カテゴリー
gadget

Xiaomi Smart Scale 2

中華ブランドと侮る時代は終わっています。
⚖️

Amazonでは10月のプライムデーに続いて11月にはブラックフライデー&サイバーマンデーとセールが続いていますが、皆さんはなにか購入されたでしょうか。これらのセールでは何が安くなっているのかわかりにくく、うっかり必要もないものを買ってしまいそうなので私はあまり手を出さないようにしていて、いつもちょこちょこと必要な小物を買うくらいです。ただ今年は、前回「コロナ禍のダイエット」という記事を書いたのが前フリだったわけではないのですが、XiaomiのSmart Scale 2という体重計を購入してみました。

Xiaomi Smart Scale 2 グローバル版 体重計 体脂肪スケール 体組成計 日本語対応APP&取扱説明書 Mi band スマホ連動 Bluetooth5.0 ヘルスメーター 薄型 体重/体脂肪率/体水分率/筋肉量/内臓脂肪/タンパク質/BMR/BMIなど13種類測定可能

この製品はBluetoothでスマートフォンと連携することができる体重・体組成計で、iPhoneでもMi FitというXiaomiのアプリをインストールして接続すると、体重や体脂肪率などの情報をHealthKitのデータとして入力することができるものです。これはいわゆるスマート体重計というもので、私も以前からWithingsの製品などが欲しいと思っていたのですが、ちょっと高いので躊躇していたところ、今回のセールでふと思いついて調べてみると中国ブランドの製品であればだいぶ安価で購入できることがわかり、それらの中でもXiaomiであれば品質なども問題ないだろうと思って購入してみたのでした。

ダイエットで重要なのは毎日体重を計測して記録するということですが、これまでは普通の体重計で計測した値をiPhoneのPopWeightというアプリで記録していました。このアプリはユーザーインタフェースが秀逸でグラフの点を手でずらすことで数値を入力できるので、体重のように日々それほど変化しないようなデータをとても容易に入力することができます。また、データはHealthKitの入力にもなるので、必要十分な機能を備えていて素晴らしいアプリなのですが、途中で開発元が変わっていて、既に4年前からアップデートされていません。今の最新OSでも動作に問題はありませんし、無料で広告もないので文句を言う理由も筋合いもないのですが、将来性はやや不安です。ただともかく、これまで2年半ほどこのPopWeightで入力してきて、最近はダイエットの成果を見てさらなるモチベーションとしてきたのですが、そろそろ目標体重に到達するということろで新しいモチベーションが必要となり、体組成計が欲しいとなったのでした。

体重計としての正確さはあまり気にしていませんが、これまで使っていたシンプルな体重計と比較して目立つ差はないようです。50g刻みで測定できるようですが、体重自体が時間によってもっと大きく変動するものなので、そこまでの精度はあまり意味がないでしょう。一方、体脂肪率については比較対象がないのでまったく判断できませんが、もちろん異常に高かったり低かったりはしていませんし、安定した数値を示しています。

なお、どういう仕組みなのかはよくわかりませんが、この製品ではアプリ上で体重、体脂肪率の他にBMI、筋肉量、水分、タンパク質、骨量、基礎代謝、内臓脂肪、体年齢という様々な数値を表示してくれます。身長を手入力しているので、BMIはそれと体重とから計算しているだけなのはすぐわかりますが、基本的には電気的なインピーダンスを計測しているだけなので、いくつかの周波数でのインピーダンスと体重との組み合わせから見せ方を変えて表示しているということなのでしょう。ちなみに私の体年齢は実年齢と一致しているそうなのですが、これは果たして信用できるものなのか…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください