Archives

木屋 爪切り

日本橋木屋まさに逸品。

私の記憶が正しければ学生時代に渋谷の東急ハンズで購入したので、かれこれもう25年ほど前ということになりますが、何気なく購入した小さな爪切りが私は今でも手放せません。妻も気に入って使用しているのですが、未だに切れ味が落ちず、しっかりした作りと小ささがとても使いやすいのです。それが日本橋木屋爪切りです。

木屋 爪切り 黒(小サイズ)
木屋
売り上げランキング: 2,291

この爪切りには大きいものもあって、こちらの方が良いかもしれないと買ってみたのですが、この場合「大は小を兼ねる」とは行きませんでした。湾曲した爪を切るには小さいものの方が小回りが利いて使いやすいのです。単に真っ黒で小さいので凝縮された感じに惹かれて買っただけなのに、その小ささが非常に重要だったわけです。また、25年たっても切れ味がまったく衰える様子がないのも驚きです。買った当初からスパッと気持ちよく切れて、切り口で引っかかるようになることもないのでヤスリも特に必要になりません。

木屋の歴史Wikipediaによると刃物の木屋が創業したのは1792年、実に200年以上も前のことです。それから長らくの間刃物を作り続けているのですから、蓄積された技術があるということなのでしょう。今でも伝統的な手法で作られているというわけではないでしょうが、刃物作りにおける重要なポイントがきっと何かあるに違いありません。

ということなのですが、この製品の素晴らしさに気付いているのは私だけではなく、つい先日TABI LABO紹介されてしまったのでもともと書くつもりだったこの記事を慌てて書いているようなわけで、おそらく知る人ぞ知る逸品ということなのではないかと思います。そんな素晴らしいものが800円足らずで売られていて良いのかと思いますが、ただ安いものが欲しければそれこそ百均でも買えるのでしょうから、それなりのこだわりがあって買われるものなのでしょう。ただ、これより高いものはいくらでもあるのですが、それらのどこがこの木屋の爪切りより良いのかが気になってしまいます。

Leave a Reply

 

 

 

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。