Archives

鹿児島旅行

桜島は姫路市民にとっての白鷺城のようなものなのでしょう。

台風25号はなんとか日本海側に逸れて沖縄、九州以外では気温がかなり上がっているくらいで特に被害はないと思いますが、地震や台風、豪雨など今年は日本中が自然災害に見舞われる大変な年となっています。これだけ連続するようなことがこれまでにあったような記憶はありませんが、一体どうなっているのでしょうか。台風21号「チェービー」も大きな被害をもたらした台風で、死者13名、負傷者912名という人的被害もさることながら、高潮により関西国際空港の滑走路やターミナルビルが浸水し、連絡橋にタンカーが衝突して損傷するなど物的被害も甚大なものでした。

この台風が上陸する本当に直前の9月2日から2日間、私達はよりにもよって飛行機で鹿児島へ行っていました。先日の長崎日帰りツアーと同じくZさんとI君と、神戸空港からスカイマークの直行便に乗って鹿児島空港へ降り立ち、ワンズレンタカーの激安レンタカーを借りてのいつもどおりの弾丸ツアーですが、いつもと違うのは宿泊するということでした。

まずは鹿児島市の観光スポット、島津氏の別邸があった仙巌園を訪れました。私は昨年ブラタモリで紹介されていたので知っていたくらいですが、NHK大河ドラマの西郷どんの舞台となっているので鹿児島の街自体が人気となっているようですね。まずは松風軒のランチで腹ごしらえをしてから園内をじっくりと見て回り、その後鹿児島市の繁華街という天文館へと向かい、鹿児島といえば、の天文館むじゃきの白熊を食べて、西郷隆盛像を見てから宿へと向かいました。

泊まったのは指宿海上ホテルという、外観はうら寂れた感じの温泉宿ですが、接客の評判が非常に高いということでした。実際、従業員はみな大きなホテルにはない暖かさを感じる接客で、とても気持ちよく過ごすことができました。また、台風が接近していたためか日曜日の宿泊だったためか宿泊客が少なかったので、スイートルームのようなかなり広い部屋に割り当ててくれたのも嬉しいポイントでした。ここではホテル内で砂蒸し風呂を楽しむことができるということで、貴重な体験をすることができました。

翌朝はまだ暗いうちに一旦ホテルを出て薩摩半島南端の長崎鼻にある薩摩長崎鼻灯台へ行き、日の出を見てきました。ここでは背後に美しい形の開聞岳を見ることもできますが、当日はやはり台風上陸の前日ということで雲が多く、水平線からの日の出は拝むことができませんでした。ホテルへ戻る前にはこの近くにあるJR最南端の駅、西大山駅にも立ち寄ってみましたが、残念ながら列車が通るのは1時間に1本以下という寂しい路線なので、My旅切手のように列車と一緒に写真に収めるというわけには行きませんでした。

ホテルに戻って朝食を食べてチェックアウトしたあとは指宿スカイラインを通って鹿児島市街へ戻り、桜島フェリーに乗って桜島へと渡りました。ここで乗ったのが1日1便のよりみちクルーズという、
まっすぐ桜島へ渡るのではなくちょっと南側に回り道をしてくれるというもので、普通は15分のところを50分乗っていられるのです。旅客運賃はわずか500円で、通常運賃が160円と非常に安いので割合としては大きいですが、車両は4m未満なら1150円と1490円の差だけなのでほとんど誤差です。これでゆっくり遊覧航行が楽しめるというのですから、時間が合えば、というより合わせてでもぜひ乗るべきだと思います。

桜島ではいくつかの展望所を回っていろいろな角度から桜島を眺めてきました。ここでは日常茶飯事なのでしょうがこの日はちょうど噴火が起こっていて、山頂付近から黒っぽい噴煙が黙々と湧き出ているのをはっきりと見ることができ、こんな活火山のすぐそばにこんなに大きな街があるというのが改めて不思議に感じられました。黒神埋没鳥居などもみるとそれはなおさらです。

そのあとは霧島神宮を見てから空港へと向かい、帰路へと就きました。しかし台風が来ているというのに飛行機で行くというのも無茶でしたが、特に問題なく帰って来れたのは幸いでした。もしもこれで足止めを食らっていたら、翌日にも戻ることはできなかったかもしれず、いったい皆にどう言い訳すればよいやら…まあ何事もなく本当に良かったですし、旅行自体大変楽しむことができました。

琵琶湖へドライブ

晴れていて涼しい時にもう一度行きたい。

ちょくちょく一人で長距離日帰りドライブをしている私ですが、たいてい東側は京都までで、それより先へ行くことはあまりありません。琵琶湖までの距離はそれほどでもないのですが、京都を超えていくのに時間がかかってしまうのと、京都を素通りすることがなかなかできないといった感じでしょうか。しかし、ちょっと前のことになってしまうのですが、先日は珍しく滋賀県まで足を伸ばしてきました。

滋賀県といえば何といっても琵琶湖ですが、その西側にびわ湖バレイというスキー場があります。夏の間はハイキングコースやジップラインなどのアクティビティを提供しているのですが、そこに最近オープンしたらしいびわ湖テラスというカフェのテラスから琵琶湖が一望できるらしく、どこかのウェブサイトできれいな写真で紹介されていたので行ってみよう、ということで一人で行ってきたのでした。

私はよくわかっていなかったのですが、びわ湖バレイの駐車場からびわ湖テラスがある山上まではロープウェイに乗って行かなければならず、びわ湖バレイそのものに入場料は不要ながらそのロープウェイの運賃が往復2200円もかかります。駐車場はそれとは別に1日500円です。そして大きなロープウェイで上に上がってまっすぐ琵琶湖テラスへ向かいましたが、実はこの日は台風の影響で曇っていて、ロープウェイに乗っているときから雲に囲まれていたのでテラスからも何も見えず真っ白です。それでもテラスに座って食事ができればと思ったのですが、テラスの座席は非常に少なく埋まっていて、ウェブサイトの写真のサンドイッチが美味しそうだからと思って楽しみにしていたのに、ビニールに包まれたまま出てきてがっかりでした。結局、ここでは何千円もかかってしまっただけで全然いいことがありませんでした。

しかし、なんとか気を取り直して次の目的地へ向かおう、と12時頃に下山してみると、上りのロープウェイは満員になっていて、駐車場もだいぶ埋まってきていたので、どうやら人気のスポットにはなっているようです。晴れた日ならさぞかし気持ちいいだろうという感じではあったのですが、曇っていても結構混み合うのですね。

そして私が次に向かったのは白髭神社です。琵琶湖の水中に浮かぶ鳥居が印象的な神社ですが、近江最古の神社と謳っており、本殿は1603年造営ということで400年以上の歴史を持つ重要文化財となっています。しかし、やはり写真映えするのは湖中大鳥居ということでそちらへ向かうのですが、駐車場からは国道161号線の横断歩道もないところを渡らなければなりません。これは子供には結構な試練なのではないでしょうか。

湖と言っても琵琶湖はやはり大きく、対岸の建物などが見えないので厳島神社の海中鳥居よりも絵になるかもしれません。拝殿に派手さがないので観光客はそれほど多くありませんが、私が写真を撮っているとバイクに跨ったまま写真を撮っている人がいて、ナンバープレートを見ると韓国のプレートでした。聞いてみるとやはり韓国から来たライダーで、日本中を回っていて近畿が最後のエリアだとのことでしたが、やはりそういう人には見逃せないスポットなのかもしれません。

このあとはさらに北へ進み、メタセコイア並木へと向かいました。ここは草原の中にメタセコイアが左右にきれいに並んだ並木道のようになっていて、どの季節でもそれぞれ絵になる景色を楽しむことができます。今回は夏真っ盛りなので、葉っぱが青々と茂ってとても涼しげです。並木道は南北2つに別れたようになっていて、まっすぐ続いて見える平坦な南側も良いですが、私はちょっとした起伏のある北側の方が好みです。また、南から来る人が多いせいか南側の方がたくさん人がいて、北側は比較的静かなのも良いと思います。

ということで、最後はちょうど通りがかったので立雲峡に登って竹田城跡を眺めて帰りました。竹田城も私が行った2010年はまだ直ぐ側の駐車場まで車で上がることができて、観光客の姿もまばらでゆっくり過ごすことができましたが、すっかり有名になってしまった今は麓の駐車場に車を置いていかなければならず、週末ともなればごった返すようになってしまいましたね。この日はもう夕方だったので立雲峡も車が数台着ている程度でしたが、麓に臨時駐車場があるくらいですから混むときは混むのでしょう。一度うまい具合に雲海が広がっている時に通りがかったので寄ろうかと思いましたが、早朝だったのに満車と言われて立ち去ったことがあります。この変化もインターネットのせいなのでしょうか。

Ford Rouge Factory Tour

やっぱり海外で物を作るのは大変。

デトロイトというとすっかり治安の悪さで有名になってしまっていますが、その前に自動車の街です。アメリカの三大自動車メーカーであるゼネラル・モーターズ、フォード、クライスラーのデトロイト3が揃って本拠地を構えているというのはどういうわけなのか理解していませんが、その下請け企業や部品メーカーもこの街に集中し、そしてそこに日系を含む他国の自動車メーカーも拠点を構えるようになっており、日本人の赴任者も多くが自動車産業に関わっています。

デトロイト3の一角、フォードが本社を構えるのはデトロイト市に隣接するディアボーンですが、ここに2.4km✕1.6kmという巨大な敷地を持つリバー・ルージュ工場を持っています。ここは古くはT型フォード、その後はマスタングを製造してきた歴史のある工場ですが、現在はアメリカで最も売れている自動車であるピックアップトラックのF150を生産するフォードの最新鋭工場となっています。

この敷地近くにはヘンリー・フォード博物館という博物館があります。もちろん自動車に関する展示も大きな割合を占めているのですが、それだけでなくアメリカの産業と文化の歴史を知ることができ、なかなか日本では観ることができない興味深い展示物も揃っています。デトロイトで数少ない観光地となっているので、たびたび出張者を案内しています。そしてここではアトラクションの1つとして、ルージュ工場見学ツアーというものもあるのですが、先日次男が何気なく「工場見学に行きたい」というようなことを言っていたのを思い出し、次男と二人で時間をつぶす機会があったので行ってみることにしました。

ツアーは特に予約は要らず、チケットを購入したら2,30分おきに出発するバスに乗って工場へ移動するだけで、あとは自分のペースで見学することができます。また日曜日と、クリスマスとサンクスギビングを含む特定の数日はツアー自体が開催されておらず、さらに工場の休業日には生産ラインが動いているところを見ることはできませんが、2月から9月までは土曜日も工場は稼働しているので見学可能です。

さて、博物館からは10分ほど専用のバスに乗ってルージュ工場の見学者施設へと移動します。最初に最上階の展望台へと通されたのですが、ここからは見渡すかぎり工場のように感じるほど、巨大な設備に圧倒されます。通常の自動車工場ではせいぜい鋼板を購入してきてプレス成形するところから始まるのだと思いますが、ここでは鉄鉱石を運搬してきて精錬するところから一貫して行われてきたということで、自前の製鉄所まであるというのだから驚きです。

その次にいよいよF150の生産ラインを見学しました。車体の組み立て作業が行われているラインの2階部分に見学者用の通路が設けられていて、上から安全に作業の様子などを眺めることができるようになっています。あまり近くで見ることはできないので細かい部分はよく分かりませんし、組立工程の一部を見ることが出来るだけなので若干物足りないような感じはありましたが、それは私自身が製造業に関わる技術者であるから感じることなのかもしれません。それでも自分の会社以外の生産ラインを見るということはあまりないことですし、子供の頃から工場見学というのは大好きでしたのでそれなりに楽しむことはできました。

本来の順番とは逆なのですが、このあと最後に1階にある2つのシアターで、1つはこのルージュ工場の歴史を、そしてもう1つはF150の組立工程の説明を見ました。1つ目の方は博物館などによくあるマルチスクリーンのビデオだったのですが、2つ目の方はつい昨年出来たばかりらしく最新技術を駆使した非常に高度なプレゼンテーションでした。次男もこれには圧倒されて終わった後でもかなり興奮していましたが、全周スクリーンに加えて前方にせり上がってくる真っ白なF150のモックアップにプロジェクションマッピングを行い、そして左右あるロボットアームが作業の様子を見せるという形で、大人の私にもなかなか見応えのあるものでした。これがこのツアーの目玉と言っても良いのかもしれませんが、ツアーに参加しないと見られないというのがもったいないようにも思えます。

しかし印象的だったのは工場の作業者のだらけ具合です。私語が多いのは予想通りでしたし、私服で作業しているというのも考え方の違いなのでしょうが、イヤホンで音楽を聞きながら作業していたり、全体的にやる気の無さが感じられました。やるべきことをやって守るべきことを守っていれば問題ないとはいえ、私ならこのラインを見た後でF150を買いたいとは思えませんが、アメリカ人には気にならないものなのでしょうか。まさしく文化の違いですね。