「life」タグアーカイブ

日傘

ローテクでも有効です。
☂️

COVID-19の影響で外出が減ったことで「コロナ太り」をしてしまったという人も少なくないようですが、平常時は会社まで徒歩で通勤していた私も在宅勤務中心になったことでその危険性は大いにありました。しかし、在宅勤務を始めたのとほぼ同時に終業後の散歩というかウォーキングを習慣化したので、出社時と同じ程度の歩数を歩くことができており、体重の増加もなんとか抑えることができています。

ただ、この夏の間の炎天下はただ歩くのも危険で、夕方とはいえまだ日が照っている時間帯はなるべく日陰が多くなるようなコースを選んで歩いていました。ここで最近になってようやく気づいたのですが、日差しがきついなら日傘を差せば楽になるのではないか、ということで早速買ってみることにしました。

私の妻も以前から外を歩くときには日傘を常用していてそれを見ていたのですが、これは日焼けをしたくないからだろうと思いこんでいたのでした。しかし、日陰に入れば楽になるのだから、日傘でも同じような効果は得られるはずで、それはまさしく事実でした。実際に強い日差しの日に日傘を差してみると、遥かに楽になります。

ただ、どうしてもなれないせいか人目を気にしてしまう自分がいます。しかし、もともと日本には男性が日傘を差す文化があったものの、江戸時代や太平洋戦争中に贅沢として禁じられてしまったという経緯があるようです。この辺はあまり確かな出典元がないのですが、男性が日傘を差すことがおかしいということは特にないはずで、仮に今までおかしいものとされていたとしてもこれだけ気候が変化しているのだから習慣の方を変えてもいいはずです。

また、私は晴雨兼用の日傘を購入したのですが、これは日傘として使用するときに雨傘とは違う物理的な問題が一つあるということに気づきました。それは風の強い日のことで、雨傘の場合は雨も風に乗って降り掛かってくるので傘を風上に向ければ良いのですが、日傘の場合はあくまで太陽の方に向けなければならず、傘の内側に風が当たるような方向になってしまうことがあり、傘の構造的に強くないため反対側に反ってしまうことがあるのです。晴天時専用の日傘であれば風を逃がすような構造にできるはずなので、兼用というのは良いことばかりではなかったようです。

とはいえ、それ以外には特段の問題はなく、非常に軽量コンパクトで私がこれまで持ち歩いていた折りたたみ傘より小さく軽いので、小さなかばんにも収まり荷物になりません。普段から持ち歩くことができないと使う機会もなくなってしまいますから、これは重要なポイントですね。またいざというときには雨傘として使えるというのも良いですが、さすがに雨傘としては小さいのでゲリラ豪雨には耐えられそうになく、あくまで一時しのぎですね。

姫路市立動物園のカピバラの赤ちゃん

笹を食べるカピバラの赤ちゃんどんな動物でも小さいうちの可愛さは特別。

先週末に遠出をして目一杯遊んできたので今週末はちょっと自重して、天気が良く涼しかったこともあり近所を自転車で走ってくるという、非常に健康的な過ごし方となりました。といってもちゃんと自転車に乗るのはかなり久しぶりなのでそんなに長い距離を走ることもできず、土曜日の昨日は延べ25kmほどのものでした。なぜか気分が乗っていたので今日もちょっと走ってこようという気になったのですが、さすがに脚の筋肉には昨日の疲れが残っていて、走り出してすぐに「これはダメだ」とわかったので、回り道はちょっとだけにして目的地へと向かうことにしました。

その今日の目的地というのは姫路城の三の丸にある、姫路市立動物園です。こんな町の動物園にしては案外ちゃんとした動物園で、1951年に開園してから大規模な改装も行われていないので古臭いところはありますが、それが逆に親しみやすいところでもあったりします。入園料が大人200円と非常に安い上に、年に何度か無料公開となる日もあるので、特に子供が小さかった頃には私もたびたび足を運んでいました。
食事中のカピバラ母子
次男も15歳になったというのにその動物園になぜ、というのは、先日カピバラ赤ちゃんが生まれたというニュースを目にしたためです。実は今年の春頃の無料公開日にも行ったのでカピバラ舎が入り口のすぐ横にあるのは知っていたのですが、そこに6匹の赤ちゃんカピバラがいるということで、その愛らしい写真を見たら私もぜひ、大きくなってしまう前に見に行かなければという気になったのです。

入っていってみるとカピバラ舎の周りに黒山の人だかり…とは行きませんでしたが、何組もの親子連れと大きなレンズのカメラを構える男性が一人いました。早速私もその中に入っていきましたが、小さい子供の邪魔をしてはいけないのであまり大胆に寄ることができず、しばらく檻越しのショットを撮り続けました。それでも赤ちゃんたちのかわいさは格別で来てみて良かったと思いましたが、檻の中でも撮影している関係者がいて、これはズルいと思いました。
昼寝中のカピバラの赤ちゃんたち
その後、園内をブラブラと一周してみてからカピバラの近くにいるフラミンゴも覗いてみると、フラミンゴも産卵して卵を温めていたり、まだ白い羽毛に包まれた雛もいるのを見ることができました。これは帰宅後にニュースになっているのを見つけました。

そして動物園から出る前に最後にもう一度見ておこうと思ってカピバラの方へ行くと、ちょっとスペースができていて檻にもたれかかって撮ることができたので、最初に撮ったものと違い檻をフレームに入れずにいい写真を撮ることができました。ここではそれをお見せすることにしますが、固まって昼寝をする姿なんて本当に可愛いですよね。カピバラなんて言ってしまえば大きなネズミで、しかもちょっとした犬よりも大きくなるのにどうしてこんなに可愛く見えるのでしょうか。おっとりした感じがいいのでしょうかね。

結婚20周年

Hotel Seashore Resortまったくあっという間です。

毎年家族の誕生日と結婚記念日には休暇を取ることにしている私ですが、今年は特別です。私たち夫婦が結婚したのは1997年の今日、今からちょうど20年前のことです。20年なんて自分たちにも信じられないくらい時の経つのを速く感じますが、長男が来月18歳になるのですからそれはそうですね。

20年前には私も26歳で、振り返れば結構早いうちに結婚してしまったものですが、今はもう40台後半に入ってしまっており、れっきとした中年です。お互い若い頃とはもちろん違いますし、小さな諍いはしょっちゅうです。しかし、特に秘訣といえるようなものがあるわけでもなく、妻の方がどう思っているかわかりませんが、今でも夫婦仲は比較的良い方ではないかと思います。そうしていられるのも妻が我慢してくれているからでしょうし、幸せな家庭を築いてこれたのも妻の協力があってこそ、深く感謝しています。

結婚20年目は磁器婚式ということになっているので、磁器の器でも贈れば良いのかもしれませんが、やはり例年通り二人でランチを食べに行ってきました。ただ、20周年なのでちょっといつもよりは豪華に、近くにあるリゾートホテルのレストランで、たまにはということでフレンチです。予約も入れずに行ってしまいましたが、平日の遅めの時間だったのでゆっくりと贅沢な時間を過ごすことができました。あまり趣味の重なるところのない二人ですが、食に関しては一緒に楽しむことができるだけ幸せかもしれません。

ということで、今後も25年、30年と一緒に、元気に歳を重ねていければと思っています。