Archives

Once Upon a Time in Hollywood

古き佳き時代。

Sharon Tateという女優と、そのSharonがManson Familyというカルト集団に惨殺されてしまった事件というのは日本ではどの程度知られているのでしょうか。事件が起こったのが今からちょうど50年前の1969年という私が生まれる直前であることもあり、私は何一つ知らなかったのですが、現代のようにインターネットで世界中の情報がリアルタイムに得られるような環境ではありませんでしたし、わたしの両親の世代であれば知っていることなのでしょうか。Sharon Tateについても26歳という若さで、これからというところで亡くなってしまったため、この事件を知らなければ知られていないのではないかと思いますが、映画監督Roman Polanskiの当時のだったとのことです。

というようなことなのですが、この事件を背景とし、SharonやRoman Polanskiも登場するQuentin Tarantino監督の作品「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」が昨日封切られたため、初日のレイトショーで早速観てきました。この日は夏休み最後の週末であったためか、それとも地元の姫路城が舞台となっている「引っ越し大名!」の公開初日だったためか、普段はレイトショーならガラガラの映画館の駐車場に長蛇の列ができていて、並んでいては開演に間に合わないようだったので仕方なく近隣のコインパーキングに停めざるを得ないという状況でした。そうとわかっていれば徒歩かバスかで行ったのですが仕方ありません。

それはさておき、本作ではピークを過ぎてやや落ち目の、かつてのテレビスター俳優Rick Daltonと、スタントダブルと友人としてRickを公私ともに支えるCliff Boothという二人を主人公としてハリウッドを舞台に起こる出来事を描いた話となっています。主人公らはそれぞれLeonardo DiCaprioとBrad Pittという現代の映画スターが存在感たっぷりに演じており、特にLeoの劇中劇の演技にまで魅せられてしまうほどです。そしてSharon Tateを演じるのは「スーサイド・スクワッド」でのHarley Quinnがとても良かったMargot Robbieです。本作中のSharonはちょっと頭が足りない感じに描かれているように感じましたが、超ミニスカートで闊歩する姿はとてもキュートでした。

本作の論評を見ると「ストーリーがない」というようなことを言う人が多いようなのですが、確かにカット間の関係が非常に希薄で、一見不要なシーンが多々あり、一体どういう話なのか、どこへ向かっているのかということはわかりにくいかもしれません。しかし私が驚嘆したのは、それぞれのなんでもないカットが非常にかっこよく撮られているということで、おそらく様々な定石を踏まえて、巧妙に計算し尽くされているということなのでしょう。本当にただの移動シーンでも「うわっ」と思うようなカッコ良さで、映画オタクのTarantino監督ならではではないでしょうか。

なおTarantinoといえば過剰なバイオレンス描写も特徴ですが、それも最後にしっかりあります。なにしろ「シャロン・テート殺害事件」がテーマですから…

La La Land

実はとても哀しい作品です。

現地時間の今日2月26日はアメリカ映画界の最高権威であるアカデミー賞の授賞式が行われます。そして今年の話題作は何といっても最多の13部門14ノミネートとなっている「ラ・ラ・ランド」ですが、日本では待ちに待ってこの週末にようやく公開となり、私も昨日さっそく観に行ってきました。ノミネートが多い方がいい映画、面白い映画だとは思いませんが、これだけ評価されているとなると観てみないわけにはいきません。しかも、主演の一人が私の好きなEmma Stoneなのだからなおさらです。

なかなか一般受けのしづらいミュージカル映画なので苦手という人も少なくないような気がしますが、予告編やテレビCMでも流れている渋滞した高速道路でみんなが歌い踊るオープニングで一気に引き込まれてしまうのではないでしょうか。あの長回しワンカットのシーンはそれだけでかなり見応えのあるものです。ストーリーとしてはジャズを愛しいつか自分の店を持ちたいと思うピアニストのSebastianと、女優を目指しオーディションを受け続けるもうまくいかないMiaが主役のラブコメディです。SebことSebastianはRyan Gosling、MiaはEmma Stoneが演じています。

この作品の素晴らしいところは確かにたくさんあって、アカデミー賞で多部門にノミネートというのも理解できます。一つは主演二人の演技で、特にEmmaがかなり良いです。喜怒哀楽ある役どころですが、それぞれ圧倒的な感情表現で場面を支配しています。私は「アメイジング・スパイダーマン」のGwen Stacy役で見たときからEmmaが気になっていて、この作品もEmmaが主演と知ったときから観る気満々だったので、そのEmmaの熱演を観てそれだけでも大満足です。

また、ミュージカルですから音楽も重要な役割を占めていますが、その点も大変素晴らしい出来となっています。随所に歌やダンスが入りますが、EmmaやRyanの歌もなかなか悪くありませんし、ダンスもキレがあってとても楽しいです。ジャズへの愛を熱く語るSebが弾くジャズピアノも、その他のジャズの曲の数々も良いので、私もちょっとジャズを聴いてみようかという気になってしまいました。

もう一つ、映像の鮮やかさも良いところです。明るいロサンゼルスの太陽の下や華やかなパーティ会場で、カラフルなドレスを着た人々が踊る場面などは観ていてワクワクするものですし、また夕暮れ時の空のグラデーションがすごく綺麗なのが印象的でした。私はついつい写真を撮る人の目で観てしまうのですが、自分もこんな美しい空をカメラで捉えられないものかと思ってしまいました。

全体的に観ていて感じたのは、これこそ映画の良さなんだろうなということです。いくつもの要素が総合的・有機的に絡み合って作り上げられたこの楽しさは、映画ならではではないでしょうか。アカデミーにあれだけ評価されているというのは、ハリウッドの身贔屓だけではなく、そういうことなのだろうと思いました。

ということで私は今サウンドトラックを聴きながらこの記事を書いているのですが、映画を観る前は流して聴いてしまっていたような曲も、観てからだと場面が目に浮かんで何度でも聴いてしまいます。さて、今夜のアカデミー賞授賞式ではこの作品からいくつ受賞することになるでしょうか。

ラ・ラ・ランド-オリジナル・サウンドトラック

posted with amazlet at 17.02.25

サントラ ジャスティン・ハーウィッツ feat.エマ・ストーン ユニバーサル ミュージック (2017-02-17)売り上げランキング: 24

Amazon.co.jpで詳細を見る