カテゴリー
gadget

和平フレイズ なっとうの友

これも好みがあると思いますが。
🍚

現在も継続しているダイエットを開始する前は軽度の肥満状態だったため、内臓脂肪に関して健康診断でも一部注意を受けるような状態でした。その中で尿酸値の高さが指摘されていて、直ちにどうこうというような高い数値ではないものの、酒を飲まないにしてはやや高めなので、プリン体の多い食品は避けるようにということでした。それらの食品を見てみるとイワシ、カツオなど私が好きな魚なども含まれていてなるほどなあと思うものもあったのですが、ちょっと意外だったのが納豆です。健康食品の代表格とも言えるような納豆なのに思わぬ落とし穴でしたが、やはり食事もバランスが大切ということなのでしょう。

それを知ってからなんとなく食べるのを控えるようになってしまったのですが、それまではほぼ毎朝ご飯と納豆と味噌汁を朝食として摂っていました。そしてこの納豆は必ず200回かき混ぜて、糸が泡のようにふわっとなった状態にしていたのですが、これがなかなか疲れるものでした。腕の力もそれなりに必要ですし、箸を支える指にも力が必要でいつも攣りそうになっていました。

しかしつい先日、「納豆かき混ぜ棒」なるものの存在を知ったのですが、これを使うと少ない回数で効率良くかき混ぜることができるということです。これはいい! とAmazonで探してみるといくつもの製品がありましたが、それらの中では和平フレイズなっとうの友というものが安価で試して見るには良さそうだったので購入してみることにしました。

和平フレイズ 納豆スティック なっとうの友 糸ひき抜群 日本製 NR-7902

単品では680円で売っている人がいるのですが、Amazon内の公式ストアではわずか133円の「あわせ買い対象商品」となっています。注文合計額が2000円以上でないと購入できないのですが、そんなタイミングはいつでもあると思ってとりあえずカートに入れておいたところ、その機会はすぐにやってきて購入することができました。

届いた製品は可動部分のない樹脂一体成形のもので、133円という価格も相応かと思えるようなシンプルなものですが、細かい突起がたくさんついていたり、音叉のように二股になった形状にノウハウが有るのでしょう。私はどうしても樹脂製品の耐久性が信用できませんが、この程度の価格のものであれば買い換えれば済む話なので構わないでしょう。

早速納豆をかき混ぜてみると、たしかに少ない回数で糸を引くようになり、120回程度かき混ぜたところで十分かと思えるくらいになったので、だいたい2/3くらいの回数で済むような気がします。試しにいつもどおり200回混ぜてみましたが、さらに良くなったような感じはしなかったので、120回程度で十分ということになるのかもしれません。

逆に問題として、このスティックは先端が細くなっていないため、雑にかき混ぜるとその平たい先端部分で納豆を潰してしまうというのが気になりました。少ない回数で済むということで楽になることを期待しているのに、気を使わなければいけないようではあまり意味がなくなってしまいます。樹脂製ということであまり細くしてしまうと耐久性が落ちてしまうので仕方ないのでしょうか。持ち手部分の太さは指が疲れるような細さではなく良いのですが、先端形状がこういう形で影響するとは私も気づきませんでした。

ということで、期待した働きはしてくれそうで、少なくとも価格以上の価値はありそうなので良いのではないでしょうか。豆が潰れてきたのも150回程度混ぜたあたりからだったような気もするので、あまりムキになって混ぜ続けないほうがいいのかもしれません。私としては当面は120回程度で抑えるようにしようかと思います。それでこれまで同様のふわとろ納豆が食べられるのであれば大満足です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。