A Film About Coffee

観ているうちにコーヒーが飲みたくなって途中で淹れてしまいました。
☕

未だ終息の見えないCOVID-19の影響でこの4月頃から在宅勤務中心の生活になりましたが、実はそれによって良くなったことが少なくありません。その一つは好きなときにコーヒーを淹れて飲めるようになったということなのですが、平均よりもだいぶコーヒーを飲みたい私にとっては結構意味のあることで、これによって業務に対する集中力も上がっていることは間違いないと思います。

また、週末もお気に入りのカフェでのんびりしたり、美味しいコーヒーを求めてカフェ巡りをしているのですが、そういったカフェの中でも気にいる一つのタイプは「店舗内で焙煎している」ところです。そういうところは間違いなく豆にもこだわっているのでコーヒー自体が美味しいということもあるのですが、それ以上に店内に微かに漂う焙煎時の独特の香りがたまらなく好きなのです。

昨日観た映画「ア・フィルム・アバウト・コーヒー」はそんな香りが今にも漂ってきそうな作品でした。1時間少々の短い作品なので、気負わずにちょっとした隙間時間にも観ることができるのではないでしょうか。

コーヒーを愛し、コーヒーに人生を掛ける、コーヒーが飲まれるまでの各工程に関わるプロフェッショナルを追ったドキュメンタリー作品で、ニューヨーク、サンフランシスコ、ポートランド、シアトルというアメリカの各都市と、東京のロースターが登場します。本当はコーヒー文化といえばイタリアのバールやパリなどのカフェなども欠かすべきではないところだと思いますが、アメリカ映画なので仕方ないでしょうか。

本作では日米のロースターと同程度に、ルワンダやホンジュラスの生産者の様子も取り上げられています。コーヒーノキを育て、収穫・精製することでコーヒー豆となり、焙煎ができる状態となるのですが、そこまでの工程には多くの人々の手がかかっています。また、1本の木からはおよそ450gのコーヒーが採れるとのことで、逆にそれしか取れないのです。我が家ではだいたい2週間位で800gのコーヒーを消費していますので、年間40本以上のコーヒーの木を必要としているということになり、それを育てるためにも人手が掛かっていることを考えると、これは非常に贅沢なことではないでしょうか。

また、コーヒー豆の販売では「フェアトレード」が謳われることがありますが、本作ではそれを超えた「ダイレクトトレード」の取り組みが紹介されています。フェアトレードとは原材料を適正な価格で継続的に購入することによって生産者の生活改善や自立を目指す取り組みのことですが、ダイレクトトレードはそれをさらに進め、中間業者を省いて生産者と直接取引して購入することによって価格面だけでなく情報の面でもメリットを見出そうとするものです。その代価として産地に直接赴いて交渉しなければならないなどがあり、また消費者にもその品質に見合う負担への理解が求められるでしょう。こうした取り組みは良質なコーヒーの生産そのものを持続可能なものとしていくために必要なものだということで、勉強になりました。

ということで、ますますコーヒーへの関心が高まり、今後1杯1杯を心していただいていきたいという気持ちになりました。

De’Longhi Coffee Grinder KG364J

挽きたてというだけでだいぶ違います。
☕

自他ともに認めるコーヒー中毒の私も以前はインスタントでも満足していたものですが、自分で豆を挽いて淹れたときの美味しさを知ってしまってからは、挽かれた状態で売られているものでも満足できないようになってしまいました。もちろん、挽き売りのものでも、それこそインスタントであっても、購入直後はむしろ自分で挽いたときよりも美味しかったりもするのですが、開封直後から急速に劣化が進んでしまうので、数日後には大きな差がついてしまうということです。

ということで、出勤前に豆を挽いて保冷タンブラーにアイスコーヒーを淹れるというのが私の朝の日課になっているのですが、先日豆を挽こうとグラインダーのスイッチを押したところ、電源が入らないままボタンがめり込んでしまい、そのまま使えなくなってしまいました。その時使っていたのはBodumBistroという製品ですが、2012年にアメリカで購入してから使っていたもので、内部に微粉が詰まってしまっていたり、表面が劣化してベタベタになってしまったりしていたので、正直そろそろ潮時だろうと思っていたところでした。

そこで急いで購入しなければということになったのですが、以前から欲しかったKalitaNEXT Gなどは実売価格でも3万円を超えるので本当に要るのか、それだけの価値があるのか、差がわかるのか、などいろいろ考えてしまって、子供の学費など金が必要な時期でもあって購入に踏み切ることができず、結局De’LonghiKG364Jという製品を選択しました。私は購入したときは1万円強でしたが、今見ると2000円も値上がりしているのでなかなかいいタイミングで購入できたようです。

De’Longhiといえばオイルヒーターやエスプレッソマシンで有名なイタリアの家電メーカーですが、BraunブランドのOEM製品の製造・販売も行っているようです。コーヒーにこだわりを持つ人の多いイタリアの製品なので、中途半端なものではないだろうと期待しての購入でもありますが、思いがけず良かったのがこれまでのBodum Bistroよりも圧倒的に静かなことです。マンション住まいなのでダイニングキッチンに主寝室が隣接しているため、妻の起床前にコーヒーを挽くのも少々気を使っていたのですが、これならそれほど気にせずに済みそうです。とはいえ、最初の朝に挽いたところで「だいぶ静かやなあ」と言いながら妻が起きてきたのですが。

一方で前の方が良かったのは、挽き上がったコーヒー粉が入るコンテナが樹脂製のため、粉をフィルターに移す際に静電気で飛び散ってしまうことです。Bodum Bistroはコンテナがガラス製のため飛び散らない、というのを売りにしていたくらいなのでわかっていたことではあるのですが、この問題は根本的に解決できないものなのでしょうか。導電性の金属で作ればいいのでしょうが、コストとの兼ね合いで仕方がないのしょうね。Bistroでも挽いた直後は飛び散っていましたが、数分置いておくと落ち着いていました。ただし、もともと付属していたコンテナはあるとき割れてしまったため、この2年ほどは手持ちのグラスで代用していました。KG364Jでも丁度いいサイズのグラスがあればそれで良いのかもしれません。

もう一つ気になるのは挽く豆を入れるホッパーが微妙に小さく、200gの豆が入り切らないということです。製品仕様上は250gということになっていますが、まだ完全に空になっていなかったということなのでしょうか。本当は使う分だけその都度計量して投入するのが良いということはわかっているのですが、我が家で挽く頻度ではちょっと面倒なので横着してしまっています。買ってきた200gの袋から投入すると蓋が閉まらないので、困るというほどではないものの気になっているという程度ですが、KG366Jという上位(後継?)機種では310gに拡大されているので、不満の声があったのかもしれません。

挽き上がった豆の細かさは均一な気がしますが、コーヒーと言えばエスプレッソのことを指すイタリアの会社だからなのか、粒度の調整はかなり細挽きに寄っています。ドリップで淹れるにはかなり粗い側を使用すれば問題ありませんが、サイフォンなどで淹れるには向いていないかもしれません。挽く量は杯数の目盛りで調整しますが、スイッチを兼ねているため回した傍から動き始めるので、微調整は難しいです。

総合的には、Bistroの方が勝っている点はあったにしてもより安価でしたし、なにより非常に静かであることがとても気に入りました。またしばらく、壊れるまでは使うことになると思いますが、はたして何年持つでしょうか。

マクドナルド 新生ラテ

マクドナルド 新生ラテ手軽さと美味しさのバランスは最高?

だいぶ古い情報になってしまいますが、2010年にオリコンから発表された「買いたいコーヒーランキング」というのは次のようなものでした。

  1. マクドナルド
  2. ドトール
  3. モスバーガー
  4. スターバックス
  5. ミスタードーナツ

もう7年以上も前のものなので今調べたら多少違うものになっている可能性はありますが、世の大衆に問うとこのような結果になったそうです。知名度が相当影響しているのではないかという気もしますが、それだけ親しまれているということでもあるでしょうし、「スタバは美味しいかもしれないけれどちょっと高い」と感じている人も少なくないでしょうから、コストパフォーマンスを考えるとこういう結果になるのかもしれません。また、上位の回答では「クセがない」という点も挙げられているので、一般受けというのはそういうことなのでしょう。調査の内容をよく見ると、このとき評価されているのは香り、酸味、濃さ、苦味、後味、全体のバランス、という6項目で10点満点、購入意向に関して10点満点、ということなので、購入意向の重みが大きすぎるように思われます。この比率を変えると結果も変わってくるのではないでしょうか。

それはともかく、ここで最高評価を得ているマクドナルドの、カフェラテが生まれ変わるというニュースをキャッチしました。この新生ラテWorld Barista Championship2014年大会で優勝した井崎英典氏が「完全監修」したというのが売りになっているようです。といっても店舗ではマシンが全自動で抽出するだけなので、その設定をチューニングしたということなのかと思いますが、豆選びや焙煎、挽きについてアドバイスしたということなのでしょう。井崎氏にとっては自分の名前が全面に出されるということでなかなかリスクのあるものだったのではないかと思いますが、自信を持って送り出すことができたのでしょうか。

ということで、全国一斉に展開されるものなのかよくわからなかったものの、その初日である今週月曜日、出社前に職場近くのマクドナルド店舗に立ち寄って、朝からカフェラテを試してみました。カウンターには「新生ラテ」のPOPが出ていたので新しいものに変わっていたのは間違いないでしょう。日頃それほどマクドナルドでカフェラテを飲んでいるわけではないのではっきり比較できるわけではありませんが、なんとなくコーヒーの味がこれまで以上に強く感じられるような気はしました。とはいえ、飛び上がるレベルで美味しくなっているわけではないので、プラシーボ効果である可能性も否定できないレベルかもしれません。しかし、一昔二昔前のマクドナルドのコーヒーは多くの日本人が持つアメリカンを絵に描いたようなものでしたが、最近のものは今まででも値段の割には十分美味しかったわけで、それが少しでも改良されたということであれば美味しくないわけもないでしょう。

コーヒーに求められるものは味や香りだけではなく、それを提供する場所の雰囲気などもとても重要だと私は思っているので、他のカフェに行くことをやめてマクドナルドに行く、というようなことにはならないでしょう。しかし、全国津々浦々にあるマクドナルドですから、ドライブの途中でちょっと一服したいけれど良さそうなカフェもスターバックスもない、というような時には活躍してくれるので、それが少しでも美味しくなったというのは嬉しいことです。