Archives

姫路市立動物園のカピバラの赤ちゃん

どんな動物でも小さいうちの可愛さは特別。

先週末に遠出をして目一杯遊んできたので今週末はちょっと自重して、天気が良く涼しかったこともあり近所を自転車で走ってくるという、非常に健康的な過ごし方となりました。といってもちゃんと自転車に乗るのはかなり久しぶりなのでそんなに長い距離を走ることもできず、土曜日の昨日は延べ25kmほどのものでした。なぜか気分が乗っていたので今日もちょっと走ってこようという気になったのですが、さすがに脚の筋肉には昨日の疲れが残っていて、走り出してすぐに「これはダメだ」とわかったので、回り道はちょっとだけにして目的地へと向かうことにしました。

その今日の目的地というのは姫路城の三の丸にある、姫路市立動物園です。こんな町の動物園にしては案外ちゃんとした動物園で、1951年に開園してから大規模な改装も行われていないので古臭いところはありますが、それが逆に親しみやすいところでもあったりします。入園料が大人200円と非常に安い上に、年に何度か無料公開となる日もあるので、特に子供が小さかった頃には私もたびたび足を運んでいました。

次男も15歳になったというのにその動物園になぜ、というのは、先日カピバラの赤ちゃんが生まれたというニュースを目にしたためです。実は今年の春頃の無料公開日にも行ったのでカピバラ舎が入り口のすぐ横にあるのは知っていたのですが、そこに6匹の赤ちゃんカピバラがいるということで、その愛らしい写真を見たら私もぜひ、大きくなってしまう前に見に行かなければという気になったのです。

入っていってみるとカピバラ舎の周りに黒山の人だかり…とは行きませんでしたが、何組もの親子連れと大きなレンズのカメラを構える男性が一人いました。早速私もその中に入っていきましたが、小さい子供の邪魔をしてはいけないのであまり大胆に寄ることができず、しばらく檻越しのショットを撮り続けました。それでも赤ちゃんたちのかわいさは格別で来てみて良かったと思いましたが、檻の中でも撮影している関係者がいて、これはズルいと思いました。

その後、園内をブラブラと一周してみてからカピバラの近くにいるフラミンゴも覗いてみると、フラミンゴも産卵して卵を温めていたり、まだ白い羽毛に包まれた雛もいるのを見ることができました。これは帰宅後にニュースになっているのを見つけました。

そして動物園から出る前に最後にもう一度見ておこうと思ってカピバラの方へ行くと、ちょっとスペースができていて檻にもたれかかって撮ることができたので、最初に撮ったものと違い檻をフレームに入れずにいい写真を撮ることができました。ここではそれをお見せすることにしますが、固まって昼寝をする姿なんて本当に可愛いですよね。カピバラなんて言ってしまえば大きなネズミで、しかもちょっとした犬よりも大きくなるのにどうしてこんなに可愛く見えるのでしょうか。おっとりした感じがいいのでしょうかね。

Detroit Zoo

私の方が楽しんでいた?

紅葉していた木々の葉もだいぶ散ってしまい、10月下旬を迎えて既に冬の入口にたどり着いてしまったようなミシガンですが、昨日は非常に良い陽気で暖かい日差しの気持ちいい日曜日でした。こんな日に家でダラダラしていてはもったいない、とふと思い立って動物園に行こうか、と次男に持ちかけ二人でDetroit Zooへ行ってきました。一応長男にも声は掛けてみてもあっさり断られましたが、中学生男子が親と一緒に動物園、というのはあまり見られる光景ではないので仕方ありません。

この動物園は我が家から車で45分ほどのところ、デトロイトのダウンタウンの北側にありますが、州間高速道路696号線ランプのすぐそばにありますので、アクセスはとても良い所です。やはり日曜日とはいってもこの季節にはあまり賑わっているとは言えないようで、駐車場もすぐに停めることができましたし、入り口でも並ぶこと無く料金を支払って入ることができました。料金は大人$14、14歳までの子供$9、駐車料金が一日$5となっていますが、駐車料金は駐車場のゲートで支払うわけではなく、入園時に「車を停めたか?」と聞かれてYesなら$5上乗せというユルさが良い感じです。

アメリカで動物園を見るのは初めてだったので日本とはどんな違いがあるのかと楽しみにしていたのですが、まずびっくりしたのはコンドルの展示です。日本的な常識で言えば猛禽類なんて頑丈な檻のような小屋に入れられているのが普通ですが、ここではなんと屋根がなく、観客とは手すりのみで隔てられたところにいるのです。全く飛び立つ様子などもありませんでしたが、それだけ飼い馴らされてしまっているということなのでしょうか。人を襲ってくる危険がないのか心配してしまいますが、訴訟の国なのできっと何か対策されているのでしょう。他にトラやレッサーパンダのような動物が屋根のないオープンな展示になっていたのも驚きです。

思いの外楽しかったのは爬虫類館です。ちょうどもうすぐハロウィンという時期だったため、園内そこら中にカボチャやお化けのディスプレイがあったのですが、特に爬虫類館は凝っていて、爬虫類の入っている水槽の一つ一つにホラーな仕掛けが施されていました。例えばワニの水槽には写真のように食いちぎられたような手足が入っていたり、他の水槽では水の中からゾンビが頭をのぞかせていたり白骨死体が入っていたり、とそちらの方にばかり目が行ってしまう始末です。

次男が最も楽しみにしていて、実際喜んでいたのはグリズリーです。なかなか日本の動物園ではお目にかかることがないような気がしますが、逆にアメリカでは野生に存在し、人間の命を脅かす存在でもあるはずです。この動物園の一番奥の中央を陣取っていたのはそれだけ馴染みのある存在だからでしょうか。2頭のクマがじゃれあっている様子を間近で見ることができましたが、そうやって見ていると可愛らしいクマもこちらに向かってきたらそれは恐ろしいのでしょうね。

ということで、上野動物園ほどの規模ではないもののほぼ一通りの動物が揃った立派な動物園ですが、ゾウやカバ、パンダはいません。また種類もそれほど多いとはいえないでしょう。しかし、この動物園では鉄格子で囲まれたような檻は使われておらず、おかげでかなり自然に観察することができるような気がします。動物たちにとってもストレスが違うのではないでしょうか。土地の限られた日本ではなかなか余裕のある空間を確保することは難しいのかもしれませんが、見習うべきところはあるのではないかと感じました。