スターバックスリザーブバーとナイトロコールドブリューコーヒー

ナイトロ コールドブリュー コーヒー近くにあったら入り浸りそう。

先日東京にいる間に六本木の東京ミッドタウンの近くの店で食事をしに行ったのですが、到着がちょっと早すぎたのでミッドタウンの辺りでぶらぶらしていると、スターバックスの2階にスターバックス リザーブ バーがあるのを見つけました。どうも今調べるとオープンしてからまだ1週間しか経っていなかったようですが、もちろん私はそれまで行ったことがなかったのでどんなものかと行ってみることにしました。

初めてなので恐る恐る入っていってみると、木製の大きなバーカウンターとその周りにテーブル席がありましたが、通常のスターバックスの店舗のように注文するレジはありません。これはまず席に着けということだろうとカウンターに座り、正直に初めてでよくわからないと言うと、やはり座席で注文と支払いをするシステムだとのことでした。そこでシステムとメニューを説明してもらうと、その中にGINZA SIXにできた店舗でないと飲めない、とテレビなどでも報じられていたナイトロ コールドブリュー コーヒーがここでも飲めるということなので、これを試してみることにしました。

これは水出しコーヒーに窒素の細かい泡を加えて注ぐというもので、生ビールのようなタップからグラスに注いで提供してくれます。その様子は写真に撮っても構わないとのことなので遠慮なく連写させてもらいましたが、照明もいい具合に当てられているので真新しいタップやカウンターの光沢なども含め非常に絵になります。そして注がれたコーヒーは泡がビロードのカーテンのように層をなしていて、独特のビジュアルをもっています。

注ぎ終わって提供されてからもしばらく見ていたい気になってしまうのですが、放っておくと泡は徐々に減っていってしまいますので、本当はすぐに飲むべきなのでしょう。口にしてみるときめ細かな泡が濃厚なとろみのように感じられて、まるでクリームのような滑らかさでありながら、コーヒー自体は薄められていないのでその深いコクも同時に楽しむことができます。ただ、やはりこれは時間が経つとどんどん変化していってしまうので、もったいぶらずに飲んでしまうのが良いようです。といっても、氷は入れられていないため最後に残るのは濃い目の水出しコーヒーで、それはそれで美味しく飲むことができました。

価格は使われているコーヒー豆の種類によって3段階ありますが、私が飲んだ時は✭2のニカラグア・マラカトゥーラという豆で、トールサイズで税込み1004円となりました。「アイスコーヒーに1000円」というと高く感じてしまうとは思いますが、とても落ち着いた空間が提供されているので、その雰囲気を楽しみ気分をリラックスさせることができるなら決して高すぎることはないと思いました。アルコールの飲めない私にはよくわかりませんでしたが、大人向けの落ち着いたバーというのはこういうものなのかもしれませんね。

なお、このナイトロコールドブリューコーヒーは6月1日(今日)から札幌、京都、大阪、神戸の4店舗でも提供開始とのことですが、これらの店舗ではスターバックス リザーブのコーヒー豆を使用していないので、トールサイズでも520円ということなので私が飲んだものの半額程度となり、試しやすくなっています。その代わり、店舗も通常のスターバックスなので上に書いたような落ち着いた空間は提供されないので、同じような満足感が得られるかどうかはわかりません。それぞれは別のものと思ったほうが良いかもしれませんね。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください