Archives

CloudPebble

素晴らしいとしか言いようがありません。

Appleがいわゆるスマートウォッチを開発しているというのはしばらく公然の秘密となっていましたが、ついに先月の発表会でApple Watchという名前で公の場に登場することになりました。同時に発表されたiPhone 6/6 PlusがAppleらしからぬ、というよりJony Iveらしくない何の変哲もないデザインとなってしまったのも、Watchの方にかかりっきりだったと考えれば納得できるほど、力の入ったデザインであることは覗えます。発売はまだ来年ということなので製品としての完成度は未知数ですが、実用性はともかく、とりあえず身に付けているだけで自慢できるアイテムになることは間違いないでしょう。

しかし私はこのApple Watchにはほとんど食指が動いていません。物欲旺盛なのは自他ともに認めるところですが、そんな私が心を動かされずにいるのは、昨年から使用しているPebbleがそれだけ素晴らしいからです。モノクロ電子ペーパーディスプレイなので画面の見栄えには劣るかもしれませんが、直射日光のもとでもはっきりくっきり見えるというのは時計というものには非常に重要なポイントです。バッテリーもそれほど大きな容量があるわけではありませんが、少なくとも2日は持ちます。またポリッシュ仕上げのApple Watchには見劣りがするかもしれませんが、そもそも価格が違いますし、樹脂製であるために非常に軽量で疲れません。

私にとって唯一の欠点は英文フォントしか含まれていないため日本語が表示できずいわゆる豆腐(□)になってしまうことですが、日本語が表示できるように改造したカスタムファームウェアが公開されていて、これをインストールすることで通知などは日本語でも表示できるようになります。文字種が1200と限られていることと、日本語は1種類のフォントしか含まれていないため異なる大きさなどは表示できないのが問題ですが、これでも嬉しいという日本語話者は少なくないでしょう。私も一旦インストールしてみましたが、対応しているフォントでは小さすぎて運転中などには読めないので用をなさないため、ファームウェアのバージョンアップを期に正規版に戻してしまいました。しかしながら、これ自体非常に素晴らしい取り組みだと思いますし、正規ファームウェアリリースの翌日には日本語ファームウェアもリリースされていて、その迅速さには感服しました。

さて、スマートウォッチのスマートたる所以は各種アプリをインストールして、様々な用途に使用できるというところです。Apple WatchでもWatchKitというSDK/フレームワークを使用してアプリを開発できることになっていますが、PebbleにもWatchApp SDKというものが用意されていて、これを使用して時計の文字盤を自由にデザインしたり、スマートフォンと連携したアプリなどを開発することができるようになっています。ただ、開発リソースの制約もあるのですが、このSDKは残念ながらインストールが容易ではなく、使い勝手もあまり洗練されたものではないためだれにでも使えるような簡単なものではありませんでした。しかし実はそれも過去のものです。今はCloudPebbleというウェブベースの開発環境が用意されていて、これが非常に素晴らしい出来のものであり、また今でも着実に進化を続けています。

CloudPebbleでプロジェクトを作成し、その中にファイルを作成して開くと、文法ハイライトにもしっかり対応したエディタを使用して編集を行うことができます。画像やフォントなどのリソースもアップロードして使用することができ、オフラインのSDKの機能は全て備えているのではないかと思います。私はひとまずプロジェクトを作成し、既存のソースコードをコピーして手を加えて文字盤を作ってみました。コンパイルもボタンを押すだけでCloudPebbleのサーバ側で実行され、オブジェクトファイルが作られます。そしてできたファイルはダウンロードすることもできますが、CloudPebble上の操作で手元のスマートフォンからアプリ経由でPebbleにインストールすることができてしまいます。特に難しい設定は何もせずに、コーディングから実機での実行までシームレスに行えてしまうというのは非常に驚くべきことです。

エディタに関しては使い慣れたものを使いたいという人はいるかもしれませんが、その程度であればファイルごとコピー&ペーストしてしまえば済むことです。またバージョン管理についてはGitHubとの連携にも対応しており万全です。既存のプロジェクトを簡単にインポートするような機能もあれば言うことないところですが、それも近いうちに対応されてしまうのではないでしょうか。

ということで、日本語さえ表示できればPebbleはもうApple Watchには十分勝てると思っています。そう遠くないうちに次世代機も出てくることになるのでしょうが、血迷ってカラー液晶にしてしまうような事はせず、解像度とメモリー容量、バッテリー容量を上げて高速化するというような堅実な進化を遂げてほしいものです。そしてその時はきっと私も新機種に買い替えることでしょう。

Pebble E-Paper Watch

長い間待った甲斐がありました。

数年前からよく聞こえてくるIT関連のキーワードとして「クラウド」というのがあります。複雑な計算やデータ保存など実質的な処理をネットワーク上のサーバーに任せ、ユーザは携帯端末などからブラウザや簡単なアプリケーションで実現されたユーザインタフェースを利用する、というようなもので、正しくは「クラウドコンピューティング」というものです。これとよく似た言葉で「クラウドファンディング」というものがありますが、似ていると思うのはおそらく日本人だけで、前者のクラウドが”cloud”すなわち「雲」であるのに対し、後者は”crowd”つまり「群衆」です。

従来のベンチャー企業の資金集めは主にベンチャーキャピタルなどからまとまった投資を受け、キャピタルゲインをその見返りとするようなものだったかと思います。クラウドファンディングは大口の投資を受けるのではなく、不特定多数の人々から少額の資金を集めるというもので、インターネットの普及によって可能になったものと言えます。その代表的なものがKickstarterで、さらにここで過去最高の1000万ドルという資金調達に成功したのがPebble TechnologyのPebble: E-Paper Watch for iPhone and Androidというプロジェクトです。

私は昨年4月のEngadgetの記事でこのプロジェクトのことを知ったのですが、一口$1の寄付から黒のPebbleが1つ見返りにもらえる$115のコース、そして100台もらえる$10000のコースまである中で、私が選んだのは$125で好きな色のPebbleを1台もらえるというコースでした。私もすぐに飛びついたというわけではなくちょっと考えてから申し込んだので、その時点ではすでに資金調達の成立は確実になっていましたが、最終的には目標額の1000倍が集まるという、クラウドファンディングの歴史に残る大成功となったようです。

さて、Pebbleとは何か、ということですが、要するに腕時計です。今ではAppleも開発しているのではないかと言われて一部で話題になっているスマートウォッチと呼ばれるもので、BluetoothによりiPhoneやAndroidのスマートフォンと通信し、電話やメールの着信を知らせたり、スマートフォンのアプリケーションと連動して各種表示などができるというものです。それらの中でもPebbleの特徴と言えるのは表示にE-Paperを採用していることで、モノクロ2値表示に限定されている代わりに低消費電力によるバッテリーの長寿命と高いコントラストを実現しています。

開発が進むにつれスペックも更新され、Bluetooth 4.0に対応するようになったり、新色のグレーが追加されたりしましたが、一番嬉しいのは生活防水仕様となったことです。今となっては時計が防水であることなど当然のように感じてしまっていますが、もしもそうでなかったとしたらトイレで手を洗う際にもいちいち外したり気を使わなければいけないところでした。

当初、手元にPebbleが届くのは昨年9月の予定でしたが、こうした仕様変更の影響などもあったのか実際に製品の発送が始まったのは今年に入ってからで、しかも最初は黒のみ発送ということでした。私は白を選んでいたのですが、黒以外のパネルはまだ量産品質に達していないということで、途中で「黒ならすぐに発送できるので変更しないか」と持ちかけられました。私も最初は迷いましたが、全く目処がたっていないようなようすだったので、このまま待ち続けていると陳腐化してしまうのではないかということで変更を決断しました。最近になって白ももうすぐという発表はありましたが、結局今の時点でも発送できていないようなので判断は正しかったのではないかと思います。

ということで出資してから一年以上経って、ようやく先日黒いパネルのPebbleが手元に届きました。デザインされた箱の中にはPebble本体の他にはUSBの充電ケーブルが入っているのみです。防水性のためにこのケーブルが汎用のものでなくなっていることに不満を持っている人もいるようですが、その代わりにMacのMagSafeのように磁石でつくものになっていて簡単に付けられるため、私はこの方が良いと思います。ただ、代わりのケーブルが用意に入手できないと断線した時などには困りそうですね。

私の携帯電話はiPhoneでもAndroidでもなく対応できないため、PebbleはiPadとリンクすることになるのですが、Bluetoothのリンクは設定パネルで簡単にできます。その後専用アプリを起動すると最初にファームウェアのアップデートを促されますが、これもBluetooth経由で行われ、ボタンをタップして数分後には再起動されて完了します。またこのアプリから追加の文字盤やその他のアプリをインストールすることができます。

このPebbleのスマートウォッチならではの点として、文字盤やアプリを自分でプログラムしてインストールできるということがあり、私の購入同期も専らここにあります。コンパイラやSDKといった開発環境は無償で提供されており、ドキュメントも充実してきています。公式サイトに開発者のためのフォーラムもあるため、必要な情報はここで入手できるでしょう。私も一つ文字盤を作って使用していますが、それが写真の通りのもので、下段に表示されているのはSwatch Internet Time、フォントはUbuntuを使用しています。この程度のものであれば開発環境を整えるところから数時間でできてしまいました。

E-Paperの表示パネルは素晴らしいもので、頻繁な書き換えが必要ない時計には最適の表示デバイスではないかと思います。画面が小さいので表示の書き換えの遅延はKindleのようには気にならず、高いコントラストで強い日差しの下でも薄暗がりでも、どんな時もくっきり見えます。もちろん真っ暗なところではバックライトが必要ですが、内蔵されているGセンサのおかげで腕をちょっと振るだけで点灯するため全くわずらわしさがなく、これも素晴らしい点です。

ベルトはもともと黒い樹脂製のものが付属しているのですが、これは少々チープなもので満足できるものではありません。しかし、いわゆるNATOストラップが使用できるという事前情報があったので 、当初私は白いパネルに合わせて黒の革製のものを準備してしまっていました。黒いパネルのものが届いてからも最初はそれを使用していたのですが、やはり黒に黒では物足りず、結局買い直したのが写真の黒とカーキのストライプのものです。今はこれに非常に満足していますが、NATOストラップには様々なバリエーションが存在するので、傷んできたらまた別のものに交換しようと思っています。

届いて早速会社にも付けて行っていますが、新し物好きの数人が喰いついてきて話題性は十分ですが、もともとPebbleを知っていたという人には出会っていません。Pebbleを持っている人を見かけたこともありませんが、それは私の行動範囲でのことで、サンフランシスコや東京などに行けばチラホラといるのでしょうね。まあ人がどうであろうが私は自分で気に入っているのでそれで十分です。ただこの会社、次の製品はちゃんと考えているのでしょうか…