほうじ茶のものがあってもまったく不思議な事はありませんでした。実は私は「法事の際に出すから法事茶」なのかと思っていましたが、焙じて(焙煎して)いるから焙じ茶なのですね。その焙煎によって独特の香ばしい香りが生まれていて、このアイスでもそれが活きているというわけです。

今日はもう一つごまアイスというのも買って、これも食べてみたのですが、こちらはアイスミルクなので軽く、良く言えばさっぱりしている、悪く言えばコクがないので焙じ茶アイスクリームとはかなり違います。値段も40円ほど安いのですが、満足度の違いはそれ以上にあるのではないでしょうか。さらに安いアイスではもっと脂肪分の少なくなってほとんどがラクトアイスになりますが、ラクトアイスの場合は植物性油脂などが添加されて脂肪分が補われていたりするのですね。このごまアイスではそうしたことをしていないので、ちょっとサクサクした食感になっています。ごまアイスということでこってりしたものを期待してしまったのでやや期待はずれな感じはありましたが、これはこれで決して美味しくなかったわけではありません。

他にもいろいろユニークなものがありますが、一番気になるのは生姜アイスクリームでしょうか。店頭にあったかどうか記憶にありませんが、もし見つかったらぜひ試してみたいと思います。