「coffee」タグアーカイブ

De’Longhi Coffee Grinder KG364J

挽きたてというだけでだいぶ違います。
☕

自他ともに認めるコーヒー中毒の私も以前はインスタントでも満足していたものですが、自分で豆を挽いて淹れたときの美味しさを知ってしまってからは、挽かれた状態で売られているものでも満足できないようになってしまいました。もちろん、挽き売りのものでも、それこそインスタントであっても、購入直後はむしろ自分で挽いたときよりも美味しかったりもするのですが、開封直後から急速に劣化が進んでしまうので、数日後には大きな差がついてしまうということです。

ということで、出勤前に豆を挽いて保冷タンブラーにアイスコーヒーを淹れるというのが私の朝の日課になっているのですが、先日豆を挽こうとグラインダーのスイッチを押したところ、電源が入らないままボタンがめり込んでしまい、そのまま使えなくなってしまいました。その時使っていたのはBodumBistroという製品ですが、2012年にアメリカで購入してから使っていたもので、内部に微粉が詰まってしまっていたり、表面が劣化してベタベタになってしまったりしていたので、正直そろそろ潮時だろうと思っていたところでした。

そこで急いで購入しなければということになったのですが、以前から欲しかったKalitaNEXT Gなどは実売価格でも3万円を超えるので本当に要るのか、それだけの価値があるのか、差がわかるのか、などいろいろ考えてしまって、子供の学費など金が必要な時期でもあって購入に踏み切ることができず、結局De’LonghiKG364Jという製品を選択しました。私は購入したときは1万円強でしたが、今見ると2000円も値上がりしているのでなかなかいいタイミングで購入できたようです。

De’Longhiといえばオイルヒーターやエスプレッソマシンで有名なイタリアの家電メーカーですが、BraunブランドのOEM製品の製造・販売も行っているようです。コーヒーにこだわりを持つ人の多いイタリアの製品なので、中途半端なものではないだろうと期待しての購入でもありますが、思いがけず良かったのがこれまでのBodum Bistroよりも圧倒的に静かなことです。マンション住まいなのでダイニングキッチンに主寝室が隣接しているため、妻の起床前にコーヒーを挽くのも少々気を使っていたのですが、これならそれほど気にせずに済みそうです。とはいえ、最初の朝に挽いたところで「だいぶ静かやなあ」と言いながら妻が起きてきたのですが。

一方で前の方が良かったのは、挽き上がったコーヒー粉が入るコンテナが樹脂製のため、粉をフィルターに移す際に静電気で飛び散ってしまうことです。Bodum Bistroはコンテナがガラス製のため飛び散らない、というのを売りにしていたくらいなのでわかっていたことではあるのですが、この問題は根本的に解決できないものなのでしょうか。導電性の金属で作ればいいのでしょうが、コストとの兼ね合いで仕方がないのしょうね。Bistroでも挽いた直後は飛び散っていましたが、数分置いておくと落ち着いていました。ただし、もともと付属していたコンテナはあるとき割れてしまったため、この2年ほどは手持ちのグラスで代用していました。KG364Jでも丁度いいサイズのグラスがあればそれで良いのかもしれません。

もう一つ気になるのは挽く豆を入れるホッパーが微妙に小さく、200gの豆が入り切らないということです。製品仕様上は250gということになっていますが、まだ完全に空になっていなかったということなのでしょうか。本当は使う分だけその都度計量して投入するのが良いということはわかっているのですが、我が家で挽く頻度ではちょっと面倒なので横着してしまっています。買ってきた200gの袋から投入すると蓋が閉まらないので、困るというほどではないものの気になっているという程度ですが、KG366Jという上位(後継?)機種では310gに拡大されているので、不満の声があったのかもしれません。

挽き上がった豆の細かさは均一な気がしますが、コーヒーと言えばエスプレッソのことを指すイタリアの会社だからなのか、粒度の調整はかなり細挽きに寄っています。ドリップで淹れるにはかなり粗い側を使用すれば問題ありませんが、サイフォンなどで淹れるには向いていないかもしれません。挽く量は杯数の目盛りで調整しますが、スイッチを兼ねているため回した傍から動き始めるので、微調整は難しいです。

総合的には、Bistroの方が勝っている点はあったにしてもより安価でしたし、なにより非常に静かであることがとても気に入りました。またしばらく、壊れるまでは使うことになると思いますが、はたして何年持つでしょうか。

マクドナルド 新生ラテ

マクドナルド 新生ラテ手軽さと美味しさのバランスは最高?

だいぶ古い情報になってしまいますが、2010年にオリコンから発表された「買いたいコーヒーランキング」というのは次のようなものでした。

  1. マクドナルド
  2. ドトール
  3. モスバーガー
  4. スターバックス
  5. ミスタードーナツ

もう7年以上も前のものなので今調べたら多少違うものになっている可能性はありますが、世の大衆に問うとこのような結果になったそうです。知名度が相当影響しているのではないかという気もしますが、それだけ親しまれているということでもあるでしょうし、「スタバは美味しいかもしれないけれどちょっと高い」と感じている人も少なくないでしょうから、コストパフォーマンスを考えるとこういう結果になるのかもしれません。また、上位の回答では「クセがない」という点も挙げられているので、一般受けというのはそういうことなのでしょう。調査の内容をよく見ると、このとき評価されているのは香り、酸味、濃さ、苦味、後味、全体のバランス、という6項目で10点満点、購入意向に関して10点満点、ということなので、購入意向の重みが大きすぎるように思われます。この比率を変えると結果も変わってくるのではないでしょうか。

それはともかく、ここで最高評価を得ているマクドナルドの、カフェラテが生まれ変わるというニュースをキャッチしました。この新生ラテWorld Barista Championship2014年大会で優勝した井崎英典氏が「完全監修」したというのが売りになっているようです。といっても店舗ではマシンが全自動で抽出するだけなので、その設定をチューニングしたということなのかと思いますが、豆選びや焙煎、挽きについてアドバイスしたということなのでしょう。井崎氏にとっては自分の名前が全面に出されるということでなかなかリスクのあるものだったのではないかと思いますが、自信を持って送り出すことができたのでしょうか。

ということで、全国一斉に展開されるものなのかよくわからなかったものの、その初日である今週月曜日、出社前に職場近くのマクドナルド店舗に立ち寄って、朝からカフェラテを試してみました。カウンターには「新生ラテ」のPOPが出ていたので新しいものに変わっていたのは間違いないでしょう。日頃それほどマクドナルドでカフェラテを飲んでいるわけではないのではっきり比較できるわけではありませんが、なんとなくコーヒーの味がこれまで以上に強く感じられるような気はしました。とはいえ、飛び上がるレベルで美味しくなっているわけではないので、プラシーボ効果である可能性も否定できないレベルかもしれません。しかし、一昔二昔前のマクドナルドのコーヒーは多くの日本人が持つアメリカンを絵に描いたようなものでしたが、最近のものは今まででも値段の割には十分美味しかったわけで、それが少しでも改良されたということであれば美味しくないわけもないでしょう。

コーヒーに求められるものは味や香りだけではなく、それを提供する場所の雰囲気などもとても重要だと私は思っているので、他のカフェに行くことをやめてマクドナルドに行く、というようなことにはならないでしょう。しかし、全国津々浦々にあるマクドナルドですから、ドライブの途中でちょっと一服したいけれど良さそうなカフェもスターバックスもない、というような時には活躍してくれるので、それが少しでも美味しくなったというのは嬉しいことです。

スターバックスコーヒー 福袋 2018

スターバックス 福袋 2018買うこと自体が娯楽なのです。

昔は正月三が日はほとんどの商店が休みで、初詣に行く人々以外は町中がひっそりとしていてそれも情緒があったものですが、最近は都会では元日から、私が住んでいるような地方都市でも2日から多くの店が開いていて、駅前のショッピングモールなどは初売りセールで大変な賑わいになっていました。それらの店頭の多くでは福袋が売られていましたが、これも日本独特の正月の楽しみですね。

スターバックスコーヒーでも例年福袋が売られていましたが、これまでは購入する人が開店前から行列を作り、転売目的で購入する人も多かったため欲しい人が買えないという自体になっていました。今年からはこれらの対策として、事前に申し込みを受け付けて抽選を行い、年始の営業初日に受け取るという形式になりました。これには賛否あると思いますが、私もとりあえず申し込んでみて買うかどうかは当たってから考えよう、と思って申し込んでみたところ、見事に当たってしまったのでした。本当はどれほどだったのかよくわかりませんが、倍率は5倍程度とも言われているようです。

福袋というのは何が入っているのかわからないのでワクワクするというのが一番の楽しみだったのではないかと思いますが、最近はあらかじめ入っているものが知らされていたり、福袋を買い集めて開封するというのがネタになっているウェブサイトも少なくないので、その本来の楽しみは薄れてきて、損得で考えるようになってしまっているのは残念な気がします。今回の場合も、最寄りの店舗がテナントとして入っているビルが元日は休業のため、引き換えが2日と出遅れ、すでにネットの情報で何が入っているのかは大体わかってしまっていました。
スターバックス 福袋 2018
ということでちょっと迷いながらも結局購入してきた私の袋に入っていたものは以下の通りです。

  • 中挽きコーヒー豆2種(パイクプレイスローストハウスブレンド)
  • ステンレスロゴコールドカップタンブラー
  • ホリデー2015オーナメントデミシルバーシェブロン (オーナメントにもなるデミタスカップ)
  • 角砂糖入りの小瓶
  • 保冷ミニトート
  • トートバッグ (商品が入っていた袋)
  • ビバレッジカード4枚 (610円までのドリンクと引き換え可能)

タンブラーは人によって入っているものが違うようで、保温できる魔法瓶タイプのものの人もいるようですが、私のものは密閉できないコールドカップだったのがちょっと残念です。また、デミタスカップは商品名で分かる通り2年前のものでしょうが、同じ売れ残りでもタンブラーの人もいるらしく、それも羨ましかったりします。これら以外はみな同じものが入っているようなので、要するに私のものはハズレだったということですが、私の運は福袋の購入権を得たところで尽きたということでしょう。といってもコーヒーとビバレッジカードとトートバッグだけで元は取っているでしょうから、良しとしたいと思います。また、この派手なタンブラーも自分で選んで買うことはなさそうですが、嫌いではないのでドライブの時に使ってみます。

福袋を購入するのはこれが2回目で、だいぶ前に一度ユニクロのものを買ってみたことがありますが、やはり衣服というのは趣味が合わなければどうにもならないので難しいものです。ユニクロの場合は多くの商品がプレーンなテイストになっているので比較的問題ない方だと思いますが、それでも「これは着ないな」というものがいくつかありました。要らないものはうまく人に譲ることができればいいのですが、ヤフオクメルカリなどで売りに出すのも面倒なのでついついガラクタになってしまいます。

なお、このスターバックスの福袋は、当選した人が受け取りに現れなかったために残ったというものが明日から店頭で販売されるということなので、惜しくも外れてしまった方や、申し込んでいなかったけれど欲しくなったという方は早く店に行ってみると巡り会えるかもしれません…といってももう間に合わないでしょうね。