「sota fukushi」タグアーカイブ

旅猫リポート (2018)

単に歳のせいで涙もろくなっただけでしょうか。
🐈

COVID-19の対応で私の勤務先が在宅勤務を指示するようになってから、ゴールデンウィークをまたいでちょうど1ヶ月ほどになりますが、私はその間毎日欠かさず10000歩以上の散歩というかウォーキングを続けています。それまで徒歩で通勤していて日々の歩数が10000歩程度だったので、そのペースを変えないよう、運動不足で体力とともに免疫力が低下しないよう、という思いなのですが、ある時ふと「この調子なら犬の散歩も苦ではないな」と思いつきました。といっても残念ながら自宅マンションではペットを買うことが禁じられてしまったので叶わないのですが。

というと犬派のようですが、私が子供の頃、東京都内にあった祖父母の家は野良猫が何匹も出入りしているようなところで、そこで慣れ親しんでいたので猫も嫌いではありません。ただ、あの気まぐれな感じが私にはちょっと合わないような気がして、飼うならもっと直接的に愛情を求めてくる犬のほうが良いかな、というくらいの感じです。

それはともかく、今回観たのはたまたまAmazon Prime Videoの「おすすめ映画」で出てきた「旅猫リポート」という作品なのですが、タイトルにも登場するくらい猫を大きく取り上げた作品ということでなんとなく軽い気持ちで観てみたところ、これまでで最高に私の目頭は熱くなってしまったのでした。

もともと野良猫だったナナが主人公である悟の飼い猫になるいきさつから始まるのですが、とある事情でナナの引取先を探すことになり、その過程で悟の少年時代の出来事や生い立ちや、ナナを手放さなければならなくなったというその事情が明らかになる、というような話になっています。

主役の悟を演じている福士蒼汰は別に好きなわけでもないのに主演作を何本も観てしまっているのですが、この人はまだ若いのに大人びているので、高校時代のシーンに無理があるのですよね。実際日本人が高校生だったときにも似合わなかったのかもしれませんが。高校で同級生だった千佳子の役で広瀬アリスも出ているのですが、この人も高校生にしては色気がありすぎて違和感が大きかったです。実は直前に広瀬アリス主演の「巫女っちゃけん。」を観ていたのですが、同年の作品なのにだいぶ雰囲気が違っていて驚きました。

また、ナナの声を高畑充希が演じていますが、本当に猫の独り言のように聞こえてなかなか良かったです。動物にセリフを言わせたりするとコメディ的になるか子供っぽくなるかしてしまいがちなものですが、この作品ではそうならずにしっかり泣かせるのは、高畑充希の台詞回しも一役買っているのではないでしょうか。

しかしこの作品が感動を与えるものになっているのは脚本の力が大きいのでしょう。本作は有川浩氏の同名の小説を原作にした作品となっていますが、この映画の脚本も有川氏が担当しており、原作で訴えたかったものがしっかりと表現されているということなのではないでしょうか。もちろん私はまだこの原作を読んでいませんが、ぜひ一度映画の記憶をなぞりながら読んでみたいと思っています。

ぼくは明日、昨日のきみとデートする (2016年の映画)

宿命なのか。
⏳

その後台風19号は東日本に大きな爪痕を残したものの、都心では首都外郭放水路などが威力を発揮して大規模な災害を防ぐことができたようで、公共土木事業の重要性が再認識されたのではないでしょうか。「コンクリートから人へ」などというのは平時に弛んでいるこそ言える戯言であり、平時にこそ備えておかなければならないと私も再認識しました。しかしながら、上流の長野県などでは堤防が決壊するなどして甚大な被害となったようですので、一刻も早く安全が確保されて、通常の生活に戻ることができるよう祈ります。

そんな話をしながらも、私自身は自宅で映画を観ながら台風が過ぎるのをただ待っていたわけですが、他に何をする気にもなれず、1日に3本も観てしまいました。その1本が先に書いた「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど」で、もう1本は「おっぱいバレー」だったわけですが、これについてはあまり書くこともないので特に触れません。そして最後に見たのが「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」なのですが、最近こういう長いタイトルの映画が多くて覚えられません。

ぼくは明日、昨日のきみとデートする
(2017-05-10)
売り上げランキング: 17,422

本作は七月隆文による同名の小説を原作としているのですが、原作と同じく京都の叡山電車沿線を主な舞台にしており、京都らしい風景を楽しむことができます。この叡山電車の車内で主人公の南山高寿はある女性に一目惚れをし、宝ヶ池駅で降りたところを追いかけて声を掛けるのですが、色々と不思議なところのある彼女には大きな秘密があるのでした。といっても、どのようなことなのかはタイトルでもなんとなく察しがつくのではないでしょうか。

しかし当人にしてみれば突拍子もない話で、観客に対しても納得できるような説明はなく、とにかく信じるしかない、SF的な味付けではありますが、かなりファンタジーのような話です。この手の仕掛けのある映画も結構あるような気がしますが、SF好きな人だけでなく一般的に受け入れられるようになっているのでしょうか。まあ「竹取物語」にも通じるものがあるので今に始まったことではないのでしょうね。

そんなおとぎ話的な設定ではありますが、一旦それを受け入れてしまうと考えれば考えるほど悲しい物語になっていて、私も後半はたびたび目頭を熱くしてしまいました。あのときに彼女がどういう気持だったのか、主人公に成り代わって後で考えてみると、とてもやりきれない思いになってしまいます。主人公もこれを受け入れて大きく成長することになるのですが、観る側としても単なる恋愛映画以上に考えさせられるのではないでしょうか。

そして最後には見たいと思っていたものを見せてくれたので、私は満足できました。これを蛇足と感じる人もいるでしょうが、これがなければわだかまりのようなものが多すぎますので、すっきり終わるためには必要なものではないかと思います。