「audio」タグアーカイブ

Razer Kraken

それでも目立っていると思いますが。
🎧

昨今のCOVID-19の感染防止のための在宅勤務や出張の抑制などの影響で日本でもオンラインミーティングが急速に普及しているのではないかと思いますが、私の勤務先では「働き方改革」を目的としてちょうど1年ほど前からSkype for Businessを使ったオンラインミーティングが推奨され、徐々に使われるようになっていました。最近はそれこそCOVID-19の対応でface to faceの会議はかなり減っていて、多くの会議がオンラインで行われるようになっています。

もともと私の仕事柄から、1年おきくらいでミーティングが非常に集中する時期があるのですが、先日などは朝9時から午後4時まで昼休みを除いていくつものSkypeミーティングで埋まっているというようなことがありました。これだけ長時間にわたってとなると集中力を維持するのも困難ですし、会社から支給された安物のヘッドセットでは耳が痛くなってしまってそれ自体が不快です。

ということでこういうことには投資を惜しまず少しでも勤務環境を改善しようということで、ゲーミングヘッドセットを購入することにしました。そんな高級なものを買う必要はありませんが、長時間連続して快適にゲームを楽しむためのものであればきっと仕事で使っても楽なはず、ということです。しかし、Amazonで探してみると怪しげなブランドの安いものほどむやみに派手なデザインのものばかりで、たとえばLEDで青く光るようなものは職場で使うには不向きです。黒一色で落ち着いていてちゃちでないもの、というとそれなりのブランドのものしかなく、結局ゲーミングデバイスの一流ブランドであるRazerKrakenというモデルのClassic Blackを選択することになりました。

これより2000円近く安いKraken Xというモデルもあって、それとはドライバー径が異なるほか、マイクが格納できる、クッション部に冷却ジェルが入っている、といった違いがあるようです。しかし、何が決め手で上位のKrakenにしたのかはよく覚えておらず、つい勢いで購入してしまったような気がします。とはいえ、マイクが格納できるのは収納時に便利ですし、冷却ジェルは最初に装着したときにひんやりしてその後も蒸れず快適です。

また適度に遮音性があり、事務所内で周囲の人の会話に気を逸らされることなく会議に集中できます。さらに、分厚いクッションで耳を包み込む形状でありながら、眼鏡のテンプルに当たる部分が凹みやすい形状になっているらしく、眼鏡の上から装着していてもこめかみが圧迫される感覚はあまりありません。私は普段自宅で音楽を聴いたり映画を観たりするときに眼鏡の上からヘッドフォンを装着していますが、その時よりも長時間使っていても楽でした。

しかしながらちょっとストレスを感じているのがマイクです。この製品はPCにはアナログ接続するタイプのものですが、職場で使っているPCのマイク入力が細かい調整のできないものなので、そのままではかなりゲインが低く声が聞き取りづらいようなのです。かと言ってゲインを上げすぎると割れてしまうようなので困っていたのですが、結局そのままではどうしようもないようなのでBuffaloの安価なオーディオ変換ケーブルBSHSAU01BKというものを購入することにしました。これは明日届く予定なので、週明けから試してみようと思っていますが、はたしてこれで解決することができるでしょうか。このマイク以外はいたって快適で満足しているのですが、オンラインミーティングではマイクが肝心ですからね。

Anker Soundcore Liberty

お値段以上。
🎧

Appleから「耳からうどん」ことAirPodsが発表されたのは今から3年前のことですが、当時はあまり一般的でなかった左右分離型のBluetoothイヤホンもそれ以来急速に普及し、今では各社から競合製品がいくつも販売されています。これはiPhoneからイヤホンジャックが無くなってしまったということが大きく影響しているのも間違いなく、私も出先で充電しながら音楽を聴くということができず、これには不満を感じつつありました。

しかし、iPhoneとの相性を考えるとAirPods以上の体験が得られるものはないのではないかと思うのですが、私はインナーイヤー型は音質的に好みではないため購入してきませんでした。また、中途半端な製品を買って不満を感じながら使用するのも嫌だったので、数多の安価な中国製品を購入することも避けてきたのですが、Bluetoothスピーカーで定評があり、我が家でも次男が購入して満足しているAnkerの製品であれば高い満足感が得られるに違いない、と購入してみることにしたのでした。

ということで最初に注文したのは実は第2世代Soundcore Liberty Neoという製品だったのですが、それが届く前の注文した翌日に上位機種であるSoundcore Libertyが発売というメールが届いたので、急いでキャンセルしてSoundcore Libertyを購入したのでした。

最初は低音が鳴らずに軽く安っぽい音だと思っていたのですが、シリコン製のジャケットを取り付けてみるとしっかり鳴るようになって安心しました。もちろんFitEarには到底敵いませんが、定価7999円、最初の1000台にはAmazonのポイントが20%分の1600pt付与されるということなので実質6000円少々ということを考えると、十分すぎる音質です。先日は飛行機に乗る機会があったので機内でも使用してみたのですが、主翼のすぐ後ろという騒音的に厳しい座席でも十分に聞くことができました。なお、私が搭乗したのはWi-Fi装備のあるB737-800だったので問題ありませんでしたが、旧世代の機体ではBluetoothも使用できないので注意が必要です。

また、この製品の売りの一つは最大100時間持つというバッテリーです。イヤホン本体では最大8時間で、充電ケースの容量を加えると100時間ということなので、厳密には100時間連続して使えるわけではないのですが、さすがにそれを問題視する人はいないでしょう。15分の充電で2時間再生できるようになるということなので、仮に聴いている途中で切れてしまったとしても、ちょっと休憩するくらいの時間でまた聴くことができるようになるわけです。充電ケースは3つのLEDでバッテリー残容量を表示してくれますが、これを見て減っていたら充電する、というようなペースで通常は十分でしょう。なお、私は日常的に使っているというわけではないので、まだ減っているところを見たことがありません。

以前のBluetoothは不安定さに呆れるほどだったものですが、この製品はBluetooth 5.0に対応しているということなので、iPhoneとの接続は非常に安定しています。音飛びのようなものも今のところ経験していません。しかし少々の遅延があるので、ゲームや動画を見る場合には若干のラグが気になるかもしれませんが、慣れてしまえば問題ないレベルかも知れません。

ということで今もSoundcore Libertyで音楽を聴きながら書いているのですが、たとえ机に座っている場合でもケーブルから開放されるということがこれほど楽なものなのかと、感動的ですらあります。それでいて音質的には有線接続の場合に対して何ら遜色ないとなれば、もうずっとこれでいいかも…となってしまいますね。

Amazon Echo Spot

Amazon Echo Spotとてもかわいいです。

皆さんはスマートスピーカーをお持ちでしょうか。Amazon Echo DotGoogle Home Miniが5000円ちょっとという手頃な価格で売られているため、そのどちらかを購入して遊んでみたという人も少なくないと思います。これらはどちらも大きさの割にいい音がするとスピーカーとしての性能もそこそこ評価されているようですが、もちろんそれ以上に音声によるUIで操作して様々なことができるということが話題になりました。対応する機器を購入すると照明その他の電気器具を操作することもできるようになるので、そのような拡張機器も便利に使っているという一歩進んだ人もいるかもしれません。

しかしながら、自他ともに認める新しもの好きな私ですが、これまでスマートスピーカーには手を出していませんでした。その機能に疑いがあったというわけではなく、単に自宅には十分なスピーカーがあって、音楽もそんなスピーカーやヘッドホンで聞いて満足しており、スマートスピーカーをスピーカーとして使うことはないだろうと思っていたためです。しかしそんな考えを覆す製品がAmazonにはありました。日本では売られていないのですが、7インチの画面を持つEcho Showという製品が以前からありました。これはその画面でAmazon Videoの動画を観ることもできるというスマートスピーカーとはちょっと違うジャンルの製品になってしまっていたのですが、これとはまたちょっと違い2.5インチの円形の画面を持つEcho Spotという製品が遅れて登場していたのでした。

Echo Spot: 歌詞が表示されます

このEcho Spotも日本ではまだ発売されていないので、アメリカ出張の機会を待っていて、先日ようやく購入できたというわけです。今のところ対応言語はアメリカ英語、イギリス英語、ドイツ語の3つのみとなっていますが、現時点でも日本の技適マークも付いているので、いずれは日本でも売られる可能性もそれほど低くはないでしょう。しかし、やはり今は英語とドイツ語しか使えず、それも表示だけではなくスマートスピーカーの特徴である音声アシスタントのAmazon Alexaも日本語を理解できないので、一般の日本人には敷居がちょっと高そうです。

家の中で機械に向かって大きな声で話しかけるというのは少なからず抵抗があるかと思います。私の妻などは私がAlexaに話しかけると気持ち悪がりさえしますが、しかしその壁を打ち破ってしまえば、キーボードやタッチスクリーンのあるところまで行って操作するという手間を、声を出すだけで省けるというのは便利なものです。それも必要十分な音声認識制度があれば、という条件が付き、仮にそれが不十分な場合はかえって苛立つだけですが、現在の技術ですでに支障のないレベルに到達しているようです。

といっても、私が主に使用するのは紅茶を入れる時に5分間は買ってもらうだけで、使いこなしているとは到底言えません。出張中のホテルではAmazon Musicの音楽をそこそこの音質で再生してくれるので使っていましたが、自宅で音楽を聞くために使うということは無さそうです。Bluetoothスピーカーとしても機能するので、Macの外部スピーカーとして使うというのも悪くありませんでしたが、これではスマートスピーカーとして使っていることにはなりません。

また、実はEcho Spotにはカメラも搭載されていて、DropInという機能でテレビ電話のように使うこともできます。ただその相手もEcho SpotかEcho Showを持っていなければならないので、私はそのような相手を知りませんので試してみることもできません。たとえ相手がいても顔を見て喋る必要はないので、この機能は完全に宝の持ち腐れとなっています。

しかしそれでも私が十分満足しているのは、特に何もしていない時は丸いディスプレイを活かして時計として使用できるのです。文字盤の種類は数十種類もあって、好きなものを選んで使用できます。また、手持ちの画像ファイルをダウンロードして表示することもできるのですが、これはなぜか位置がずれて表示されてしまってうまく行きませんでした。きっとソフトウェアのアップデートでいつの間にか直っていることでしょうから、しばらく経ってからまた試してみたいと思います。球体を切り落としたような可愛らしい形をしていることもあって、黙っていればただの置き時計にしか見えませんが、私のようにAlexaもスピーカーも使わなければ文鎮にしかならないEcho Dotなどよりも断然価値があるというものです。