Archives

Katy Perry's Prismatic World Tour

3年ぶりの再会。

先日のグランドサークルの旅の最中に、妻あてにお友達から「One Directionのライブに行かないか」という連絡が入り、妻も誰かのライブに行きたいと以前から言っていたので、行っていいかと聞いてきました。もちろんそれ自体は全く構わないのでOKしたのですが、ついでに「それなら僕もそろそろあるはずのKaty Perryのライブに行きたいなー」と言いつつ調べてみると、デトロイトでの公演はちょうど旅行から帰った翌々日であることが分かりました。なかなか私の身の回りにKatyのライブに一緒に行けるような人はいなかったのと、正規のチケットは結構高かったので躊躇していたのですが、チケット売買サイトStubHubで見てみると一人分であれば1階中央のなかなか良い席が案外安く$90で売られていたので、勢いでというか成り行きでというか、一人で行ってしまうことにしたのでした。

当日は月曜日だったのでいつもより早めに職場を出て、会場であるThe Palace of Auburn Hillsへと向かいました。ここはNBAのDetroit Pistonsの本拠地スタジアムなので何度か行っていますが、職場から空いている時間帯で1時間走らねばならず、また自宅とは反対方向にあります。前座には間に合わなくてもいいというつもりで焦ってはいなかったのですが、帰宅ラッシュに重なっていた上に記録的豪雨のさなかでもあったため余計に時間がかかり、会場に入った時はやはりすでに前座が始まっていました。

このツアーのオープニングアクトは2組いて、まず最初はFerrasという人でした。まだこれといったヒットは無いようで私も全く知りませんでしたが、いくつか知っている曲を歌っていましたし、華やかさはないものの雰囲気は持っているように思いました。この人はスタートの7時から30分くらいで終了しました。

その後30分ほど待ったところでまた2組目の前座ですが、今度はKacey Musgravesでした。最近特にポップ路線を進むTaylor Swiftとは違い、ウエスタンブーツを履いていて出で立ちから正統派のカントリーですが、私も名前くらいは知っていました。また1曲だけ、Follow Your Arrowという曲は聞いたことがあるなあと思って自宅で調べてみると、なぜか持っていました。どうりで聞いたことがあるわけです。

そしてKaceyも30分ほどで終わり、さらに30分待ったところで、つまりスタート時刻から2時間経ってからようやく、ステージ中央に出てきた正四面体の中からKatyの登場です。1曲めはヒット曲のRoar、続いてPart of Meとノリの良い曲が続き、会場内は一気に「総立ち」となりました。もちろん私も立ち上がります。

今回のツアーはThe Prismatic World Tourという名から分かるように、昨年発売されたアルバム”Prism“のアルバムツアーとなっており、Wikipediaにあるセットリストを見ても分かる通りPrismからの曲を中心に選曲されています。また、Katyもすでに3枚のアルバムをリリースしヒットさせているということで、MadonnaのVogueが一部使われた以外は全てKatyの楽曲で構成されていました。大好きなKatyの曲は私もかなり聴きこんでいますので、知らない曲は1つもありませんでしたが、近くにいた女の子などはラップの部分も一緒に歌っていましたから、それには私も太刀打ちできません。

KatyのファンをKaty Catsと呼ぶようですが、中盤には猫をフィーチャーしたムービーの後、Katyが猫のコスチュームで出てきてKitty Purryとして歌うという場面もあったりしました。コンサートの合間のお遊びといった感じですね。

終盤のWalking on Airでは三角形の花道の中の観客席を布でカバーしてしまった上でその上をワイヤーに吊られて空中を歩いたり、その後の曲では私達の目の前まで飛んできて手を振ってくれたりとありましたが、それ以外に大きなアクションはそれほどなく、やはり歌が中心という感じだったでしょうか。

途中のMCでは数人の観客に絡み、最前列の人たちのスマートフォンでセルフィーを撮ったりもしていましたが、アンコールのBirthdayではその曲に因んで誕生日の近い人に呼びかけ、ちょうど当日が誕生日だった女の子が舞台上に上げられていました。この子はステージセットの椅子にKatyと一緒に座り、Katyが歌いながらセルフィーを撮ったりしているうちに感動で泣き出してしまったようでした。一生忘れられない幸せな誕生日になったことでしょう。最後はKatyが一番好きな曲だと以前言っていたFireworkで締めとなりましたが、実際にかなりの量の花火が上げられて非常に華やかなエンディングとなりました。

ということで前回大阪で行ったCalifornia Dreams Tourから3年ちょっとぶりのKatyのライブに今回もおじさん一人で行ってきたわけですが、前回はZepp Osakaというライブハウスでオールスタンディングだったため、Katyとの距離は近かった代わりにステージが狭く、今回は逆に距離がある代わりに本来のダイナミックなステージが見られたのではないでしょうか。何にせよ、勢いででも行ってしまって本当に良かったと思います。その後セットリストに合わせてプレイリストを作り、ステージの様子を思い起こしながら聴いています。

Prism

Katy Perry: Part of Me

ここまでさらけ出して…

前作アルバム”One of the Boys“を見つけて以来ずっと好きで、去年来日した際には大阪まで行って年甲斐もなく一人でライブで盛り上がってしまったKaty Perryですが、先日Billboard誌のWoman of the Yearに選出されるなど活躍を続けていて大変嬉しい限りです。

そんなKatyが映画になる、と聞いた時には微妙な感じでしたが、日本ではちょうどこの週末から一週間だけ、TOHO系の一部映画館で「ケイティ・ペリーのパート・オブ・ミー3D」という映画が公開されています。アメリカでは6月に公開されていたのですが、残念ながら私は劇場で観る機会を逃してしまいました。しかしつい先日、アメリカではDVDやBlu-rayが発売されたので、私も早速購入してみてみました。なお、Blu-rayでは3D版も発売されましたが、私の家には3Dのテレビはないので通常版です。ライブ映像を3Dで観るとどんな臨場感があるものかと興味もありますが、設備がないのですから仕方ありません。

この映画は私も観に行った昨年のワールドツアー、”California Dreams Tour 2011“の映像と、その曲と曲の間に世界各地のツアー先での様子と、Katyの幼少時代から今に至るまでのドキュメンタリーをはさみながら進められていくものです。ライブ映像は私も生で観てきたものですが、たった一年前のこととは思えない程懐かしく感じてしまいました。またステージの側から見た観客の熱狂的な様子は、演っている側も気分が高揚するだろうなあと感じました。これがあるからこそやっていけるという感じでしょうか。

というのも、観ている方は普通はその1か所1回限りですが、演っている方は一年を通じて連日移動と公演の繰り返しです。仕事とはいえ毎日ほぼ24時間同じスタッフたちと一緒にいて、家族から遠く離れたところにいて触れ合うこともままならないというのは大変なストレスでしょう。Katyの場合はRussell Brandと結婚してラブラブだったのに、遠距離ゆえのすれ違いからか離婚に至り打ちひしがれ涙にくれる様子まで描かれていて、ファンとしては見るに耐えません。しかし、直前まで号泣していたのにファンとのふれあいは笑顔でこなし、バックステージでも涙を見せていたのに本番数秒前にはきっちり笑顔を作り、さすがはプロフェッショナルです。

幼少時代は牧師の両親の厳しい躾で聴く音楽は教会音楽のみ、テレビの番組もかなり制限されていたということですが、友達の家で聴いたロックに衝撃を受けて音楽への道を歩むことになったそうです。そんな風に厳しく育てたとしても、親の思い通りになるとは限らないということですね。とはいえ、その両親の教育も全く無駄だったかといえばそういうわけでもなく、今のKatyがあるのもその両親に育てられたからだとも言えます。まあ映画とは関係のないことですが、映画の中では一人暮らしの祖母を訪ねる優しいKatyの様子も見ることができます。

ということで、必ずしもハッピーなKatyばかりを見ることができるわけではありませんが、むしろ普段見ることのできないKatyの姿を知ることができるという点で、親近感が湧いてくることは間違いないのではないでしょうか。折しもつい一昨日には元ボーイフレンドのJohnny Lewisが老婆を殺害した後転落死というニュースがあり、KatyがそのJohnnyの死に打ちのめされているなどとも言われていて、何か声を掛けてあげたくなってしまいます。まあTwitterでは発言を続けているので大丈夫だとは思うのですけどね。

Katy Perry California Dreams Tour 2011

年甲斐もなくいっぱい跳んでしまいました。

私が日頃聴く音楽はほとんど洋楽に限られているとはいえ、あまり偏らずに様々な種類のものを聴いていこうと思っているのですが、特に好きなのは女性ボーカルのポップです。最近人気がある人で言えばLady GaGaであるとかKe$haであるとか、特に自分で曲を書いているような音楽的才能も兼ね備えた人が好きなのですが、中でも一番好きなのがKaty Perryです。もともとゴスペルを聴いて育ったKatyはゴスペル歌手としてキャリアをスタートしているのですが、その才能が開花したのが2008年のアルバム”One of the Boys“で、それに続く2010年の”Teenage Dream“でもファンの期待を上回る素晴らしい楽曲を提供してくれました。そのKatyが今回、アルバムツアー”California Dreams Tour 2011“の一環で来日公演を果たしてくれたので、私もZepp Osakaに行って聴いてきました。

当日は休暇を取得して満を持して臨んだのですが、開場前のZepp Osakaに行ってみるとその活気に圧倒されてしまいました。会場に集まっているファンは見たところ8割ほどが女性で、しかも年齢層は10代後半から20代までが中心のようで、私のようなオッサンはチラホラといるだけ、しかもその人達が周りから完全に浮いてしまっているので、私もあんな感じなのかなあと思うと気落ちしてしまいそうでした。しかし、もうすぐKatyに会えるというのにそんな事は言っていても仕方が無いので、気にしないことにしました。

今回のライブ会場のZepp Osakaは1回がオールスタンディングということで、あらかじめ決められた整理番号順に入場したあとは先着順で場所取りということになるのですが、少々焦りすぎて荷物をコインロッカーに入れるときに誤ってメガネとタオルも入れたまま鍵を掛けてしまい、それに気付いて開け直したので300円を無駄にしてしまいました。我ながらなんとも間抜けなことです。

ということで7:00の開演時間に対し6:30頃には会場中程右寄りに場所を確保して待っていたのですが、7:00を過ぎても一向に始まる気配はなく、結局会場の照明が落ちたのは7:30を回ってからでした。ステージのカーテン前にはDJブースのようなものが設置されていて、何が始まるのかなと思っていたら、前座はまさにDJでした。カリフォルニアのDJ Skeet Skeetという人のDJプレイで、私はこういうのは初めてだったのですが、最近では珍しくないのでしょうか。客層が若いせいもあって結構な盛り上がりでしたが、「ウェブサイトからフリーでダウンロード出来るよ」と言っていたとおり、当日かけていた曲もダウンロード出来るようになっていました。

結局この前座は45分ほど続き、最終的にKatyの姿を見ることができたのは8:30を過ぎてからでした。焦らしに焦らされた後だけあって、出てきた時には皆一気に熱狂です。ステージ上方のスクリーンに映し出されるKaty主演の小芝居と絡めて、様々な衣装で登場するKatyには周囲の女の子たちが「カワイー」を連呼していましたが、そのプリティな姿に似合わぬパワフルなボーカルが素晴らしかったです。ただ辟易したのは私の斜め後方にいた女性が耳元で大きな声で歌うことで、肝心のKatyの声がよく聴こえないほどでした。よほど一言言ってやろうかと思いましたが、まあ気持ちもわからないではないので我慢していたら中盤には力尽きたようで助かりました。

それはともかく、ショーは衣装の早変わりあり、ダンスあり、ギターの弾き語りあり、と緩急織りまぜながら楽しませてくれ、また曲の合間もスクリーンの映像のおかげで待ち時間が気になることもありませんでした。楽曲はアルバムTeenage Dreamからの曲を中心に、One of the Boysから曲も交え、また他アーティストの曲としては唯一I Wanna Dance with Somebody (Who Loves Me)というちょっと懐かしい曲が歌われました。また途中何人かの観客がステージに上げられ、Katyにキスされたりハグされたりと大サービスで、あの人達には忘れられない良い思い出になったことでしょう。

ということで、結局終わった時には10:30を回っており、私は余韻に浸る間もなく終電を気にしながら急いで帰宅しなければならなかったのですが、実に楽しいライブでした。MCでは「日本が大好き」と何度も言っていましたがそれはリップサービスにしても、「周りの人には今は日本に行かないほうがいいと言われたけれど、今こそ行くべきだと思ったから来た」たというのは嬉しいですね。関西では実感として震災の影響を感じることもあまりありませんが、震災のせいで来日を取りやめてしまったアーティストもいる中でこう言ってもらえると温かい気持ちになるものです。新婚の旦那が入国できず待っているのに「もう日本から帰らないといけないから悲しい」と言うのはさすがに嘘だろうと思いましたが…

ちなみにちょっと驚いたのはフラッシュ撮影と「プロ仕様カメラ(一眼レフ等)」は禁止なものの、撮影自体は自由だということです。これだけビジュアルにも凝っているステージなのに、何と太っ腹なのかと思ってしまいますが、一眼レフが一律「プロ仕様」として禁止されてしまうのは残念ですね。私はカメラの持ち込みは禁止だろうと思い持参していなかったのですが、さすがにiPhone 3GSのカメラでは全然ダメでした。そうと知っていればI-10を持っていったんですけどね…