Archives

Avengers: Endgame

マーベル・オールスターズ。

今洋画で一番動員が見込めるのはMarvelの作品群なのではないかと思いますが、その中でもスーパーヒーローが沢山登場してお得感が強いのが「アベンジャーズ」シリーズです。その集大成とも言える「アベンジャーズ/エンドゲーム」が今週末から公開されたので初日の昨日、ゴールデンウィーク前の仕事を終わらせてから早速観に行ってきたのですが、初日とは言え平日ではかつてないほどの客入りとなっていて、その人気ぶりは驚くほどでした。

上映時間が181分と長い作品ですが、それでも内容は非常に濃く、次から次へと物語が展開します。良く言えばかなり充実した内容ですが、逆に詰め込み過ぎとも言えます。また、特に前作を観ていないとどういう状況なのかわからないと思いますが、これまでのMarvel Cinematic Universeの各作品とのつながりも強く、過去の作品を知っていればクスッとするところが、知らないと訳が分からず面白くもなんともないということにもなってしまいそうです。まあいきなりこの作品だけ観るという人はそういないのでしょうが、初デートで観るには向かないのではないでしょうか。

非常に沢山のスーパーヒーローが登場するので誰が主人公なのかは難しいところですが、中心的なのはIron ManとCaptain Americaでしょうか。しかし、Black WidowことNatasha Romanoffは自身を主人公とする映画があるわけでもなく、それほどのスーパーパワーがあるわけでもないのにやたら存在感があるのは演じているのがScarlett Johanssonだからでしょうか。また今回はCaptain MarvelことCarol Danversも登場しますが、あれだけの強大な力を持っている割にはThanosに苦戦するのも不思議ですし、もともと地球人ならそんなに距離を置かないで助けてあげてもいいのにと思ってしまいました。

しかし、先にも書いたとおりちょっと詰め込みすぎですね。アベンジャーズのファンであれば観ておかなければならない作品でしょうが、そうでない人や前作を観なかった人は観なくてもいい、というのは言いすぎでしょうか。これでもかというほどCGを使った戦闘シーンはキャラクターが多すぎて目で追うのも大変です。私はMarvelの作品群は好きですが、どうもアベンジャーズはそれほどでもないのかも知れません。

なお、Marvel作品には付きもののエンドロール後のおまけシーンは本作にはありません。やはり観ていた人にとってはお約束だったのかほとんどの人が着席したまま待っていたのですが、かなり長いクレジット表示が終わると何もなく明るくなってしまいました。おそらくこれはこの作品がシリーズの一区切りだということなのでしょう。これだけの人気シリーズにこのまま続編がないということは考えにくいですが、直接の続編ではなくリブートになるということなのかもしれません。

Chef

いろいろな視点で楽しめました。

せっかくの三連休ながら雪も降って寒いのであまり出かける気にもなれず、家で映画でも観ようかとAmazon Prime Videoのおすすめで見つけたのが「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」という映画だったのですが、これは期待以上に楽しめる作品でした。すでに地上波テレビでも放映されたことがあるようなので観たという人も多いかもしれません。しかし、テレビではカットが多かったようですが、無駄なシーンは一つとして無かったように思うので、テレビで観て良かったという人でAmazon Primeに入っているなら観なおしてもいいかもしれません。

本作はJon Favreau製作、監督、脚本、主演を務めており、スタジオの意見はあったかもしれませんが、ほぼ彼の思い通りに作られた作品ということになるでしょう。この作品のテーマはその「映画」を「レストラン」に置き換えたようなものですが、雇われシェフにはいろいろ制約があってなかなかやりたい通りにはできない、そのもどかしさと同じようなものをJon本人も映画づくりで経験したのかもしれません。

また本作は家族の物語でもあります。仕事にかまけて子供に真剣に向き合っていないという人はこの作品を観て考えるところがあるでしょう。私はというと…仕事には対してはそれほどでもなく、かと言って子供とそれだけ深く接したかというとまた自信がありません。まあすでに下の子供も高校生になってしまっているので、時すでに遅し、でなければ良いのですが。

本作でJon演じる主人公のCarl Casperは著名フードブロガーRamsey Michelに酷評されたことに対して、TwitterのRamseyのアカウント宛にツイートしたのが炎上して破滅することになるのですが、こういう事にならないようなリテラシーも重要ですが、よく知らないものを不用意に扱わない慎重さも必要ですね。まあ、初めてのTwitterでブロガーに挑もうというのも所詮無茶な話です。一方、息子のPercyは各種SNSを完璧に使いこなして父親を助けることになるのですが、その一つであるVineはすでにサービス終了してしまっているというのも儚いものです。

なおJonは「アイアンマン」シリーズでHappy Hoganの役で出演もしていますが、シリーズの最初の2作「アイアンマン」と「アイアンマン2」では監督を務めており、「アイアンマン3」や「アベンジャーズ」シリーズでも製作に携わっており、現在のマーベル映画の人気は彼が作り上げたといっても過言でないのかもしれません。本作ではこれらの作品に出演しているRobert Downey Jr.やScarlett Johanssonという「アイアンマン」ファミリーも参加して華を添えています。

華を添えているといえば、本作でCarlが作る各種料理は本当に美味しそうで、私が気に入ったのはその影響も大きいかもしれません。私は美味しい食べ物を美味しそうに写真に撮ることが今一番の趣味と言えるような気がしているのですが、この映画を観ながら「食べたい!」よりも「写真を撮りたい!」と思ってしまったのはちょっと問題かもしれませんね。

Ghost in the Shell

観ておいて良かった。

つい先日「SING」を観たときには「ゴースト・イン・ザ・シェル」について「レンタルで観ればいいやという気になってしまいました。」などと言っていた私ですが、もうすぐ上映が終わってしまうかもしれないと思うとやはり私は諦めきれず、結局先週の金曜日に仕事が終わって一旦帰宅した後、車で一時間近くも走ってイオンシネマ明石でレイトショーで観てきてしまいました。どうしてわざわざそんな遠くに、ということですが、先日も書いたように自宅近くのシネコンでは公開当初から吹き替え版のみの上映となっていて、市内にシネコンができるまで通っていた、次に近いイオンシネマ加古川では夕方の上映となっているので、字幕版にこだわるとやむを得ないわけです。しかし、わざわざ時間をかけて行った甲斐があって、期待していた以上に楽しむことができました。実は私はこれまで原作の漫画「攻殻機動隊」も、これまでに複数製作されているアニメ映画のいずれも観たことがなく、まったく予備知識がない状態で観たのですが、それはかえって良かったのでしょうか。

ストーリーは主人公である「少佐」の脳が義体と呼ばれるサイボーグの体に移植されるところから始まり、その一年後から主な物語が進行します。サイバー犯罪やテロを取り締まる「公安9課」を率いる少佐はその任務の過程で本当の自分の記憶に気づくことになり、隠されていた真実を明らかにしていく…というような感じのストーリーです。私がちょっと調べた感じでは、これまでの作品とは少佐の過去についての設定を共有していないように見えます。

この少佐を演じているのがScarlett Johanssonなので「日本人の役なのに白人が演じている」(= ホワイトウォッシュ) と言われて批判されてしまい、そのおかげなのか欧米では興行的に振るわなかったようなのですが、「なんで?」と思いますよね。少佐の名前はどう考えてもアジア系の名前ではありませんし、量産型の義体という設定なので人種なんてどうでもいいはずです。批判した人たちは実際にはこの作品を観ていないに違いありません。Scarlettという白人女優が演じていることについて私にはまったく違和感がありませんでした。Scarlettはこの批判で参ってしまって「もう二度とアジア人の役は演らない」と言ってしまっているようで、せっかくクールに演じてくれていたのに残念で仕方ありません。

また、ろくに事前情報を得ていなかった私が観る直前まで知らなかったのが、公安9課の課長である荒巻大輔をビートたけしが演じているということです。「日本語のセリフでいいなら」ということで引き受けたそうなのですが、なぜかこの荒巻だけが日本語で喋っているという不思議な映画になってしまいました。「滑舌が悪いので英語字幕を見ないとわからない」などとも言われているようですが、私にはそんなことはありませんでした。

この作品の見所の一つは舞台となっている未来都市の情景ではないかと思いますが、「ブレードランナー」の影響を色濃く受けているように思いました。あれほど暗い世界ではなく、それを現代のCG技術で実体化したような感じです。また全体的にかなりCGが活用されていて、アニメと実写の境界がどんどん曖昧になっていくのを感じます。しかし、実際には一見してCGと分かる部分は比較的難しいものではなくて、実写と区別がつかないもの、実写なのだと思ったらCGだったというようなものの方が難易度は高いのでしょうね。

ということで極力ネタバレしないように紹介したつもりなのでなんだか分からない部分もあったかもしれませんが、私の感想を一言で言うと「続きが見られないのが残念」でしょうか。ひょっとしたら少佐役を別のアジア系女優に代えて続いたりするのかもしれませんが、それではダメなような気がします。Scarlettが「やっぱりまた演る!」と言ってくれると嬉しいのですが…日本でもあまり盛り上がっていないようなので無いでしょうね。せいぜい遅ればせながら原作を読んでみることにします。

攻殻機動隊(1) (ヤングマガジンコミックス)

posted with amazlet at 17.04.23

講談社 (2014-06-27)売り上げランキング: 190

Amazon.co.jpで詳細を見る