Archives

Amorno Bluetoothイヤホン

ここにも着実な技術の進歩が。

今年のはじめ頃に通勤時にPodcastを聞くためにDITONGというブランドのワイヤレスヘッドセットを購入したということを書きましたが、当初は調子よく使えていたこの製品もしばらく経つと徐々に動きが怪しくなってきました。顕著なのはBluetoothの接続性で、電源を入れても一発で繋がらないことが多く、何度か電源のON/OFFを繰り返してようやく使えるようになるという状態になってしまい、快適とは程遠く、時間的なロスにもなっていたので買い換えることにしてしまいました。もともと2000円と安いものでしたし、気に入らなければ買い換えようということだったので想定の範囲内だったと言えます。

今度はどれにしようかと再びAmazonを見てみると、半年余りの間にまた新しい製品もたくさん出てきていて、また選ぶのに困ってしまいます。私の条件を列挙すると、片耳タイプであること、通話は必要ないのでマイクの性能は求めないこと、できる限りコンパクトであること、バッテリーは4時間程度以上持つこと、充電が容易なこと、といったことになるでしょうか。これらの条件を満たす中でできるだけファッショナブルなものとして選んだのが、Amornoというよくわからないいかにも中国メーカーらしいブランドの製品です。まあ、一昔前は(今でも)日本のメーカーだって横文字なら何でもいいのかというくらい酷いブランド名を付けていたものですが。

【進化版Bluetooth IP68完全防水】Bluetooth イヤホン 片耳 完全 ワイヤレス イヤホン Amorno ブルートゥース イヤホン Hi-Fi 高音質 ノイズキャンセリング マイク内蔵 iPhone & Android適用 (最新モデル)

posted with amazlet at 18.12.24

amorno 売り上げランキング: 999

Amazon.co.jpで詳細を見る

購入してからすでに1ヶ月あまり使用しているのですが、これまでのところではすこぶる快調です。何より嬉しいのはBluetoothの接続が圧倒的に速いということで、電源を入れると音声で”Power on”と言うのですが、その直後に間髪入れず”Device connected”と接続が確立したことを知らせてくれます。これだけでも目下の不満は解消されているのですが、その他に嬉しいのは防水なので雨でも安心、コンパクトでポケットに入れておいてもかさばらない、といったことが挙げられます。

また、非常にコンパクトなボディですが、バッテリーの持ちは私の往復の通勤とちょっとした寄り道程度なら不安なく使えるくらいには十分です。先日の出張時には途中で切れてしまいましたが、それまでに5時間ほど使っていたと思うので仕方ないでしょう。ただ、毎日帰宅後に充電することは必要なようですが、充電用アタッチメントとは磁石で吸着するので、たいした煩わしさはありません。充電時間は数十分でしょうか。

私はなぜか色々なサイズのイヤーチップを持っているので、耳にフィットするものに交換して使用していますが、購入すると3種類のイヤーチップが付属しているのでそれらを使えばよいでしょう。また、ソフトケースも付属しているので、充電器と一緒に持ち歩く場合に便利かと思います。

装着感としては、歩いているだけで落ちそうになることはありませんが、耳までかぶっているビーニーを脱ぐときに一緒に外れてしまい、地面に落としてしまうということがありました。重さはないので直ちに壊れるということはないでしょうが、それ以来気をつけるようにしています。

ということで、通話はしていないのでマイクの性能などはわかりませんが、それ以外では今のところ特に不満らしい不満もありません。操作できるスイッチは電源と応答を兼ねたボタン1つだけなので音量調節などはできませんが、スマートフォン本体で操作すればすむことですし、私はPebbleでも操作できるので特に音量やスキップのためのスイッチの必要性は感じていません。ただ、長押しで電源を切るのですが、押す時間が微妙に短くてSiriが起動してしまうことがままあり、その点はちょっと厄介ではありますが…まあそれくらいです。

DITONG Bluetooth ワイヤレスヘッドセット

必要十分。

私の毎日の通勤は片道ちょうど30分ほどの徒歩なのですが、毎日同じところをただひたすら歩いているだけではなかなか変化もなく、ちょっと退屈なものです。以前はヘッドフォンで音楽を聴きながら歩いていたのでそんなこともなかったのですが、しばらくアメリカに行っている間に勤務先もすっかり安全にうるさくなっていて、歩行中の「両耳イヤホン」は禁止ということになってしまいました。従業員の安全を考えて、ということなら良い会社なのかもしれませんが、どうも会社を守ろうとしているだけのように透けて見えて、あまり感じの良いものではありません。まあそうは言いつつも自分の身も守らなければならないので、イヤホンは諦めてきました。

しかし最近とあるPodcastを聴き始めたのですが、1回あたり2時間以上もあるものなので自宅にいる間にはなかなか聴ききれません。これを通勤途中に聴けたらちょうどいいのにと思っていたところ、Podcastなら別に両耳で聴かなくても問題ないし、Bluetoothの片耳ヘッドセットがいいのではないかと思いつき、良いものはないかとAmazonで探してみることにしました。

するととても数え切れないほどの種類が売られていて、どれが良いのかなんて言うことは全然わかりません。とりあえず見た目がシンプルで評価も悪くないものを、ということで選んだのはDITONGという謎の中国メーカーの「Bluetoothワイヤレスヘッドセット片耳 ブルートゥースイヤホンマイク軽量 高音質 Android のスマートフォン」という長い名前の商品です。参考価格4260円のところセール価格で2000円、となっていますが、そんなのはまやかしで参考価格で売られることなどないのでしょう。

Bluetoothワイヤレスヘッドセット片耳 ブルートゥースイヤホンマイク軽量 高音質 Android のスマートフォン

posted with amazlet at 18.02.14

DITONG 売り上げランキング: 21,095

Amazon.co.jpで詳細を見る

Amazonでは説明書や音声アナウンスが英語と中国語しかないということで低評価にしている人がいますが、実際に説明書は非常に細かい文字の英語と中国語だけなので、たとえ英語が理解できたとしても苦痛でしょう。しかもこれを読まないとペアリングの方法などもわからないので使うこともできません。日本語でなくても良いからもう少し大きい文字にしてもらえたら印象もだいぶ違うのではないかと思います。

使ってみたところでは電源スイッチのチャタリングフィルタ処理が甘いのか、スイッチ操作をした時にOFF→ON→OFF→ONと繰り返してしまうのが今ひとつですが、音質は期待以上ですし、Bluetoothの安定性も全く問題ありません。当然かと思いますが、家の中にiPhoneを置いたまま玄関を出たりしてみてもなんのノイズも乗ることがありませんでした。

また、通勤に使ってみても軽量で耳への負担はなく、フィット感が良く落ちる心配もありません。ただし、マット仕上げになっていますが、質感は樹脂そのものでチープな感じは否めません。また華奢な感じもあり、細くなっているところがカバンの中で折れてしまうのではないかという不安も少々あります。とは言え2000円という価格なので、壊れたらまた買い直せばいいかと割り切ることもできるのではないでしょうか。

ということで、検索しても見つからない謎の中華メーカーが気になりますが、とりあえず実用上の問題はなさそうです。気がかりなのは耐久性ですが、雑誌2冊分程度の価格かと思えば3ヶ月でも持てば御の字ですね。耳の中で爆発したりしないでくれればすぐに壊れても諦められそうな価格ですが、いったい原価いくらで作っているのでしょうか。

Logitech Ultrathin Keyboard Cover

ちょっと前に流行っていたNetbookというジャンルの廉価PCはiPadを始めとするタブレット機の登場によりすっかり影が薄くなってしまいましたが、タブレット機の問題点は物理的なキーボードがないというその特徴そのものです。タッチパネル上の仮想キーボードも結構支障なく入力できるものなのですが、やはり物理的なキーの押しごたえがないといわゆるブラインドタッチ入力は難しいものです。ちょっとTwitterやFacebookでコメントしたり、検索するくらいならもちろん我慢できますが、ブログなどある程度まとまった文章を書こうと思うとフラストレーションが溜まってしまいます。

ということで外部キーボードが欲しい、となるわけですが、以前iPhoneようにと買ったApple Wireless Keyboardはやはり若干かさばるので、iPadと一緒に持ち歩くには抵抗があります。つい先日発売されたキングジム製ポメラ用キーボードを採用したiBuffaloブランドのBluetoothキーボードBSKBB03WHにはかなり惹かれたのですが、JIS配列であることに抵抗があり、また一度は予約したものの発売日が延期されたので縁がなかったと思い取りやめました。

ということで最終的にたどり着いたのがLogitech(Logicool)のLogicoolウルトラスリムキーボードカバーです。発表された頃から魅力を感じていて逡巡していたのですが、先日乗った飛行機の隣の席の男性が持っていてなかなか良さそうだったのと、最近入会したCostcoでAmazonよりも$20ほど安く売られているのを見付けてしまったので結局購入したのでした。

ウルトラスリム キーボードカバー TK710
メーカー:ロジクールロジクール (2012/06/29)ISBN/ASIN:B008DM3UXQ
Amazon.co.jp で詳細を見る

この製品はキーボードとして使用するときは本体上面の溝の部分にiPadを差し込むと、キー入力時に見やすいような一定の角度で立つようになっています。またキーボード「カバー」という名前の通り、使用しないときはiPadの液晶に対してカバーのように被せることができます。またカバーとして使用する場合もキーボードとして使用する場合もiPadとはスマートカバーで使用される磁石を使ってしっかりくっつき、がたつきは全くなく安心できるのではないでしょうか。本体の厚みはちょうどiPadと同じくらいで、iPadにつけるとちょうど倍ほどの厚みになりますが、愛用しているTimbuk2のスリーブにもぴったり収まる厚さでした。裏側はiPadと同じように梨子地のアルミになっていてかなり一体感があります。

バッテリーは一日2時間以上使わなければ6ヶ月持つということなので、ごくたまに充電すればいいようです。これだけ充電間隔が長いとうっかり忘れてしまいそうですが、充電にはMicroUSBを使用するのでもしもの際もそれほど困らないかもしれません。この薄さでそれだけ長持ちするというのは省電力技術の進化の賜物と言えそうですが、そのうち製品の生涯に一度も充電せずに済むような機器も出てきそうです。

キーボードとしての使い心地も悪くありません。キー自体の大きさは一般的なキーボードより若干小さめですが特に問題ありませんし、これだけの薄さながらストロークもしっかりあるので打鍵感が明確です。ほとんどの場合iPadに接続して使用することになるでしょうが、その組み合わせで日常PCで行うことの多くが不満なく処理できてしまうのではないでしょうか。特に出先で文章を入力するということであれば、電池の持ちも良いですし重いノートPCを持ち歩く必要はないのではないかと思います。

ただ残念なのはBluetoothを使用して接続するので、飛行中の飛行機の中では使用できないということです。Wi-Fiも同じ周波数帯を使用するのだから少なくともWi-Fiサービスが利用できる機体であれば問題ないのではないかと思うのですが、そう簡単なものではないのでしょうね。私の隣の席の人もキーボードのスイッチ入れずに単なるスタンドとして使っていました。長時間のフライトで使用するにはもってこいなんですけどねえ。