Archives

DITONG Bluetooth ワイヤレスヘッドセット

Bluetooth必要十分。

私の毎日の通勤は片道ちょうど30分ほどの徒歩なのですが、毎日同じところをただひたすら歩いているだけではなかなか変化もなく、ちょっと退屈なものです。以前はヘッドフォンで音楽を聴きながら歩いていたのでそんなこともなかったのですが、しばらくアメリカに行っている間に勤務先もすっかり安全にうるさくなっていて、歩行中の「両耳イヤホン」は禁止ということになってしまいました。従業員の安全を考えて、ということなら良い会社なのかもしれませんが、どうも会社を守ろうとしているだけのように透けて見えて、あまり感じの良いものではありません。まあそうは言いつつも自分の身も守らなければならないので、イヤホンは諦めてきました。

しかし最近とあるPodcastを聴き始めたのですが、1回あたり2時間以上もあるものなので自宅にいる間にはなかなか聴ききれません。これを通勤途中に聴けたらちょうどいいのにと思っていたところ、Podcastなら別に両耳で聴かなくても問題ないし、Bluetoothの片耳ヘッドセットがいいのではないかと思いつき、良いものはないかとAmazonで探してみることにしました。

するととても数え切れないほどの種類が売られていて、どれが良いのかなんて言うことは全然わかりません。とりあえず見た目がシンプルで評価も悪くないものを、ということで選んだのはDITONGという謎の中国メーカーの「Bluetoothワイヤレスヘッドセット片耳 ブルートゥースイヤホンマイク軽量 高音質 Android のスマートフォン」という長い名前の商品です。参考価格4260円のところセール価格で2000円、となっていますが、そんなのはまやかしで参考価格で売られることなどないのでしょう。

Amazonでは説明書や音声アナウンスが英語と中国語しかないということで低評価にしている人がいますが、実際に説明書は非常に細かい文字の英語と中国語だけなので、たとえ英語が理解できたとしても苦痛でしょう。しかもこれを読まないとペアリングの方法などもわからないので使うこともできません。日本語でなくても良いからもう少し大きい文字にしてもらえたら印象もだいぶ違うのではないかと思います。

使ってみたところでは電源スイッチのチャタリングフィルタ処理が甘いのか、スイッチ操作をした時にOFF→ON→OFF→ONと繰り返してしまうのが今ひとつですが、音質は期待以上ですし、Bluetoothの安定性も全く問題ありません。当然かと思いますが、家の中にiPhoneを置いたまま玄関を出たりしてみてもなんのノイズも乗ることがありませんでした。

また、通勤に使ってみても軽量で耳への負担はなく、フィット感が良く落ちる心配もありません。ただし、マット仕上げになっていますが、質感は樹脂そのものでチープな感じは否めません。また華奢な感じもあり、細くなっているところがカバンの中で折れてしまうのではないかという不安も少々あります。とは言え2000円という価格なので、壊れたらまた買い直せばいいかと割り切ることもできるのではないでしょうか。

ということで、検索しても見つからない謎の中華メーカーが気になりますが、とりあえず実用上の問題はなさそうです。気がかりなのは耐久性ですが、雑誌2冊分程度の価格かと思えば3ヶ月でも持てば御の字ですね。耳の中で爆発したりしないでくれればすぐに壊れても諦められそうな価格ですが、いったい原価いくらで作っているのでしょうか。

Leave a Reply

 

 

 

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。