カテゴリー
net

Clubhouse

百聞は一見に如かず、でした。
👋

今週になって日本の一部界隈で突然話題沸騰になったのがClubhouseというサービスです。シリコンバレーで2020年3月から始まったものですが、「音声版SNS」や「音声版Twitter」という形で紹介されており、それだけを聞くとツイートの代わりにボイスメールのような数秒から数十秒程度の音声で投稿するものなのかと想像してしまいますが、実態としては全く違うもので、それなりに新しさを感じるサービスでした。

少なくとも現在までのところ完全紹介制となっており、既存のユーザーからSMSで招待を受けなければ使用を開始することができません。アプリをインストールして起動すると自分の電話番号を入力し、紹介を待つ間に自分のIDを予約することができますが、そこから先へ進むためには招待コードの入力が必要となります。なお、私はこの予約の時点で自分がTwitterやInstagramで使っているのと同じIDである「@sszk」が「他の人がすでに使用中」となっていたのでちょっと萎えてしまっていたのですが、いざ招待していただいてから念のために試してみると希望通りのIDで登録することができ、予約とは一体何だったのかという感じになっています。ひょっとすると先に予約していた人が別のIDに変更したので空いたということなのかもしれませんが、ほかにも同じ状況だった人がいるので、ただのバグなのかもしれません。

また、今のところiOS用のアプリでしか使用することができず、残念ながらAndroidやPCなどからはアクセスができない状態となっています。これはいずれ解決されるのでしょうが、招待してくれるという人がいるのに参加できないというもどかしい状況の人もいるようです。

さて、幸いにも招待いただくことができたので早速登録してみて、ちょっとばかり使ってみたところですが、想像していたイメージとはだいぶ異なるものでした。確かに「音声版Twitter」という表現も納得できる部分はあるのですが、まず音声はリアルタイムでしか聞くことができないというのが大きな特徴です。タイムラインに相当するのはRoomというものですが、ここでその時行われている会話を聞いたり、発言したりして参加することができます。発言は無秩序にできるものではなく、Roomの主催者であるモデレーターが発言権を管理しているので、発言したければ挙手により要求する必要があり、好ましからざる発言を繰り返せば追い出されることになるでしょう。

Roomは公開・非公開の設定が可能で、非公開のRoomは当事者以外には見えないのでプライベートな会話に電話のような感覚で使うこともできます。逆に公開のRoomは見つけた人が自由に聞くことができるので、公開討論やラジオのような感覚で有名・無名の人の発言や会話を発信したり楽しむことができます。場合によっては一人で文字通りつぶやくこともできるでしょう。このあたりが「音声版Twitter」という言い方につながっているわけです。

このClubhouseに参加するための紹介状は各ユーザーに最初に2名分づつ割り当てられます。完全紹介制のSNSという仕組みは過去にOrkutmixiなどでもあったものですが、招待枠がわずか2名というのはこれまでにない厳しいものではないでしょうか。これによって飢餓感を煽る戦略もあるのかもしれませんが、周囲が盛り上がっているのに紹介を受けられず疎外感を持ってしまっている人がいるようなので、逆効果になる恐れもあり難しいところではないでしょうか。なお、招待の権利は利用実績により追加で割り当てられるとのことです。

「クラブハウス」という名前の所以について、日本語で「クラブ」という文字列からはなんだかキラキラしたものをイメージしてしまうかもしれませんが、本来は会員制の集会所を意味するものなので、興味や価値観を共有する者同士が集う場所というようなことになるでしょう。そういったところでは紹介制であることが多く、「誰の紹介を受けたか」が重要な意味を持つようです。そのため、このClubhouseでもプロフィール欄にはいつ、誰の招待で入会したかが見えるようになっており、その人の背景を窺わせることになっています。

なお、2名だけなのであまり機会は多くないことですが、紹介の仕方がちょっと分かりづらかったので私も調べる必要がありました。結局、招待相手はアプリに共有した連絡先の中からしか選択することができないので、まずアプリに対して連絡先を公開する必要があり、そしてその連絡先に紹介相手の電話番号が登録されていなければなりません。したがって、紹介してもらうためには既存ユーザーの誰かに電話番号を知らせる必要があるので、リアルな知人以外は簡単に紹介しづらい状態になっており、それが会員同士のネットワークを確実で信頼できるものにしているということのようです。

これまで仕組みのことばかり述べてきましたが、実は音声の品質が高く、聞きやすく喋りやすいということも人気を支える重要なポイントではないかと思います。おそらく音声データの帯域はそれほど広くないので音質自体は若干ガサガサした感じに聞こえることもありますが、何しろ遅延がほとんど感じられないほど小さいということが喋りやすさにつながっており、発言者どうしが「お見合い」してしまうことも少なく聞きやすいということになっているのではないでしょうか。普段仕事で利用しているMicrosoft Teamsよりも遅延は明らかに少なく快適です。

ということで、広告が入っているわけでもないので今はまだどのような形で収益化されるのかが見えないサービスですが、昨年5月の時点で評価額は1億ドルと発表されるなどしています。急速にユーザーを増やしているのは現在のコロナ禍で人同士のリアルなコミュニケーションが取りづらくなっていることが一因であることは間違いないでしょうが、果たしてその先はどうなるのか、どうしようとしているのか興味深いところです。

カテゴリー
gadget

JBL Quantum 100

満足できると思います。
🎧

COVID-19が日本でも再び勢いを取り戻しつつある今、また在宅ワークになっているという人も増えているのではないかと思いますが、私は今年5月頃から現在まで週1日のみ出社して4日は在宅勤務という就業形態を基本としています。在宅ワークも慣れてしまうと自宅のほうが大きなモニタを使用できるなど作業環境が良く、集中できて効率がいいので、もうずっとこのままでもいいのではないかと思っています。ただ妻にはストレスになっている恐れもあるので、ケアは必要ですね。

しかしそういう「週1日だけ出社」というようなパターンにもちょっとした、些細な問題がありました。それは、オンラインミーティング用のヘッドセットとして以前Razer Krakenを購入したのですが、それを持って自宅と会社を往復する必要があり、かさばってしまうということです。本当に大した問題ではないのですが、毎週のこととなるとじわじわと不満に感じられていたのでした。

そこで、週1日だけなら安価なものでいいからもう1つ購入しようと思い立ちました。ただ、会議が長時間に亘ることもあるのでオンイヤータイプは避けてオーバーイヤータイプであることにはこだわって探した結果、JBLQuantum 100というものがコストパフォーマンスが高いと勧められているのを見つけ、これを購入してみることにしました。

JBL QUANTUM 100 ゲーミングヘッドセット/ヘッドホン/3.5MM接続/エントリーモデル/ブラック/JBLQUANTUM100BLK【国内正規品/メーカー1年保証付き】

JBLといえば超高級スピーカーも手掛ける伝統あるブランドですが、現在はSamsungの子会社Harman Internationalの傘下となっています。このQuantum 100はそのJBLが販売しているゲーミングヘッドセットのオーバーヘッドタイプでは最も基本的なタイプのもので、市場価格は3000円台となっています。私も最初は国内PC周辺機器メーカーの安価なものかAmazonベーシックにでもしようかと思ったのですが、価格に大差ないことと先のコメントからJBL Quantum 100を選択したのでした。

さすがにこの価格帯なので、Razer Krakenと比較すると多くの部品が樹脂製だったりしてコストダウンが図られていることがわかりますが、高級感はないにしても安っぽさが気になるほどではありません。逆に金属部品が少ないためにわずか220gと軽量になっており、長時間着用していても疲れにくいかもしれません。また、イヤーカップは一見小柄ながらしっかりと耳を覆うには十分な大きさだと思います。ただ、私は平均よりも耳が小さいと思うので、ちょっと窮屈に感じる人もいるかもしれません。

音楽は聴いていないので音質はあまり評価できませんが、ミーティングで使用するにはまったく問題なく、もちろん音量も十分です。取外し可能なマイクの音質や集音特性もヘッドセットのマイクとしては問題ありません。実はKrakenはアナログ接続では十分な音量が取れなかったりうまく使えず、安価なUSBインターフェースを購入して使用しているのですが、Quantum 100はPCのアナログ端子に接続して使用することができたので、こちらのほうが使いやすく好ましいということになります。また、本製品には最初からウィンドジャマーが付属しているというのも嬉しいところです。

ということで、安かろう悪かろうでもなく、十分な実用性を備えた高品質なヘッドセットということになるのではないでしょうか。音質にこだわる人はQuantumシリーズでももっと高級なものを選択すれば満足できるのではないかと思いますが、会社でオンラインミーティングに使用するということであれば私もこの製品をおすすめしたいと思います。もし最初にこれを購入していたら、自宅と会社で同じものを購入していたのではないでしょうか。

カテゴリー
gadget

Razer Kraken

それでも目立っていると思いますが。
🎧

昨今のCOVID-19の感染防止のための在宅勤務や出張の抑制などの影響で日本でもオンラインミーティングが急速に普及しているのではないかと思いますが、私の勤務先では「働き方改革」を目的としてちょうど1年ほど前からSkype for Businessを使ったオンラインミーティングが推奨され、徐々に使われるようになっていました。最近はそれこそCOVID-19の対応でface to faceの会議はかなり減っていて、多くの会議がオンラインで行われるようになっています。

もともと私の仕事柄から、1年おきくらいでミーティングが非常に集中する時期があるのですが、先日などは朝9時から午後4時まで昼休みを除いていくつものSkypeミーティングで埋まっているというようなことがありました。これだけ長時間にわたってとなると集中力を維持するのも困難ですし、会社から支給された安物のヘッドセットでは耳が痛くなってしまってそれ自体が不快です。

ということでこういうことには投資を惜しまず少しでも勤務環境を改善しようということで、ゲーミングヘッドセットを購入することにしました。そんな高級なものを買う必要はありませんが、長時間連続して快適にゲームを楽しむためのものであればきっと仕事で使っても楽なはず、ということです。しかし、Amazonで探してみると怪しげなブランドの安いものほどむやみに派手なデザインのものばかりで、たとえばLEDで青く光るようなものは職場で使うには不向きです。黒一色で落ち着いていてちゃちでないもの、というとそれなりのブランドのものしかなく、結局ゲーミングデバイスの一流ブランドであるRazerKrakenというモデルのClassic Blackを選択することになりました。

これより2000円近く安いKraken Xというモデルもあって、それとはドライバー径が異なるほか、マイクが格納できる、クッション部に冷却ジェルが入っている、といった違いがあるようです。しかし、何が決め手で上位のKrakenにしたのかはよく覚えておらず、つい勢いで購入してしまったような気がします。とはいえ、マイクが格納できるのは収納時に便利ですし、冷却ジェルは最初に装着したときにひんやりしてその後も蒸れず快適です。

また適度に遮音性があり、事務所内で周囲の人の会話に気を逸らされることなく会議に集中できます。さらに、分厚いクッションで耳を包み込む形状でありながら、眼鏡のテンプルに当たる部分が凹みやすい形状になっているらしく、眼鏡の上から装着していてもこめかみが圧迫される感覚はあまりありません。私は普段自宅で音楽を聴いたり映画を観たりするときに眼鏡の上からヘッドフォンを装着していますが、その時よりも長時間使っていても楽でした。

しかしながらちょっとストレスを感じているのがマイクです。この製品はPCにはアナログ接続するタイプのものですが、職場で使っているPCのマイク入力が細かい調整のできないものなので、そのままではかなりゲインが低く声が聞き取りづらいようなのです。かと言ってゲインを上げすぎると割れてしまうようなので困っていたのですが、結局そのままではどうしようもないようなのでBuffaloの安価なオーディオ変換ケーブルBSHSAU01BKというものを購入することにしました。これは明日届く予定なので、週明けから試してみようと思っていますが、はたしてこれで解決することができるでしょうか。このマイク以外はいたって快適で満足しているのですが、オンラインミーティングではマイクが肝心ですからね。