Archives

姫路市立動物園のカピバラの赤ちゃん

笹を食べるカピバラの赤ちゃんどんな動物でも小さいうちの可愛さは特別。

先週末に遠出をして目一杯遊んできたので今週末はちょっと自重して、天気が良く涼しかったこともあり近所を自転車で走ってくるという、非常に健康的な過ごし方となりました。といってもちゃんと自転車に乗るのはかなり久しぶりなのでそんなに長い距離を走ることもできず、土曜日の昨日は延べ25kmほどのものでした。なぜか気分が乗っていたので今日もちょっと走ってこようという気になったのですが、さすがに脚の筋肉には昨日の疲れが残っていて、走り出してすぐに「これはダメだ」とわかったので、回り道はちょっとだけにして目的地へと向かうことにしました。

その今日の目的地というのは姫路城の三の丸にある、姫路市立動物園です。こんな町の動物園にしては案外ちゃんとした動物園で、1951年に開園してから大規模な改装も行われていないので古臭いところはありますが、それが逆に親しみやすいところでもあったりします。入園料が大人200円と非常に安い上に、年に何度か無料公開となる日もあるので、特に子供が小さかった頃には私もたびたび足を運んでいました。
食事中のカピバラ母子
次男も15歳になったというのにその動物園になぜ、というのは、先日カピバラ赤ちゃんが生まれたというニュースを目にしたためです。実は今年の春頃の無料公開日にも行ったのでカピバラ舎が入り口のすぐ横にあるのは知っていたのですが、そこに6匹の赤ちゃんカピバラがいるということで、その愛らしい写真を見たら私もぜひ、大きくなってしまう前に見に行かなければという気になったのです。

入っていってみるとカピバラ舎の周りに黒山の人だかり…とは行きませんでしたが、何組もの親子連れと大きなレンズのカメラを構える男性が一人いました。早速私もその中に入っていきましたが、小さい子供の邪魔をしてはいけないのであまり大胆に寄ることができず、しばらく檻越しのショットを撮り続けました。それでも赤ちゃんたちのかわいさは格別で来てみて良かったと思いましたが、檻の中でも撮影している関係者がいて、これはズルいと思いました。
昼寝中のカピバラの赤ちゃんたち
その後、園内をブラブラと一周してみてからカピバラの近くにいるフラミンゴも覗いてみると、フラミンゴも産卵して卵を温めていたり、まだ白い羽毛に包まれた雛もいるのを見ることができました。これは帰宅後にニュースになっているのを見つけました。

そして動物園から出る前に最後にもう一度見ておこうと思ってカピバラの方へ行くと、ちょっとスペースができていて檻にもたれかかって撮ることができたので、最初に撮ったものと違い檻をフレームに入れずにいい写真を撮ることができました。ここではそれをお見せすることにしますが、固まって昼寝をする姿なんて本当に可愛いですよね。カピバラなんて言ってしまえば大きなネズミで、しかもちょっとした犬よりも大きくなるのにどうしてこんなに可愛く見えるのでしょうか。おっとりした感じがいいのでしょうかね。

Leave a Reply

 

 

 

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。